祭りの後には…
アメリカの大統領選挙が終わって、急な円安ドル高が進行している。
今日でもう1ドル110円。まだ110円という気もするが、方向性が見えないだけにちょっと気になる。
もともと、もしトランプが当選して大統領になったら、先行き不安から世界的な株安、そしてドルが売られて安全資産と言われる円が買われて円高になる…誰もがそう予想していた。
まぁトランプが当選すること自体を誰も予想していなかったけど笑、もしも当選したら、円高株安になるのは当然予想できることだ。
だがしかし、結果は見事なくらい真逆の円安株高。前日に急落した日経平均も見事にV字回復して、政府や経団連はホッと安心しただろう。
僕にとっても、どちらがいいかと言われるとやっぱり円安で、株高の方がいい。ただ、あまりにも予想と真逆なので、その理由が分からなくてなんか不気味…どういうことなんだろうね?
あと円安だと海外に行きづらくなる。10月に行っておいて良かった。笑


なんとなくだけど、市場に過熱感はやっぱりある。トランプ大統領でお祭り騒ぎ的に株高を演出したいが、そもそもの水準が高かったので、上げたくても微妙に上がりきらない。
ダウジョーンズでいうなら18500ドル、日経平均なら18000円くらいにその感じがある。
雰囲気的にはここを一気に突き抜けていきたいが、ここでウロウロしている間にトランプ政権が始まり、思っていたのとちょっと違うぞ、みたいになると、一気に下げるようなきもする。
時期的には来年の2,3月あたりだろうか。
そんなことを考えているので、ちょっと予言の書blogに書いておく。笑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト