神様のプログラム
いま気が付いたけど、引退から解散と続くblogのタイトルもどうかと思う。(笑)
普通は解散→引退の順番だろうに…ってそこじゃない!?

時を同じくして、先週から色々考えることがあり、仕事にも音楽にもなかなかモチベーションが保てない。
僕も引退の期日を決めた方がもう少し身が入るんじゃないかとか、いやそもそも今が現役=引退してないって言えるのか、とか。
仮に今モチベーションが持てないとしても、自分自身の捉え方や考えを変えることで、歩みを止めずに進むことは出来る。
それをせずに本当にここで立ち止まってしまったら、そこから先はどうなってしまうんだろう??
などなど。

最近何かで読んだのですが、1年以上先のことを見据えて、それを動機として今行動するというのは本来動物に備わっていないらしいです。そういう風に考える脳の仕組みや遺伝子情報がない。もちろん人間にも。
だけど人間だけが、そういう事が可能であると思い込んで(勘違いして?)色んな予測を立てたり、目標を持ったりする。
だからどこかで「これって本当に出来るの?それは正しい方法?」と本能的に疑問を持ってしまう。

スポーツ選手や科学者、色々なジャンルにおいて「小さいころから何年も目標や将来のビジョンに向けて努力し続けた人」は沢山います。
そういう人たちがみんな、何十年後の自分を想像してそれをモチベーションにやってきたかというと、実はそうでもない。(そういう風に勘違いしている場合はある)
もっと短期的な、例えば一年以内に行われる試合やコンテストに勝つという目標に向けて今月は〇〇をやる、その為には今週△△をやる、そのためには今日あれとあれを練習して…という風にどんどん目標を細分化させて、短期間にすることで、結果的に何年も努力やモチベーションが維持できる。
10年後にプロ選手になるために、今日の練習は出来ない(出来るけどしっくりこない)、という話。

安室さんが「ちょうど1年後」に引退するのは多くの人にとって「筋が通っている」ように感じるわけです。さらに1年間の間にきっと色々なことをしてくれるんじゃないかという、ポジティブな印象を抱かせる効果もある。
これが年内とか今月中となると「何かやらかしたんじゃないか?」と途端にネガティブな疑問を持つようになるし、逆に2年後とか2018年末(1年3か月後)だとしても「はぁ?」となってしまう。
なぜなら期間が長すぎて多くの人が本能的にイメージ出来ない=しっくりこないから。
今回の解散総選挙が「はぁ?」って思うのも、多分この「(2019年の消費税って言われても…)」っていう本能の部分じゃないかと思う(笑)

そういうことを意識すると、仮にいま先の目標がないとか、漠然と将来が不安だとしても、それが人間の脳や遺伝子的には正常であること、それに対してもっと短期間でやるべき事をみつけてそれをやればいい、と考えられるんじゃないかと思うのです。
まさに今日、この日にやるべきこと(もちろん今日中に片付くこと)を一つか二つやればいいんだよね。
何年も先のことなんて考えなくていい、今を生きなさいと、神様がプログラムしたのだと思えば、少しは持ち直せる気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト