TIP下さい
帰国してから毎日夜10時過ぎには目が開けられないくらい眠くなり、朝4時半にきっちり目が覚める…完全に時差ボケじゃないか!
でもずっとこのままで習慣になって欲しい(笑)



昨日も書いたけど、カナダにはアメリカと同様にチップ(TIP)を払う習慣がある。
さまざまなサービスを受けた時に、総会計の15%~以上をチップとして払うのが習慣だ。10%ではない。最低15%であって、良いサービスだと思えば20%以上払う人もザラにいる。
これはなかなかに、日本人には理解しがたい…。
チップが難しいのは、これは法律で決められているわけではないし、強制力を持っているわけではない。仮に払わない人がいても、それはなんら法律を犯したり、犯罪をしているわけではない。
でも「ルール」を守っていない、マナーがないと見なされる。
たとえばレストランで食事後、会計時にチップを払わなかったら、かなりの確率でウェイターか、場合によってはマネージャーが出てきて理由を聞かれるだろう。
これもまた、100%必ずではない。チップを払わないというのは「あなたの店のサービスは最低」を意味する場合もあるので、それに対してお客に詰め寄るというのは、高級でいいお店ほど「プライド」に関わってくる。
これらの国でチップを払うのはかなり強制力を持った「習慣」や「一般常識」だが、例えば日本のようにチップの習慣がほぼない国の観光客にとっては、うっかり忘れてしまったり、そのルールを知っていてもいくら払えばいいのか、どのタイミングでどういう風に払えばいいのか、分からないことも多いだろう。



「日本人がチップを払わない問題」は、北米では度々話題になるトピックだ。
うっかり忘れていた場合はごめんなさいで払えばいいが、「サービス」の良し悪しに対する「感謝の気持ち」、「心付け」だと考えてしまうと、チップを払うことに疑問、拒否感を感じる人も多いだろう。
その気持ちはとてもよく理解できる。なぜなら、海外のレストランやタクシーやホテルで受けるサービスが、日本人にとって「なんて良くしてくれるんだろう!お礼にチップ弾まないと!」と思わせることは、ほぼ無いからだ。
チップの習慣が無い国、日本で受けるサービスやおもてなしは、率直に言って世界でずば抜けていると思う。
高級レストランやホテルに限った話ではない。コンビニだってファーストフードだって、あらゆる業態のお店で「いらっしゃいませ」と必ず言う、接客するときは笑顔で、絶対にお客に反論したり批判したりはしない、何も買わなくても「ありがとうございました」と言う…etc...
こんな国は、世界中で日本だけだと思う。
これが日常生活に浸透していて、受けて当たり前の基準になっているから、海外で受けるサービスに対して感謝のお礼を20%も払うなんて気持ちには、まぁなかなかなれないのが実際の所だ。



これは日本人がケチだという話ではなく、また外国のサービスが悪いという話でもなく(実際日本と比べれば悪いけれど)、とにかく習慣や文化の違いって難しい、という話。
逆にアメリカ人やチップの習慣がある外国人が日本へ観光に来た場合も、彼らの間でこのことはよく話題になる。
「チップ(現金)をテーブルに置いたら、受け取って貰えないどころか困った顔で突き返された!あいつらどうなってんだ!?」てな具合に。
もっとも、こういうチップの習慣が分かりにくい、グローバル社会でワールドワイドには通用しない、と思っている外国人も最近は増えてきていて、チップもらえないと生活出来ないくらい最低賃金が低く抑えられているアメリカやカナダでは、その部分を(法的に)改善するべきじゃないかという議論がある。
なかなか難しいね~~。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コーヒー
旅先でblogを更新しなかった理由に、PCなしでスマホから更新しようとするとものすごく面倒だったのがある。
特にスマホで撮った写真を記事中にアップロードするのがとにかく大変で…場所がらWiFiの繋がりもめちゃくちゃ悪いし(笑)、なんだかなーと思った。


カナダは日本と比べても物価が高くて、さらに加えて消費税(GSTやPST)もバンクーバーでは12%も掛かってくる。さらにさらに、レストランやタクシーといったサービス業ではチップが15%~からなので、レストランで1万円分頼むと総会計は1万3千円以上となる。
なかなか旅行者には厳しい国だ。。。というか、日本が安すぎるんだよね。特に外食は。
そんなカナダでも唯一安いと思ったのが「コーヒー」。
アメリカでもそうだけど、向こうの人にとってコーヒーという飲み物はなくてはならないようで、どんなにボロい安宿でもコーヒーの無料サービスは必ずある。
朝起きて、朝食もつかないしシャワーも浴びれないとしても、コーヒーだけは飲めないと多分クレームがつくんだと思う。(笑)
なので、街中にコーヒーショップやカフェも沢山あるし、日本でいうミディアムサイズ(スモールの1.5倍くらい)のコーヒーでも、安い所では1カナダドル=85円で飲める。高くても2.5CAD=212円くらい。安くない??
なので、日中はやたらとコーヒーばかり飲んでいた。
実は日本にいる時は、コーヒー大好きなんだけど身体のこととかいろいろ考えて沢山飲まないようにしていたのだけど、またコーヒーがぶ飲み生活に戻ってしまった感がある。
後は夜はビールもよく飲んだ。カナダは言わずと知れたビール大国。その土地で作られた地ビールが無数にあって、行く先々で飲み比べするだけでも楽しい。


値段もそこまで高くないし。飲酒に関する法律が日本よりずっと厳しいのでレストラン以外で「自分で買う」のはなかなか大変なんだけど…IDも見せないといけなかったし(10代に間違われた!?w)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
もっとDryに
東京は暑いと書いたけれど、昨日は半袖&短パンで過ごすと寒いくらいの天気。
今日はまた30度くらいまで暑くなるそうだし…どうにも安定しない。
なにより一番の違いはやっぱり湿度なのかなぁ。例えば今日の東京は雨は降らない予報だけど、湿度は95%というかなりジメっとした感じ。
数日前までいたカナダ・ユーコン準州は時々雨の予報でやはり晴れているわけではないけど、湿度は38%。
雨が降っても、空気全体がすごく乾燥していて、肌で感じるこの差は大きい。
時差ボケではないけれど、なんとなくこのギャップで今も体調が悪い(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
帰国しました。
昨夜帰国しました。ちょうど羽田でJAL機の緊急着陸トラブルがあったようで、怖いね~。
北極圏近くの原野からいきなり東京に帰ると色んな意味でショックが大きそうだったので(笑)、帰国前の数日は大都会のバンクーバーで過ごしていたのですが、やっぱり東京はそれでも蒸し暑い&人が多い。
やっぱり自然がいいな…周囲100kmくらい誰も住んでいない感じ。
時差ボケはほとんどなく、今日からまた日常生活に戻ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事