深夜バス
長野県で起ったスキー場行きバスの事故は大変痛ましい結果となってしまった。
亡くなられた方のご冥福を祈ります。そしてまだ重態の方もいるようなので、早く元通りの身体に戻れますように。

何故今回のような凄惨な事故が起きてしまったのか。色々な原因や推測がニュースでもやられているけれど、いずれにせよ非常に些細な判断ミスから起きた、取り戻すことの出来ない大事故だと思う。
事故が起きた碓氷バイパスは僕も走ったことがあるし、あの辺を運転する人の間では結構有名だ。要するに群馬側はものすごい急カーブの連続で、碓氷峠を越えて長野側に入ると、今度は見通しの良い急斜面の下り坂となる。
道路は凍結してなかったとは言え、深夜にあそこを走るのは事情のあるトラックか、峠族(っていうの?)と呼ばれる走り屋くらいだろう。
運転難度の高い一般道を、何故乗客を乗せた大型バスが深夜運転しなければならなかったか。
しかも亡くなった運転手の人は、12m級の大型バスの運転経験が乏しかったと言われる。起るべくして起きた事故、と言われてもしかたがない。

僕は長距離運転もするし、深夜運転もする。バンドをやっていた頃、それこそ日本中をものすごい距離運転していた。
もちろん自分ひとりじゃなく、車内には同乗者であるメンバーが乗っていたりするわけで、安全運転、そして事故が起きないようテクニカルな部分も含めた運転技術にはかなり気を使っていた。
深夜には運転しないのが一番だけど、どうしてもスケジュールの都合上、深夜に走らなければならない時はある。しかもそれが高速だったり長距離だったりすることも。
危ないよなぁ、今考えると。安全運転を心に誓っていたとしても、運転中に突然何かが起きるということはあるもの。
長距離トラックの運転手さんも、あとは大型バスも、アスリートみたいなもんだと思うよ。自身の健康管理と、相当な自己コントロール能力が必要とされるはず。でも、そこまで(アスリートばりに)気を使っている人ばかりではないのかもしれない。
運転免許の取得基準と、それを維持するための適性検査(そんなのあるのかな?)が緩いんじゃないかなぁ。

こういった事故は、今回以前にも何度も起きている。その殆どが、長距離の深夜バスだ。
正直、またか…という気がしなくもない。昨日の事故後、安倍首相が自身のTwitterで事故の原因究明と再発防止の徹底を明言していたが、その割りにこの手の事故はなくなる気配がない。
業界構造や運転手不足の問題も恐らく慢性化しているのだろう。いやだって大型バスの運転経験が乏しい65歳のおじいちゃんが深夜運転するとか怖すぎでしょ普通に考えて…
乗客はこういうリスクを自ら選択して回避することが事実上不可能だ。旅行会社は、良好代金を安くするために安全面をおろそかにしたりはしていない、と言うけれど、そもそも旅行代金が安かろうと高かろうと、バスの安全性とは無関係のはずだ。
自分が乗る深夜バスの運転手を料金で選択出来るわけではない。旅行会社ですら、契約するバス会社がどんな運転手を乗務させるか事前に分っていないのだから。

元長距離ドライバーの私が夜行(高速)バスに乗りたくない理由

おおむね同じような理由で、僕も深夜バスというのは実は生涯で1度か2度くらいしか乗ったことがない。
確かにローコストで、それ以上に時間を有効に使えるのが魅力ではあるのだけど、自分で運転した方が楽しいし安全だし、それが無理なら翌朝の飛行機なり新幹線なりを使った方が合理的だと思う。
このリンク先にも書いてある通り、以前は走行距離670キロまで「運転手1名」でOKだったが、それではあまりに危険だと言うことで今は400キロまでに改正されている。
400キロを一人で運転するのってめちゃめちゃキツイけどね…。
今回の事故を起こしたバスは、もちろん二人の乗務員で交代制だった。それでも事故は起きてしまうわけだ。
ワンマン運転じゃなく交代制にすることは、確かに多少の担保にはなるだろうけど、事故を完全に無くせるかというと、あまり相関性がない気がするなぁ。

高速バス業界はこれでさらに規制が厳しくなると思うが、果たしてどうなるだろうか。
同じような事故が、本当にほんとうに2度と起きませんように。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
2016年の折り返し地点(まだ一月)
1月も折り返し地点になって、早くも3週目が終ろうとしている。
仕事のペースは去年の今頃とそれほど変わらない感じだけど、精神的には結構違うな~。
なんか気ばかりが焦ってしまう。やっぱりもうすぐアレがあるからかしら…笑
正月に風邪でダウンして以来、やたらと体感温度が寒い気がするのも良くないよね。ジムとか風邪移されそうな気がして、行く気がしない。
今日こそは一日フルに頑張らないと。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ニュースを見るとき
今日もいい天気。寒さも少し和らいで穏やかです。



いやしかし、SMAPの件については本当に驚いた。。。
今年は年初から芸能関係のビッグニュースが続くなぁ。
今のところ、所属事務所が「協議中」とのコメントを出しているだけで、それ以外の目に触れるニュースや情報はすべて「憶測」にすぎない。当のメンバーだって何も語ってないわけだし。
本当にこういうところ、マスコミが何の根拠も元ネタもなく「○○だろう」「関係者の○○によれば△△のようだ」的な、さも真実であるかのような情報発信のやりかたには辟易する。関係者って誰よ?その人はなんでそんな事をメディアに喋るの?
なので、まぁとにかく「公式」の情報を待つしかないんだけれども。



でもSMAP、本当に偉大なグループだと思う。
ジャニーズのグループは僕は全部好きだけれど(DDですねw)、やはりSMAPは別格だ。
メンバー間でトラブルがなく、モチベーションやグループを続けていく意思があるならば、こういった形での分裂、まさか解散なんて事があったりしたら、本当に悲しい。
でも、そういうことは本当に良くあるし、SMAPにだってあり得る。
本人が望んでの脱退、卒業とは違うわけだし、グループを続けていくことって本当に難しいよ。わだかまりや対立がなくても、続けていく事が出来ない時はあるのだ。
本当にどうなってしまうのか。今は僕のような外野は語らず、見守るしかないと思う。
はぁ。。。



こういう芸能やスポーツのビッグニュースが続くときは、必ずその裏で政治や経済がひそかに動いている。というの僕の持論がある。
みんながそっちのニュースに集中している間に、今は株式市場や為替が大きく動いている。
軽減税率をめぐる国会での議論もなかなか重要な局面だろう。
SMAPのニュースは確かにビッグニュースで、目が離せない。けれどもそんな時だからこそ他の(芸能関係でない)ニュースはいつも以上にしっかり意識していたほうが良いと思いますぜ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
心の病気
昨日に引き続きかなり寒い東京。天気はそこそこ良いんだけど、朝晩がとにかく寒い~。
僕はひたすら室内にいますが、外に出るみなさんは風邪にご注意を!




一部ニュースでも話題になっているのか(全然なっていないのか?)、どのくらい世間の人がこの事を知っているのかよく分からないのだけど、音楽グループCHAGE and ASKAのメンバー、ASKAさんが自身のblogに公開し、その後すぐに削除された文章を読んだ。
ここ数年で僕が読んだ膨大な数の書籍、文章の中でも、かなりショッキングな内容だった。
だが正直言って、ここにリンクを張ったりして読むことをお勧めするような文章ではない。
インターネットで検索すればすぐに誰でも読める状態にあるが(ちなみに、この手の投稿ってのはどんなにすぐ削除しても全く無意味だ。投稿した瞬間に、永遠に消えることなくネット上に残り続ける)、CHAGE and ASKAのファンの人、シンガーや音楽アーティストにある種の尊敬や憧れを持っている人、他人が書いた文章や言った言葉を文字通り受け取ってしまう人なんかには、到底お勧め出来ないし読まないほうがいいかもしれない。




まぁ、ご本人が書いたものかどうかという真偽さえ分らない文章を、マジメに読んでマジメに語るのもどうかとは思うが、内容からしてご本人しか書けない具体的な記述や事柄が多数含まれているし、恐らくは本人が自分の意思で書いて、アップした文章だと思う。
10万字近い、ほぼ一冊の本に相当する長文を全て真剣に読んだ上で僕が感じたことを、単刀直入にまず言ってしまうなら。
その①「ASKAさんは、言葉を紡ぎ文章を書くセンス、才能に溢れた人」だと強く感じた。
歌詞を書いているからといって、なかなかこのレベルで文章を掛ける人はいない。日本の音楽界にいるシンガーソングライターの中でも、トップクラスで言葉を扱い文章を書く才能を持った方なんだと改めて思った。




そしてその②。。。
覚せい剤をはじめとする麻薬、違法ドラッグは、人間の精神や心を完全に破壊してしまう恐ろしいものなんだな、という事。
そしてASKAさん自身が、今もその状態から脱していないことに、気がついていない。
文章の中で、過去に自ら薬物に手を染めてしまったことを告白し、その罪を認めて懺悔する文章がいくつも出てくるが、本質はそこではなく、今も心を病み自我を失っている最中なのに、それに気付くことなく「過去の罪」として捉えてしまっていることだ。
いやむしろ、自分をこんな風に追い詰めたマスコミや反社会組織(ヤクザとか)、敵対する(と妄想している)世の中に対して、これから徹底的に戦っていこうとさえ思っている。
そんな相手はどこにもいないのに。
原因が薬物にあるのか、はたまた別の要素にあるのかは、ご本人でなければ分からないし、そのご本人が最早分らなくなっているのだから、これは今なおかなり厳しい状態にあると、精神医学をちゃんと学んでいなくても文章を読めば誰でも分かるだろう。




そんな状態にありながらも、音楽に対するモチベーション、希望を失っていないのは本当にすごいと思う。
全てを失っても、自分には音楽がある。曲が作れる。歌うことが出来るetc...これらは本当に尊敬すべきことだ。
CHAGE and ASKAは、日本を代表する音楽グループの一つだろう。ASKAさんの歌声、そしてソングライティングの能力は、日本音楽界の宝だと、個人的には思っている。
だからこそ、今回アップされた手記の読後感はかなりキツい。
膨大な量の文章の中で、自らの罪と過ちを物語調で語る一方、唯一の相方であるCHAGEさんへの想い、そして家族への謝罪がほとんど書かれていなかったのも、やはりキツいなぁと個人的には感じた。
読んだ人のほとんどの反応も、僕とほぼ同じ感想のようだ。
「やっぱりASKAは正しい!これからも応援します!」的な感想は、これを読んで抱くこと自体かなり難しいと思う。




音楽や歌に対する悩み、苦しみから薬物に手を染めてしまうケースは、過去にもあらゆるケースで存在する。
音楽やアートをやっていると、どうしてもその誘惑にあがなえない人が一定数出てきてしまうのか。はたまたそういう事をしていない普通の(?)人でも、薬物に手を出してしまうのか。(ニュースにならないだけで)
分らない。。。
今回の文章を読んで、改めて「薬物、ダメ、絶対!」と思うのは当然のことだけど、それにも増して、心の病気や人間の精神がいかに脆いものであるかをひしひしと感じた。
才能と意欲を持った人だから、これからも音楽で作品を作り残せていけるなら、それは素晴らしいことだと思うけれど。
なんなんだろうなぁ、音楽って。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
世界を売った男 The Man Who Sold The World
連休も終わり、正月ムードもなくなりつつある今日この頃。
昨日はまたしても(?)芸能界の結婚に関するおめでたいニュースが。しかもバンドのボーカルですからね。なんか前回のblogの内容と微妙にリンクする部分もあるんだけど笑
でもとにかくおめでたい!芸能人の結婚ニュースでも、これだけおめでたい感じが出ているのは久しぶりではなかろうか。離婚とかもしなさそうだしなー。お幸せに!




既にニュースでも大きく報じられている通り、イギリスのミュージシャンDavid Bowieが69歳で亡くなった。
癌で闘病中であることは何となくウワサで知っていたけど、その容態とか進行具合は分らなかったので、突然のニュースに心底驚いている。
ご冥福を心よりお祈りいたします。R.I.P.

ボウイがどんなミュージシャンで、どれくらい偉大であるかは、なかなか日本にいると分りづらい部分も多いと思う。
名前は有名ではあるけれど、全盛期はもうずっとずっと昔だし、誰もが口ずさめるヒット曲もないと思う…。
何と言うか、1967年のデビューから約50年近く、ソロアーティストとして、音楽性やジャンル、自分の立ち位置やキャラクターまで、常に変化させ続けてきたシンガーであり、俳優をやったり、工芸や絵画のようなアート活動をやっていたこともあって、ただのシンガー、ミュージシャンと言った枠を超えた本当の意味での「アーティスト」だったと思う。
だからこそ、評価が難しいし、結局どんな人だったのかよく知られないままという点もあるのではないかな。
ちなみに僕も、1969年の「Space Oddity」から1973年の「Aladdin Sane」くらいまでの期間のボウイが大好きであり、それ以降の作品は一応聞いてはいるものの、なんかピンと来なかったというか、好きになるまではいかなかった。
期間が変わるとほとんど別のアーティストだからね、この人の場合。



こんな話を誰かにするのは初めてだけど、20代の前半のころ、当時所属していたレコード会社の偉いプロデューサーの方に「nisaはDavid Bowieみたいな感じを目指したほうがいいかもしれない」と言われた事がある。
その時はまだボウイを全然聞いた事がなかったし、冗談でなく結構マジメにそう提案されたもんだから、「えっ、ソロで歌えってこと!?」など内心訳が分らなかったが、今となってはその方が仰った意図も何となく分る。
要するに、自分をアイコン化して、キャラクターを演じるようなアーティストとしての立ち位置の方がハマりそう、ということだろう。プロフィール的な所を隠して、あるコンセプトに基づいたキャラクターを演じる。生身の本人を感じさせないというか…。
音楽性に関しても、よく言えば幅広く自分で手がける事が出来るし、悪く言えば飽きっぽいので一つのものを追求することが苦手、という僕の性格も多分見抜かれていて、その時代や流行にあったものを、次々と形を変えながら表現していく方が、きっと僕自身にも合っているのかもしれない。
そこまで見抜いての、「nisaはDavid Bowieみたいに」発言であったとしたら、やっぱりプロデューサーって凄いなぁと思う。




Boiweは本当にキャリアが長く、しかもある時期まではかなり精力的に作品を発表し続けていたので、結構な数の楽曲を残している。
全部聞いたことのあるようなボウイファンは日本でもかなり少ないと思うので、これを機会に彼が遺した音楽をもう一度聴いてみたいと思います。
ではまた。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ゲスと乙女、ロマンスがありあまる
連休の中日となる1月10日。天気も良くて、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
僕の2016年はまだ始まっていません。まだあけおめが出来ていない状況です。
そろそろ立ち直らないとな~。




しょーもない事だとは思いつつも、やはりバンドのボーカルと女性タレントさんの恋愛スキャンダルについて考えてしまう。
だってどこでもその話題が出てくるんだもの。笑
これが、バンドや音楽の絡まない話であればその他の状況が全く同じでもふーんって感じなんだけれども、やっぱりバンドや音楽やっている人の人間性ってどうしよーもねぇな、とか、若くて感受性の優れた人はこういう愛情のもつれに絡め取られてしまうのか、とか、いやそもそもどっちもそれほど若くないぞ、とか。
僕の周りでもあのバンドが好きな人は多かったし、僕も曲のメロディはいいなぁなんて去年は思っていた。
それでも、こういう風になってしまうともうそういうのも全部しょーもないものに感じてしまうし、いやいや、曲や他のバンドメンバーに何の罪もないでしょ!という意見は十分理解しつつも、だったらなおさらこうなってしまった彼と彼女の「軽率な行為」について幻滅してしまうよなぁ。
年末に逮捕されたお笑いコンビの相方もそうよね。あっちは100%犯罪だからまったく同情の余地なしだけれども、要するにあまりにも軽率で、自分と組んでいる仲間のことが見えていなく、自分の欲求(しかも下らない欲求)しか考えていない。
そんな気がしてしまう。



個人的にも、恋愛や愛情について、男と女の関係について考えることは良くある。
あと今回の件で言えば結婚、離婚とかも含まれるか。
恋愛、男女関係って、当事者を幸福にすることもあれば、やはり不幸にすることもある。
よく言われるように、「上手くいっている人は周りに惚気ない」というのが本当なら、やはり上手くいっていない、不幸になってしまうケースばかりが耳に入ってしまうのかもしれない。
何かをきっかけに、好き同士になった男女が、その先に幸福になれる場合と不幸になる場合と、どんな確率なんだろうか。
すんごい上手くいっているカップルで、めっちゃラブラブ(書いててアタマ痛くなってきたw)だとしても、その後時を経って別れてしまったなら、二人にとって出会ったこと自体が不幸になってしまうのか。
まぁ、分らんよね。
答えはないし、当人がどう思うかであって周りが判断することじゃないし。
例え周りからあいつはゲス!と言われようとも、当人がそれを選択し、そこに幸福な愛を感じていたなら、それでいいのかもしれない。

なんていうか、結局はひとそれぞれ、みたいなまとめ方や結論は、究極的には無関心と同じなんだよね。
僕も歳をとるにつれて、あらゆることに対してそういう風に考えてしまうようになっているよ。良くないね。
心にスペースが必要だと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
2016年の幕開け(ベッドの中から)
まだまだ病み上がりで本調子になれないなか、昨日はかなり久しぶりに智也くんとお茶してきた。
なんか五郎丸みたいな体幹のガッシリした感じになっていた。いいなー。笑
で、まぁ色々近況やお互いのことについて話したり、案の定Youtubeについて聞かれたり。。。
「いや、教えたくないなら無理には聞きませんけど…」って、遠慮がちに切り出すところがいかにも智也らしいw 
いやいや、教えたくないとかそういうのは全然ないからね!普通にイイねとかしてくれていいんだよ!チャンネル登録もお願いします!



そんなに沢山の人に会っているわけではないけれど、みんなもう2016年のスタートを切って、どんどん走り出している。
僕はと言えば、体調不良で大きく出遅れたこともあり、未だに今年を、いや人生そのものを進めているとはいえない状況だ。
2015年のまま、足踏みをしている。(あるいは立ち止まって膝をついている)
前にも書いたけど、僕はこのblogの他に、もう一つ自分しか見れないような日記を書いている。まぁ毎日書くほどマメじゃなくて、飛び飛びではあるけれども。
で、blogの見直しは大体去年末にやったので、そのもう一つの方の日記の去年分をベッドの上でパラパラ見返してたりしたんだけど、やはりblogよりもよりプライベートなこととか、心情的な部分まで書いているので、去年のある時期に自分がどんなだったかが克明に分る。
blogを読んでるといかにも上手くいってます的な感じだけど笑、2015年の1~3月くらいは相当苦労してたし、しんどそうだったなぁ。
大体、1月~3月の春が来る前の時期ってのは毎年、鬼門だ。一年で一番良くない時期だ。
もうひたすら篭って一人の世界に没頭するか、南半球の暖かい国にでも行ってしまう方がいいと思う。



まぁでも、昨日も智也くんと話をしていて、なんだかんだ言いながら今年も音楽をやるんだろうし、やらないといけないんだろうね、という気はする。
今、本当に音楽に対するモチベーションがゼロで、病み上がりにEDMとか聞いてるとほんとに吐き気がするんだけど(そして僕のオリジナル曲は大体EDMなんだけどw)、それでも少しずつ、やりたいことや自分が伸ばしたいスキルをみつけて、それをやっていかないといけない。
ゼロから作曲、作詞、アレンジ、演奏、歌入れ、ミックス、そして動画製作(笑)までやってた去年があるからこそ、今年はどこに没入することも出来る。もちろん引き続き全部やることも。
さーて、どうしようか。(ベッドの中でゴロゴロしながら)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。



すでに今年も6日。みなさん仕事初めはいつだったでしょうか?
4日の人、5日の人、中には二日、三日からという人もいたと思いますが、なかなか今日6日からという人はいないでしょう。。。ここはそんなblogですよ(笑)
2016年元旦の夜から体調を崩して、明らかにおかしいと思うも正月で病院はどこもお休み。そのまま2日、3日と38度~39度のあたりをぼやけた意識と共にさまよって、4日にようやく病院へ。
もう治りかけなので薬飲まないで安静にしてて下さい、と言われ、なんとか昨日あたりに平熱に戻りました。
2016年、明けて初っ端から躓いて、派手に転んでる僕です。

年明けの抱負とか、ましてや音楽とか、なーんにも手についておりまへん。
まだこうやってPCの画面見てるとちょっと気持ち悪い感じなんだよね。まーあまりにも長時間寝てたせいかもしれないけど。
あー。。。どうなってしまうのかしら2016年。。。
お正月ってタイミングも悪かったけど、もうすぐ誕生日とかもありますし、なんていうか自分の人生とか将来についてやたらと考えます。
ネガティブってほどではないが、ポジティブになれないよな~風邪引くと。風邪を引かない病気をしない身体が欲しいよ。

正月の挨拶みたいなのはほんとにごく少数の人にメールでさくっと送っただけなのですが、永井ケンさん含め何人かの方から「Youtubeのアカウント気になるよ…」みたいな事を言われまして。
いやいや、ちょっと検索したらすぐ見つかるって!笑 あれだけblogでヒントも書いているんだから。
まずアーティスト名+カバーで検索して、検索結果の上の方にどーんと出てこなかったらもうそれは違うってことだから。いちいち動画をチェックしながら検索結果の後ろのほう、2ページ目とかを検索する必要はありません。曲名で検索する必要もありません!
ってことで、ケンにはもうヒントじゃなくて動画そのものを教えたんだけど、教えたらその後連絡が返ってこない。。。既読がついてるのに。。。(震え声)
おい、ケン!もうお前には何も教えてやんないからな!!笑



みなさま今年もどうぞよろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事