備えあれど憂いあり
台風19号がいよいよ近づいている。
東京は今のところ雨も風も大丈夫だけど、土日の交通機関の運休、欠航はほぼ決まっているし、イベント等も続々中止が決まっている。

気象図を見る限り、観測史上でもかなり大きくて強い台風のようで…
昔は気象庁が出す情報くらいしかなかったが、今は例えば海外の衛星写真も簡単に見ることが出来るし、それをもとにある種の予測や予報をネットニュースに流すことが出来る。
日本で一番拡散力があるのはやはりツイッターだけど、結局のところ画像や断片的な情報を元にした個人のつぶやきに過ぎないから、それ自体に情報としての価値や根拠は薄い。

にも拘わらず、それに踊らされる人は結構いて、みんなツイッターなんて見なければいいのにと思うことも多い。
毎日のルーティンで、ジョギングした後に開店直後のスーパーに寄るんだけど、どこのお店もペットボトルの水やカップラーメンを買い込む人で溢れていた。平日の朝イチだよ?
まぁ確かに上陸前に備えを、って気象庁も言ってるけど…さすがにやり過ぎでは、と思う。
こういう時に、水や非常食やトイレットペーパーなんかを買い占めてしまう感覚ってすごく嫌い。
他の人が買えなくなるわけじゃん?そもそも個人でそれだけ買い込む必要ある?
と、僕の目の前で2リットル×6本の水ケースを6個買っているおじさんを見て思いました。72リットル!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト