終りと始まり
今日は72年目となる広島原爆の日。
既にニュースでも言われている通り、被爆者の方の高齢化が進み、若者の半数以上は8月6日が何の日か知らないという。
72年も前のことだから、ある程度は仕方ないことかもしれないけど…何が起きた日かは忘れてしまったとしても、平和を祈る日としてこれからもあり続ければいいと個人的には思う。



甲子園が始まったり、外の天気もいよいよ夏真っ盛りという感じだけれど、個人的には全然そういう気分ではない。
まぁ外が暑すぎるのもあるよね(笑)。焼けつくような日差しに、じっとしていても噴き出す汗…こういうのにテンションが上がる気持ちも分からなくはないけれど、そういう気持ちがいつの頃からか薄れていった。
そういうフィジカルな(?)部分だけでなく、夏と言えば海だ!花火だ!お祭りだ!とそれなりにテンションが上がる要素は沢山あるわけで、音楽のようなエンターテイメント業界も、冬よりは夏の方に重点を置いて、盛り上がらないといけない所がある。
まぁ全然関係ないけどねワタシには…。

色々なことの終わりを感じている今年の夏。終りがあれば始まりがある、のだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト