震災から23年
今日は阪神淡路震災から23年目の日。
毎年この時期にはblogを書いている気がしますが、今日も早朝の時間に黙とうをしました。
20年超という月日は長く、当時の記憶も少しづつ薄れていくのは致し方ないことと個人的に思いますが、その時の教訓や経験を次なる地震災害の時に生かせるよう、常に備えをしていかないといけないと思っています。

昨日で年末からのプロジェクトもほぼ終了し、病院に行って例の症状もほぼ完治したと診断されました(結局なんの病気だったのか、医者もはっきり分からずじまい…)。
というわけで久々に、多分クリスマス前の先月23日以来?外に出かけましたが、都内の風景や出歩く人々を見ても、自分が以前知っていたのとは全く違う世界にいるような感じがした。
こんな自分でも、少しづつ変化しているということなのだろうか。

今日からはまた、次に備えた勉強、準備、予習復習の生活に戻ります。
いつものことだけど、やり終えた仕事に関しての感想や想いは書きません。
守秘義務とかもありますし…
というわけで、今日も良い一日を。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト