連休の過ごし方
あっと言う間に連休も終わり。
各地から戻ってくる人、帰国する人などなどで駅や空港の混雑が
ニュースでも伝えられていましたが、あれだけ混んでるってことは
同じく今日、一気に空いた所もあるって事だよね??
東京の人口は、帰ってきた人もいれば帰っていく人もありで
意外にそんなに変わってない気がする(笑)
みんなもそれぞれ充実したオフを過ごせましたか?







連休の後半は全くといって良いほど外に出なかった僕ですが、
その分自宅内学習…なんて書くとものすごいアヤシイけど(笑)
本当に家で色々なことを勉強。知識というのはいくら学んでも
キリがあるものではないし、興味のある物事や分野が広がれば広がるほど
学ばなければいけない事は多岐に渡るわけで…
音楽をより深く学ぶ為に、英語を今まで以上に勉強する事もそうだし
工学的なことや理数の分野みたいな今までの自分にとっては
一番ニガテな事に手を出す事になるとは夢にも思わなかった!
でももともとプログラミング的な事には興味があったから、まだマシかも。
本や活字を読む事も大好きだしね。
変な言い方だけど、連休中に音楽やってない時間は大体本を読んでた。
難しい~学術書みたいなやつ(笑)
で、夜の1時から朝9時ぐらいまではず~っと海の向こうとやりとり。
ざっと13~15時間くらいの時差を考えると、アメリカ人とまともに
コミュニケーションするためには、そこしかないのだ。
最近うすうす分ってきたんだけど、夜中だろうが土日だろうが
あんまり関係なく起きていたり働いている人は、日本人だけだと思う(笑)
俺が付き合ってる人達が、あんまり働かない人達なのかな~?
時差ってのはホント、たまらん。








学ぶ事ってのが、自分にとっての大事な休息だ。
仕事をするってのとも、また少し違う勉強やら学習。
こういう事をしていないと、すなわち何にも考えていなかったりぼーっとしていると
すぐに息が詰まってしまう。だから仕事をしてない時やちょっと息抜きが
必要な時は、ここぞとばかり本を読んだり、人に習い事を受けたりしている。
そうすると、まるで子供みたいにぐっすり眠る事が出来ます。
これホント、お勧め。
そんな連休を過ごしつつ、明日からはまた気分を切り替えて
久しぶりの日常を楽しみつつ頑張っていきましょう。
ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加