前向きになりたい!
ウィルス感染してから3日目。今年のGW連休も始まったが、気分は最悪のまま(笑)
昨日のblogにも書いたけど、実際にやられた被害よりもこのメンタルのやられ方の方がずっと深刻なんじゃないかと思う。なんていうか、自分の脇の甘さとか何故防げなかったとか、そういうことをずっと考えてしまって。。。
こういうところワタシ弱いのよねw



昨日も朝は気分を切り替えて、と思ってたんだけど、結局丸一日かけてどうにか暗号を解析出来ないか、あるいはやられてしまったファイルを復活できないか、ずっとトライしてしまった。
もちろん無理、だ。理論的にはちょっと分ったような気がするけど、世界中でまだ誰も解析出来てないんだから、自分に出来るはずが無い。
ログを見る限り、ロシアか旧ソ連にあたる中央アジア地域で開発されたウィルスなんだけど、ご丁寧にそれらの国では「感染しない」ようにプログラムされてる。
つまり犯人がいる国では誰も被害に遭わないようになってるから、警察やサイバーセキュリティも捜査しにくい。日本やアメリカ、ヨーロッパで被害が沢山あっても、犯人がそれとは別の国にいれば捜査は難しいし、逆に犯人がいる国(仮にA国として)では誰も被害にあってないから、その国の警察も本気では動けない、というわけだ。
やれやれ。。。



今回のウィルス、感染するとパソコン内のほぼ全てのファイルを一瞬で開けないようにしてしまう。開いて再び使えるようにする為には、およそ6万円をビットコインで送金して、犯人から解除ワクチンをもらうという「人質型ウィルス」だ。
で、実際6万円の身代金を払って解除してもらった、という報告も、日本国内含めちらほら出てきている。これが50万円だと皆抵抗あるだろうが、6万円くらいだと払ってしまう人がいるのも理解できる。
僕はもちろん払わない。犯罪に加担したくないし、なにより「やられて本当に困ってる」ものが、エクセルでつけてた家計簿くらいなので、その対価に見合わないからだ。
もしここに本当に重要なファイルが含まれていたら…というのも、このウィルスはPC内のハードディスク(Cドライブ)だけでなく、その時にUSB等で繋いでいた外部のハードディスクも一瞬でダメにしてしまう恐ろしいヤツなのだ。
大容量の外付けハードディスクを常時パソコンに繋いでいる人は多いし、そこに写真やら動画やら、大事なファイルを移して「万が一のバックアップ」としている人も多いだろう。
もし感染した時にこれを繋いで電源が入っていたら、これも全てやられていたわけで、これは本当にシャレにならない。
僕も外部のハードディスクに音楽や写真や、大事な楽曲データをバックアップとして残している。これを「たまたま」ネット用PCと繋いでいたら、全てが終わりだった。
ていうかもしそうなっていたら、6万円は間違いなく払ってしまう。
だから、身代金を払ってしまった人に対して「犯罪者に加担するなんて!」とは言えない。データが元に戻るならそれで良かったとさえ思う。



まぁとにかく、大事なデータはバックアップを常にとって、いつやられてもダメージが無いようにする。
でもそのバックアップさえ、たまたまネットPCに繋いでたらやられるわけだから、出来るだけクラウドストレージや、ネット上のサーバーに置くようにする。そうすることで、ウィルスだけじゃなく泥棒や天災といった物理的被害も防げるようになる。
これしかないよな。。。もう起きてしまったことに悔やむのはやめて、前を向いて(あるいは気分を変えて)生きていかないと、本当に憂鬱なGWになってしまうよワタシ。
エクセル家計簿がなぁ、地味に痛いw
でも九死に一生を得たのは事実なんだよな。もっと大変な被害に遭ってる人、泣く泣く身代金を払わざる得ない人も、世界中に沢山いる。
ちなみに、こういう情報は日本語のものがほとんどない。ウィルスにもしやられたら、とりあえずその対策をGoogle等で検索して調べると思うんだけど、そこで出てくるサイトはほとんどがおかしな日本語で「このソフトをインストールしてウィルスを駆除してください!」みたいな、新たなウィルスをばら撒く危険なサイトだ。
このblogを読んでいる人にこれだけは覚えて欲しいんだけど、ウィルス除去やパソコンの正常化を謳ってソフトをインストールさせようとするサイトは99.9%が新たなウィルスを仕込む詐欺サイトなので、絶対にクリックも、インストールもしてはいけない。
そういう手に引っ掛かった人のサポートを今まで何人もしてきたので(笑)、とにかく絶対にクリックしないこと!
こういった情報を知りたい時、対策ソフトを入れたい時は、必ず「トレンドマイクロ(製品名:ウィルスバスター)」「シマンテック(製品名:ノートンセキュリティ)」「マカフィー(製品名:ウィルススキャン)」といった、多くの人が知っている代表的メーカーの情報を見て、ウィルスソフトはこれらのものにすること。
もちろんこれらの中にも優劣はあるんだけど、少なくとも悪意のある詐欺ソフトではないし、「これで解決します!」みたいな嘘は書かない。
ちなみに僕は昔から技術力に定評がある「カスペルスキー」をお勧めしたい。感染を防ぐ能力はどこも似たり寄ったりだけど、感染後の「ワクチン」については現状ここが一番進んでいると思う。

ではまた!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
ウィルス感染
タイトルにある通り、ネット用のパソコンがウィルスに感染しまして、今もその感染したパソコンからblog書いております。笑
このblogを開いちゃった人にも感染してるかも…! な~んて、冗談冗談。



今年に入ってからニュースなどでも取り上げられるくらい流行している「ランサムウェア(Ransomware)」と呼ばれるタイプのやつで、インターネット上のホームページやら迷惑メールに添付したファイルやら、とにかく色んな所に紛れ込ませながらユーザーにクリックさせて感染させるもの。
一度感染すると、パソコン内にある画像、音楽、動画、ワードやエクセルといった書類ファイルを瞬時に暗号化して、開かなくしてしまう。パソコン自体はそれでも動くんだけど、「あなたのPCはウィルスに感染しました。ファイルを修復するには〇〇$を支払って下さい」という脅迫文が出てくる。ご丁寧に英語の音声までスピーカーから流して脅迫してくる。
まぁ言ってみれば架空請求とか、電話による特殊詐欺(オレオレ詐欺)と似たようなものなんだけど、このウィルスは実際にファイルを暗号化して開かなくしてしまうので、仕事などで使う大事な書類や、思い出の写真、ビデオなどがやられた場合、無視することも出来ず払ってしまう人も多い。
ウィルスの目的は、ファイルを人質にしてお金を払わせること。パソコンを勝手に遠隔操作したり、中のファイルを流出させたりするわけではない(まぁ技術的にはそれも出来るだろうけど)
やっかいなのはこの暗号化で、僕も今まで大抵のウィルスは自分で解析して駆除したり、消されたファイルを元に戻すことが出来たけれど、今流行しているタイプのものはファイル自体を消さずに極めて高度に暗号化して開かなくさせるもので、ウィルスを作った開発者以外はそれを元に戻せないようになっている。
なので、一度感染してしまうと、ウィルス自体をすぐに発見して削除出来ても、暗号化されてしまったファイルを元に戻して開くことが出来ない。これは僕が出来ないんじゃなくて、今のところ世界中の誰も出来てない。
解決策があるとすれば、ウィルスの開発者が逮捕されて、解除キー(ワクチン)が公開されること…実際そういうケースはごく稀にだけどある。でも今はこの手のウィルスが毎日数万単位で作られてネット上にばら撒かれているとも言われていて、その膨大な種類のなかのほんの数例に過ぎない。
つまり、一度感染してしまったファイルが元に戻る可能性はゼロではないが、限りなく可能性は低いということだ。ちーん。



こういったウィルスは同じ構造を持った新種が日々作られてはばら撒かれているので、いわゆるウィルス対策ソフトを入れていてもほとんど役に立たない。
犯罪者の側もアンチウイルスに引っ掛からない事を確認してばら撒いているし、対策パッチが公開される時には既に別の亜種が生まれている。
僕が引っ掛かったやつは先週末(23~24日頃)に世界で初めて発見されたタイプで、当然僕のパソコンにもアンチウィルスソフトは入っているけど、感染を防げなかった。
一体どこで感染したのか…おそらく昨日の午後に海外のサイトをあちこち見ている最中に、どこかのウェブページに仕込まれていたのだろう。
迷惑メールに添付してくるファイルとか、ポップアップ広告でクリックさせるタイプとか、そういうものには絶対引っ掛からないけれども、サイトにスクリプトとして埋め込まれているやつだと、リンクを踏んだ瞬間に感染してしまうので、うかつだった。。。
とにかく、事前の対策としては海外のサイトに行かない、URLリンクをクリックしない。また日本語のサイトでも、2ちゃんねるのように海外サーバーで運用されているものは山ほどあるので、こういったサイトをネットサーフィンすること自体にリスクがある。
究極的には極力インターネットをやらない、くらいしかない。
他にも、利用者の少ないAppleのMacでネットを見るとか(ウィルスのほとんどはWindowsに感染するようプログラムされているので、マックは比較的安全)、狙われやすいIEやFlash、Javaなどを全て利用しないという方法もあるんだけど。。。それでも100%ではないし、そのことも十分に理解している僕だって感染しちゃうんだからなぁ。



今回のも含めて、PCウィルスに対する唯一かつ一番の対策方法は、こまめにバックアップをとって、いつPCのデータが全部消えてもいい、という状態にすることだ。
僕の場合、一番最近パソコンのバックアップを取ったのが去年の6月。で、それとは別に写真やら動画やらは随時別のHDDにコピーしているので問題なし。買った音楽は全てiCloudにあるし、作った音楽は音楽専用のPCに保管してあるのでこれも問題なし。メモや日記は全てEvernoteに、送受信メールもサーバー上にあるから大丈夫。
ん?これってほとんどウィルスで消えてしまっても問題ないんじゃ…と思ったけど、唯一エクセルで作っていた家計簿(毎日何をいくらで買って、みたいな記録)が、去年6月以降の分が全て消えてしまうことになる。
地味に痛い(笑)
でもまぁ、この程度で済んだのはラッキーだと思うことにする。
去年6月からバックアップしてなかったのは大いに反省するところなので、今後はもっと細かくバックアップするか、家計簿なんかも全てCloud上でやるしかない。こっちの方が現実的かなぁ。



今回はウィルスだけど、例えば火事や地震や、泥棒に入られるとかで、パソコンやハードディスクのデータを全て失ってしまうことは、あり得るのだ。
こうなってしまうと、どんなに細かく毎日バックアップを取っていてもダメだ。だからやっぱりクラウドや、外のサーバーに保管するのが唯一の方法になる。
クラウド上にデータを保存すると、そこからプライバシーが洩れたり流出する可能性があるけれど、基本的に洩れたり他人に見られて困るようなデータやファイルは、僕は持っていない。
日記とか家計簿とかはまぁ恥ずかしいけど、別にいいじゃん洩れても(笑)
それより無くなって、永久に失われることの方が困る。旅行先で撮った写真も、作った楽曲のデータも、洩れてもいいが無くなると困るものばかりだ。
実際、楽曲データは全部外部ハードディスクに2台に分けてバックアップして保管してるけど、これだって今住んでいる家に保管しているわけだから、ここが家事や地震に遭ってしまったら、もうどうしようもない。
なんて考えると本当に怖くなってきた。。。
3.11が起った時も、このことについて本当に真剣に考えた。結果、無くなって困るようなモノは極力持たない。全てデータ化してどこかに保管するという考え方になったけど、そのハードディスクだって結局は物理的に、あるいは今回のようにウィルスでやられてしまえば終わりだ。
もう一度、この機会に真剣に考えないとなぁ。


以上、かなり長く書いてしまったけど、同じような被害に誰もなって欲しくないので。
とにかく感染しないようにネットやメールを見る際に気をつけること、そしてそれでも感染してしまった時のために大事なデータは必ずバックアップをこまめにとって、それを安全な場所に保管しておくこと。これをしつこいくらい強調しておきたいと思います。
今、本っっ当に自分のふがいなさ、甘さに凹んでいるので、しばらくネットから離れてblogの更新も出来ないかもしれません(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
バランスの影響
早くも水曜日、明日が終るともうGWの連休ですなー。
もう全然、時間の感覚がなくなっております(笑)
連休はどうなるんだろうか…どこか出掛けてもきっと混んでるだろうし、かといってお家にいるとなるといつもと全く変わらなくなってしまうような。。。


去年の今頃は曲作りが楽しくて、それに集中して沢山書いていた記憶がある。
今も書いてはいるけれど、一年前のモチベーションとは違うし、自分自身の感覚やスキルも全然違う。
そりゃあれから100曲近く書いていたら飽きるわ…と思ったけど、それで飽きないのが本当のプロフェッショナルであり、アーティストなんだよなぁ。
自分の場合、どうしてもモチベーションが保てない時期が周期的にある。ちょっとした気分転換で変わるようなものではなく、これをどうやって乗り越えていくかが常に課題だ。
ワークライフバランスが大事ってことだな。



5年前くらいの一時期、この言葉ももてはやされたけれども、多くの人が「大事だとは分っていても、実際に実行するのは無理」と考えている。
日本人って基本的に、働きすぎなのだ。かといって、全く働かなくなるとそれはそれで心身ともに病む。
生活と仕事と、人生の中でバランスを取るのが苦手なのだろう。
世界的にみても、これが上手くいっていると感じている人は少ない。大抵は、働きすぎか、働かなすぎになってしまう傾向にある。
このバランスが上手く取れないことが、例えば将来や自分の人生について不安を抱く原因となることは十分理解できるし、国や社会全体の活力にも繋がってくるだろう。
少子化や晩婚化の問題も、やっぱりこれとリンクしているんだろうなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
オフ!
今日は久~~しぶりに外へお出かけ。と、こんな日に限って天気は雨模様。。。
まぁ予定を変えるわけにも行かないので、安全運転で行ってきます!
一日何にもない日はホント久しぶりだなー。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
The Artist Formerly Known As...
「歌手のプリンスさん、亡くなる」
朝起きて最初に飛び込んできたニュースがこれだったのでもう朝から本当にショック。。。

57歳ということで、まだまだ若い。死因は何だったのだろうか?これからもずっと現役で長く創作活動を続けていくアーティストだと思っていたので、本当に残念だ。
音楽界のみならず、オバマ大統領を初めとする世界中の有名人からも死を惜しむ声が届いている。
心からご冥福を。R.I.P.
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
焦る気持ちを抑えて、正しい支援を
熊本の震災が発生してから今日で一週間。
まだ余震も続いていて、数万人を越える人が避難所での生活に不便や問題を抱えている状況だと思うが、一方で交通網やインフラも少しずつ復旧してきている。
ほぼ同時に起ったエクアドルの大地震と比べると、驚くべきスピードで社会機能が元に戻りつつあり、世界中がこの日本の復活力というか、一致団結して災害を乗り越えていく姿勢に注目している。
日本のメディアを見ると復旧の遅れを指摘するようなニュースも多いが(それも事実なのだろうけど)、決してそんなことはないし、被害のなかった地域の人が協力して適切な支援をすることで、被災地域の人が一日も早く元の生活に戻れるような、迅速な復旧をこれからも続けていこう。



3月から忙しい、忙しいとblogにも書いてきたけれど、今やっている案件を片付けて、どうにか5月の連休頃にはこのピークを抜け出したい。
実際、今の状態だと熊本に行ってボランティア活動することも出来ないし…
でも東日本大震災の時も思ったけど、実際被災地に行っても自分が役に立てないことも多い。
遠くから来る人を受け入れるための、宿泊場所や食糧の問題があるからなぁ。隣の県から車で日帰り出来るようならそれが一番良いけれど、そうでない他県から行こうとすると、まだそこまでの状況ではないだろう。
そういう場合はお金を送るのが一番対費用効果がいい。物資よりも、自分という人的支援を送るよりも。
でもこれも3.11震災で自分でやって思ったけど、お金はどこでどう使われてるか全然分らないんだよな。それで後々ニュースで問題なったりもした。
一番ベストな方法で、正しい支援をするには一体どうすればいいのだろう??


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
余震
最初の地震発生から5日が経過しているが、九州では余震が断続的に続いて収まる気配がない。
避難所に避難されている多くの人にとっても、かなり厳しい状況だと思う。物資や食料が滞りなく行き渡ったとしても、肉体的、精神的な問題は数多くあるだろう。
また、まだ行方不明になっている方もあり、捜索救助は時間との戦いとなっているけれど、これ以上の被害が最小限に収まるよう、心から祈っている。
今朝、地震発生以来始めての航空機が熊本空港に着陸した。道路も少しずつ復旧して、ここから物資や救援が沢山くるだろうし、出来れば揺れの少ない県外に出ること検討して欲しい。
個々の事情や、今いる場所を離れられない心情は十分に理解できるけれど、合理的に考えれば、揺れの少ない地域に自分から移ることの方が被害は少ない。
なにも大阪や東京に、というのではなく、福岡や鹿児島に避難するだけでもかなり精神的には違うはずだ。
県内の避難所に、9万人を越える避難者が今もいるというのは、それだけで大きな問題となるだろうし、避難生活をより困難なものにしてしまう。
地元や県内にしか知り合いがいない、頼れるところがない、という理由もあるのだろうけど…
東日本大震災の時も、被災地域に残る人、離れられない人が本当に沢山いた。上手く言葉で言え無いが、なにかこう、自分の住んでいる地域を離れることが悪いこと、申し訳ないことのような感覚が、特に高齢の方にはあるような気がする。
復旧を円滑に進めるためにも、身体が動く人はまずその被災地域を離れて、避難するというのが合理的だと僕は思うのだけれど。。。
難しい問題だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
熊本の地震
昨日も熊本の地震についてblogを書いたのだが、何故か消えていて保存もされてない…


一昨日の夜の震度7から断続的に余震が続き、昨夜未明には再び震度6強の地震と津波注意報が発令された。
この地震で被災された方、亡くなった方の人数も時間と共に増えてしまっている状況に、本当に胸が痛い。
亡くなられた方のご冥福を祈ります。そして、被災して今も避難所等にいる多くの方が少しでも早く普段の日常生活に戻れるよう、迅速な復旧を願っています。

あれだけ大きな揺れが断続的に24時間以上続いているのは、現地にいる人は本当に辛いと思う。
阪神大震災、そして東日本大震災を経て、日本人は地震に対する準備や危機意識は、世界でも類を見ないほど高い。だから、今回のような大変な災害でも被害は最小限に済んでいると思う。
今はとにかく揺れが収まるのを祈るしかないが、ここから日本中が一つになって、被災した熊本や九州の人たちへの支援、復旧を進めていかなくてはならない。
国土の小さな島国で、助け合いの精神を持つ日本人だからこそ、出来ることがあると僕は思う。なかなかそういう国は他にない。
過去の教訓や経験を活かして、この厳しい状況を助け合って乗り越えていこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
5つの要素
朝起きて、一日の時間がある程度経たないとなかなかやる気が起きない。。。
午前中が一番モチベーションが高い時もあるんだけど、その辺が安定しないのはスランプなのかな??

幸福感や充実感というのは、結局のところバランスなのだと思う。
アメリカの大学で行われた調査で、自分が幸せになる為に必要なものを挙げてもらうと実に8割近くの人が「お金」に関わることか、「健康」に関わることを挙げたという。
もちろん、お金も健康も大事だし、あると幸せになる。しかし、「それだけ」があったとしても、実は幸福感を感じにくい。
お金持ちでも不幸な人は沢山いるし、病気もせず健康でありながら「自分は幸せではない」と考えている人のなんと多いことか。
この調査によれば、幸せを感じる要素は主に5つあり、経済的安定と身体の健康に加えて、仕事が充実していること、愛情に満ち足りていること、地域や社会としっかりコミットしていることの5つのバランスが取れていることで、人は本当の「幸福感」を感じることが出来る、と結論付けている。
確かに。。。何となく自分の感覚としても理解できるが、これは結構ハードル高い。5つの要素が全て満たされている人というのは、なかなかいないのではないか。
大切なのは「高いレベルで満たされている」必要はなくて、バランスが取れていることなのだ。
つまり、誰が見ても大金持ちである必要はないし、アスリート並の強靭な肉体を持つ必要もない。結婚や子供を持たずとも両親や友達のとの愛情を深めることは出来るし、一流企業に入ってビッグな契約をとらずとも仕事の充実は可能だ。
それでも多くの人は「〇〇円持っていない自分は不幸だ」とか「最近ちょっと太り気味で凹んでいる」とか、自分だけの基準で幸福感を計ろうとする。
結局のところ、そういった「欠乏感」だったり、それを補おうとする欲望にはキリがないし、解消されることはない。
だからそれらの5つが、自分の意思によってしっかりとコントロールされて、バランスの取れた状態になれば、自然と幸福感や充実感は得られるようになっている。それが人間の脳や感覚の仕組みだと理解すればいい。
バランスの取れた状態になるために、しっかりと自分の生活や行動パターンを観察して、知る必要がある。その上で、調整したり修正したりして自分に対するコントロール感を高めていく。
現代は、それを邪魔したり阻害するような「即時的な」欲望の満たし方が溢れている時代だ。けれども結局そういうものは、どれだけやっても「幸せ」を手に入れることにはならない。

僕の大嫌いな(笑)Yahooジャパンのページの右側には、リスティング広告が常に表示されている。その内容といえば、わずか一ヶ月で数千万円を稼いだ投資法だとか、ラクして痩せることの出来る新しいダイエット食品だとか、期間限定のショップセールだとか、まぁその手の「いかに短時間で、簡単に」それらが手に入る(とみせかけた)ことを謳う広告ばかりだ。
本当に辟易するけど、人間の心理と言うのは元来そういう広告に弱いのだ。時間が短いもの、ラクなものはどうしても魅力的に見えてしまう。
そういうのはほとんど嘘っぱちだけれど、仮にそれがウソではなく本当にそうだったとしても、それを買ったり手に入れる事で幸せになんかなれない。絶対に。
その証明はハーバードとかケンブリッジとかの頭の良い科学者の人が散々実験して証明済みなのだ。
だから今自分が幸せだと思えない人、もっと幸せになりたいと思う人は(僕だってもっと幸せになりたい)、そういうバランスとかコントロール感について、いつも頭の片隅に置いておくといいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いい季節
桜は散ってしまったけど、春らしい陽気と爽やかな風を感じられるいい季節になってきました。
外出かけたいな~~花粉症にやられそうだけど。笑
今週もどうにかモチベーションを上げつつ、やるべき事をやっていこうと思います。
みなさんも仕事、勉強、その他いろいろ頑張っていきましょう~。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事