The United States that I don't know yet
今週はアメリカ大統領選挙があったので、既に結果が出てから数日経った今でもその事ばかり考えている。
別に今すぐ自分の生活に影響が出るとか、トランプが大統領になったら(自分的に)大変なことになるとかではないのだけど、やっぱり色々考えさせられるね。
まぁなにより、選挙が決まってすぐ円安、株高の方向に市場がシフトしたのは驚いた。ほとんどの人はその真逆を想定していただろう。
この直近の動きが今の自分に一番影響していることかもしれない。



大統領選挙の前日、全米の各地でミュージシャンが投票を呼び掛ける集会やゲリラライブをやった。
投票を呼び掛ける、というのはもちろんヒラリーに投票しよう!ということだ。逆は聞いたことないよね。笑
中でも、ニューハンプシャーでBon Joviのボーカルであるジョン・ボンジョビとレディーガガが二人で行ったアコースティックライブは本当に凄かった。
アコースティックで弾き語りのシンプルなライブ(もう本当に路上ライブみたいなやつ)だけど、レディーガガ歌上手すぎ!
そしてそのライブの後で壇上に立ってスピーチをするんだけど、観た人は知っていると思うがガガ様の圧倒的なカリスマ性、アーティストとしてのオーラ、聴衆の心を掴む素晴らしいスピーチを聞いて、もうあなたが大統領でいいじゃないと思いました。笑
冗談のように聞こえるかもしれないけど、なにせ今回はトランプが大統領になってしまったのだから、そっちの方がよっぽど冗談だろう。トランプが大統領になれるのなら、次の4年後にレディーガガが大統領になっても全くおかしくはない。
そのぐらい今回の選挙結果はありえない結果になったということ。



その他の地域でも、マドンナやブルーススプリングスティーン、ビヨンセ、ポールサイモンなんかも選挙直前にライブや集会を開いて、ヒラリーへの支持を訴えた。
ライブをしなくても、僕の大尊敬するSlipknotのボーカルのコリー・テイラーとか、絶対にトランプを勝たせてはいけない、みんなヒラリーに投票しよう!と呼びかけたアーティストは大勢いた。
映画業界ならジョニーデップやジョージクルーニーといった俳優、なんならお騒がせセレブの人たちも、みんなヒラリー支持だった。
それでも勝っちゃうんだからね、トランプさん(笑)。
むしろ、こういう影響力のある有名人、著名人が反トランプを訴えたせいで、そういう人たちを嫌う層がよりトランプ側になったのかもしれないとも思う。
アメリカの音楽、映画、エンターテイメントが好きで心から尊敬もしているけど、本当のアメリカやアメリカ人は、僕が知っている(表面的な)アメリカにはいないのかもしれないと思った。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト