熊本の地震
昨日も熊本の地震についてblogを書いたのだが、何故か消えていて保存もされてない…


一昨日の夜の震度7から断続的に余震が続き、昨夜未明には再び震度6強の地震と津波注意報が発令された。
この地震で被災された方、亡くなった方の人数も時間と共に増えてしまっている状況に、本当に胸が痛い。
亡くなられた方のご冥福を祈ります。そして、被災して今も避難所等にいる多くの方が少しでも早く普段の日常生活に戻れるよう、迅速な復旧を願っています。

あれだけ大きな揺れが断続的に24時間以上続いているのは、現地にいる人は本当に辛いと思う。
阪神大震災、そして東日本大震災を経て、日本人は地震に対する準備や危機意識は、世界でも類を見ないほど高い。だから、今回のような大変な災害でも被害は最小限に済んでいると思う。
今はとにかく揺れが収まるのを祈るしかないが、ここから日本中が一つになって、被災した熊本や九州の人たちへの支援、復旧を進めていかなくてはならない。
国土の小さな島国で、助け合いの精神を持つ日本人だからこそ、出来ることがあると僕は思う。なかなかそういう国は他にない。
過去の教訓や経験を活かして、この厳しい状況を助け合って乗り越えていこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト