次の4年間
ロシアワールドカップ決勝トーナメント第一試合、日本対ベルギーは2-3で惜しくも敗退となりました。
90分が過ぎてロスタイムとなり、試合が終了する間際の最後の最後まで、戦い切った結果だと思います。
終了後、一度ベッドで寝ようとしたのだけど、悔しさと、色々な考えが頭の中でずっと止まらず、全然眠れないままジョギングをしたり、朝食を作って食べたりして結局この時間まで起きてしまいました。

次は4年後、2022年のカタールでのワールドカップが予定されています。
今回惜しくも逃してしまった初のベスト8、その壁を越えていくにはまだまだ時間が必要かもしれないけれど、いつかはその日が来ることを夢見て、また次の4年間があり、次のワールドカップがある。
今回の代表メンバーには4年前のブラジルW杯に出場した選手も多く含まれ、その前の南アフリカW杯から3単会連続となる選手もいる。
つまり、4年後にはそういった多くのメンバーが外れて、今回とはまた違ったチームになるだろう。
でも西野監督はそのまま、4年後のワールドカップにも行って欲しいなぁ。
今回、直前の監督交代があって、チームの状態も直前の戦績も決して良くなかったなかで、これだけの結果を出したのだから。
選手同様、監督も本人の意志があってこそだけど、やっぱり最低でも4年、その区切りで代表チームを考えて、進化させて欲しい。
今はまだ、そんな話をする時じゃないかもしれないけど。

そういうことを言っておきながら、自分自身も、4年前のブラジルの時と比べて何がどう変わったのだろう?
進化や成長できただろうか?4年間のうちに何を得て、何を失った?
そんなことをロシアに行く前くらいからずっと考えていて、帰国してからはより考えるようになった。
もし4年後もまた、進化した日本代表が再びワールドカップに出場して、僕もそれを応援しに現地へ行くのだとしたら、僕自身もそれに見合った進化や成長がなきゃ、やっぱりいけないんじゃないかと思う。
日本代表は素晴らしい試合を4試合も見せてくれたし、開催国のロシアも万全の準備で迎えてくれたし、そうやってみんながこの4年に一度のお祭りに対して準備や努力をしてきたのだから、自分もただ行って楽しだけじゃダメな気がするんだよね。
4か月じゃ出来ないことも沢山あるけれど、次まで4年間あるわけだから。4年かけても出来ないことなんてそんなにないはず。

4年前のブラジルが終わった時、何も考えずにロシアにも行く!と決めて、それを実行したけれど、もし次の2022年も行くなら、ただ行くんじゃなくて、何かを達成して、あるいはその為の努力して行きたいと思う。
まだ先の事は何も考えられないし考えてないけれど、なんとなくそんな風に今は考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
前半終了!
日本対ベルギー、前半を両チーム無得点で終了!
ハラハラした…胃が痛い。。。(笑)

時差ボケのおかげで、23時からのブラジル対メキシコを見終えても全く眠くならず、そのまま3時まで起きてても全く眠くありません。
だからこれから後半も集中して最後まで応援するぞ!頑張れニッポン!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事