今しか咲かない花
今朝になって初めて知ったが、昨日はAKBの総選挙だったのか。
中継を見ることはなくても、大体「いつやるか」くらいは例年知っているものだったが、今年はそれも知らずに終わっていた…。
まぁ特にサプライズも驚きの結果もなかったようだし、コアなファンに向けた従来のイベントにこのまま回帰していくのでしょうか。
そんなことより、もうすぐあるリアルの選挙の方が気になります(笑)



紫陽花とかいてアジサイですが、この梅雨の時期に咲く花。
なんとなく、雨に濡れて花を咲かすイメージがあるので、ここ数日のきつい猛暑、日照りで花も萎れてしまったのかなと思っていたら、むしろ満開に咲いていて今が一番見ごろのよう。
雨が降らないと枯れる、ってことはないんですね。勝手にイメージ持ってすまんかった。
でもまぁ、アジサイに限らず、季節の花っていうのはその時期にだけ咲いて、咲いて数日経てば枯れてなくなってしまうもの。
通年で咲く花もあるけれど、一年中枯れずに咲く花はないわけで。
例えば春の桜なんかは、一度咲いて、散るまでの期間がすごく短いことをみんな知っているし意識もするから、咲いている時期に「お花見」してその季節感や風流を楽しもうとするけれど、桜に限らず、アジサイだって、夏のひまわりだって、秋のコスモスやキンモクセイも、みんな同じのはず。
だから、自分の家の近所で花が咲いていたら、それがどんな花であれちゃんと見て、楽しんであげないと、すぐにそれは散ってなくなってしまうだろうし、そうするとせっかく咲いた花が可哀そう、季節を楽しめなかった自分も損しているんじゃないかと。
そんなことを考えてウォーキングしていました(笑)
限られた季節の、短い時間に花は咲く。その種が次に咲くのは一年後になってしまうかもしれないし、それだって全く同じ花ではない(種類は同じでも、花はそれぞれ別の花)。
まさに世界で一つだけの花が、あなたのそばにもきっと咲いている。
その時間を楽しんで、愛してあげたいよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト