ゲスと乙女、ロマンスがありあまる
連休の中日となる1月10日。天気も良くて、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
僕の2016年はまだ始まっていません。まだあけおめが出来ていない状況です。
そろそろ立ち直らないとな~。




しょーもない事だとは思いつつも、やはりバンドのボーカルと女性タレントさんの恋愛スキャンダルについて考えてしまう。
だってどこでもその話題が出てくるんだもの。笑
これが、バンドや音楽の絡まない話であればその他の状況が全く同じでもふーんって感じなんだけれども、やっぱりバンドや音楽やっている人の人間性ってどうしよーもねぇな、とか、若くて感受性の優れた人はこういう愛情のもつれに絡め取られてしまうのか、とか、いやそもそもどっちもそれほど若くないぞ、とか。
僕の周りでもあのバンドが好きな人は多かったし、僕も曲のメロディはいいなぁなんて去年は思っていた。
それでも、こういう風になってしまうともうそういうのも全部しょーもないものに感じてしまうし、いやいや、曲や他のバンドメンバーに何の罪もないでしょ!という意見は十分理解しつつも、だったらなおさらこうなってしまった彼と彼女の「軽率な行為」について幻滅してしまうよなぁ。
年末に逮捕されたお笑いコンビの相方もそうよね。あっちは100%犯罪だからまったく同情の余地なしだけれども、要するにあまりにも軽率で、自分と組んでいる仲間のことが見えていなく、自分の欲求(しかも下らない欲求)しか考えていない。
そんな気がしてしまう。



個人的にも、恋愛や愛情について、男と女の関係について考えることは良くある。
あと今回の件で言えば結婚、離婚とかも含まれるか。
恋愛、男女関係って、当事者を幸福にすることもあれば、やはり不幸にすることもある。
よく言われるように、「上手くいっている人は周りに惚気ない」というのが本当なら、やはり上手くいっていない、不幸になってしまうケースばかりが耳に入ってしまうのかもしれない。
何かをきっかけに、好き同士になった男女が、その先に幸福になれる場合と不幸になる場合と、どんな確率なんだろうか。
すんごい上手くいっているカップルで、めっちゃラブラブ(書いててアタマ痛くなってきたw)だとしても、その後時を経って別れてしまったなら、二人にとって出会ったこと自体が不幸になってしまうのか。
まぁ、分らんよね。
答えはないし、当人がどう思うかであって周りが判断することじゃないし。
例え周りからあいつはゲス!と言われようとも、当人がそれを選択し、そこに幸福な愛を感じていたなら、それでいいのかもしれない。

なんていうか、結局はひとそれぞれ、みたいなまとめ方や結論は、究極的には無関心と同じなんだよね。
僕も歳をとるにつれて、あらゆることに対してそういう風に考えてしまうようになっているよ。良くないね。
心にスペースが必要だと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト