虎を観る日々
今日頑張れば明日から3連休!
僕は特に予定もないですが、そう思うだけで今日一日頑張ろうっ、て少しやる気が出ますw

今から10年以上前に放送していた「マネーの虎」というTV番組があるのですが、今更ながら、ものすっごく今更ながら最近それにハマっている。てかチョー面白い(笑)
どういう内容の番組かっていうのは勿論僕も知っていたんだけど、あんまりリアルタイムで見た記憶がないというか、多分面白さがよく分らなくて放送当時は1、2度観てやめた記憶がある。
だけど今になって、Youtubeで当時の放送をほぼフルで、CMカットした状態で観ることが出来る。
ま~やっぱりというか何と言うか、これらの動画は違法にアップロードされたコンテンツだ。DVDにでもなっていれば当然全て買ってコレクションしたいくらいの勢いなんだけど、ソフト化されていないので、今観るためにはこれらを観るしかない。
Youtubeにアップされた10年前のTV録画なんて画質も良くないし、本当はイヤなんだけど。

1本につき約25分くらいの内容で、今少なくとも20本以上は観たけど全然飽きない。
なんでこんなに面白いんだろうか?今放送中のテレビでこんなに面白いバラエティー(リアリティー番組)はあるだろうか?と色々理由を考えてみた。
やっぱりマネー志願者として出演している素人(投資を希望する人)がヘンだったり、奇妙だったりするのが面白い。
その「ヘンな部分」をさらけ出す人もいれば、隠しながらの人もいたりしつつ、でも数百万円~数千万円にもなる大金を「自分のアイディアやビジネスに投資して欲しい」と言うわけだ。
そのヤラセのなさが今観るとものすごくスリリング。
当時この番組で話題になるのは「虎側の社長達」、つまり投資をするかどうか決める経営者や実業家の方に注目が集まりがちだった。
この人達もある意味「経営者になる前は普通の人」だったわけで、芸能人やタレントではない。そういう要素はゼロではないけど、やっぱり「タレント」ではない。
素人vs芸能人ではない人が、本気でディベートして、お互いの考え方や価値観、時には醜い本性の部分までさらけ出しながらやり取りする様子が、今のTV番組にはない「ガチ」な感じがする。
まぁ本当にガチかどうかは、内部の人間でないと100%言い切れないけれど。。。
でもTV番組の、しかもリアリティーショーを売りにしたものは今やほとんどがヤラセであるわけで、そういうのに飽き飽きしている身からすると、この「マネーの虎」は、ほぼほぼヤラセなしだと直感的に思う。

今放送中の番組だとTV東京の「Youは何しに日本へ?」とかは非常に良く出来たリアリティー番組だと思うし、面白くてよく観ている。
あれも番組のキモは、空港に着いたばかりの見ず知らずに外国人に声を掛ける、という点にある。この外国人が「ヤラセ」である可能性は極めて低いから、見ている側は何が起きるのか分らないドキドキがある。
声を掛けるのが番組製作ディレクターというのもいい。これがタレントだったり、お笑い芸人だったり、局アナウンサーだったりしたら100%ヤラセであり、シナリオがあることが見え見えになってしまう。
民放各局でこの手の「外国人を扱う番組」はあるけれど、芸能人がロケで出演するものはほとんどシナリオありきで、リアリティー番組ではない。イッテQとか。
台本なしで素人に喋らせれば何を喋るか分らないわけだし、密着取材をしたらどんな映像が撮れるか分らない(悪い意味でも)。運良く撮れたとして、それが面白いものになるかは何の保証もない。
だから通常、テレビ番組を作る側としては素人をそのまま映すことをしないし、それよりも芸能人を出した方がコンテンツの質としても、視聴率としても担保されると考える。
まーそれは個人的には大きな勘違いだと思ってるけど。

フジテレビの「アウト×デラックス」も放送開始当初はめちゃくちゃ面白かったけれど、それはガチで素人がテレビ番組に出てきて予想もつかないことをやっていたからだと思う。
今となっては「ちょっと変な風」を装っている、普通の芸能人やタレントが出てきて台本に沿ったトークをしているだけで、昔のような面白さは全然ない。
マツコデラックスさんはこの辺のバランス感覚が天才的に取れているというか上手いというか、芸能人ではあるけれども普通の素人のような感覚、価値観を持ってそれをテレビで出すことが出来る。
ちょうどマネーの虎でいう「虎」側の人たちと似たような感じ。こういう人と、本当の意味で「ヘン」な一般人をテレビでやり取りさせれば、ものすごく面白いテレビ番組って作れるんだと思う。
でも難しいんだろうな~色々な意味で。マネーの虎だって今じゃ絶対放送出来ない内容だと思うし笑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
さらにノーベル賞!
連日のノーベル賞ラッシュ!という言い方が正しいのか分らないけど、大村さんの生理学・医学賞に続いて、物理学の分野でも日本人の梶田隆章さんがノーベル賞を受賞した。
いやーすごい、本当に素晴らしいことだと思う。
ニュートリノの質量と言われても、なかなかピンとは来ないけれど(笑)。
梶田さんはまだ56歳だから、大村さんと比べても随分若い。ノーベル賞を受賞する学者さんとしてはすごく若いと思う。
だからこそ、すごいなぁ。。。と。自分が56歳までに一体何が出来るだろうって考えちゃうよね。

そんな私も体調が少しづつ回復してきたので、徐々に通常営業に戻らないと。
室内にいると分りにくいけど、外に出ると驚くほど秋の気配を感じるここ数日。
いいよね~~秋。大好き。
急に気温が下がるから、くれぐれも体調には気をつけて。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ノーベル賞
日本の有機化学者、大村智さんが今年のノーベル生理学・医学賞を受賞することとなった。
昨年に続いて、本当に素晴らしい快挙。すごい!
折しも数日前から風邪気味、いや風邪を引いてしまってものすごく体調が悪いので、これも線虫とかウィルスのせいじゃないかと疑っている。僕も大村さんの開発した抗生物質が飲みたい!笑

それにしても、大村さんのことを不勉強な僕は今回のニュースまで存じ上げなかったのだけれど、ざっとWikipediaを見ただけでも、長年の研究に渡り素晴らしい業績を上げて、世界中の人々に、人類の医学全体に貢献する様々な新薬を開発している。
要するに、何故今まで受賞しなかったのか不思議なぐらいの人だ。
ノーベル賞はその年の業績だけでなく、長年にわたる研究とその成果に対して贈られるものではあるけれど、それにしても受賞のタイミングとか、基準に関しては本当に謎が多いと思う。
受賞の順番とかあるのかね。。。

で、次はノーベル文学賞をあの人がとるか、どうか。
日本人作家のあの人ですよ。
どうだろうな~??
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ラグビー日本、歴史的な2勝目!
ラグビーワールドカップ、日本がサモアを相手に歴史的な勝利!!
ということで、昨夜はテレビでラグビー観戦をして(多分生まれて初めて)、大興奮でした。
いや~、テンションあがるねあれは。

もちろん、今までラグビーのことをほとんど知らなくて、この前の南アフリカ戦での勝利から急に興味を持ち始めたにわか中のにわかファンである僕なので(笑)、真剣に観ていてもルール等細かいところはよく分らない部分も多い。
てか、ラグビーって致命的にルールが分りにくいよね。やったことある人じゃないと、どうしてこういう風にゲームが流れるのか、あるいは逆にストップするのか、なかなか分らないと思う。
ボールを敵陣に勧めて、エンドラインを超えてタッチダウン、じゃなくてトライをすれば得点になる。
あるいはゴールバーにボールを蹴って入れても得点になる。
この辺は分るけれども、一番分らないのはスクラムを組んだ状態で何が行われていて、どういう駆け引きがあるのかはやっぱりよく分からない。
アメフトだと前にボールを投げられるけれど、ラグビーはいかなる場合でも前にボールを投げることは出来ない。けど蹴ることは出来る。
じゃぁさっさと前線にクリアして、それを味方の誰かが受け取って攻め込めばいいんじゃないの、とも思うけどそれは出来ないっぽい。(アメフトはそれが出来る)
ルールの制約がサッカー、アメフトと比べてもかなり細かく厳しいので、なかなかゲームが前に進まないもどかしさもある。

でもあのスポーツ、メンタルが本当に強くないと出来ないよね。
防具もつけずにあんなに激しくタックルするんだもの。痛いとか怖いとか思ってたら絶対出来ない。(絶対痛いし、怖いと思うけど)
でも試合中は、ある種のトランス状態(?)みたいな感じで、どの選手もガンガン前に突っ込んでいって、相手に体当たりしていく。
男のスポーツだよなぁって思った。小学生の感想かっ(笑)
あと選手の身体がゴツい。いやゴツすぎる。アメフトでも走るのが遅くなるからあんなに横幅をつけない。あんなに肉体をゴツくするのは多分プロレスとかごく一部の格闘技だけだと思う。ボクシングや総合格闘技の選手だってあんな肉体にはならないもの。
筋肉マッチョ大好きな私ですが、さすがにラガーマンはちょっとな~と思いました。
ベスト8進出できたら本当にすごいね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
自転車の季節
10月に入ってすっかり秋らしくなってきた感がある週末の土曜日。
暑すぎず、かといって寒いこともなく気持ちの良い季節だな~思わず自転車で遠乗りとかしたくなる。

あんまり人に言ったことはないけど、結構自転車に乗るのが好きで、車はもう重い機材を運ぶ時とか、そういう必要がある時しか運転してない。
都内の場合、どこに行くにも電車が一番便利で効率的なのは間違いないけど、電車ってそんなに乗っていて気分の良いものでもない。やっぱり混んでることが多いし。
なので、都内の移動手段して自転車というのは結構現実的な選択肢だと実は思っている。
ただし天候や気温にはめちゃめちゃ弱い。笑
雨降ったらダメだし、風が強い日も危ないし、暑い季節も寒い季節も向いているとは思えない。
春先か、今のこの季節くらいが本当に自転車のベストシーズンなのだ。(これって現実的な選択肢と言えないんじゃないの…)
電動アシスト付きのやつとか、ちょっと漕いだだけでものすごくスピードが出るロードレーサータイプのやつとか、そういうワンランク上の自転車を買おうかと本気で考えたこともあるけど、残念ながらまだそこまでは至ってない。
高いやつは原付バイクが買えるくらいするからな~。
ちなみに移動の速さとコストパフォーマンスで言うなら原付の方がさらに上回って良いと思うけど、これは危険度が一番高い。
原付で事故って死にかけたことが若い時に3回くらいあるので、正直原付バイクはあんまりお勧めできないし僕も今後乗ることはないと思う。笑

というわけで、もうすぐ自転車でちょろっと近所まで出かけてこようと思います~。
出かける前に曲作るか、帰ってきてから曲作るか、悩む~~~。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
爆弾と銃の話。
爆弾低気圧というやつのせいで、昨夜遅くからものすごい風の音が鳴っていた。
今朝の東京はもうほとんど止んでいるけど、北海道や東北の方ではまだ強い風に注意しないといけない様子。
朝起きたらベランダにあるサンダルが飛んでもない方向に吹っ飛んでいて思わず笑った。

と、全然関係ないけどアメリカのオレゴン州にある大学でまたしても、これまた何度目かわからないけれども発砲事件があり、既に犯人を含めて十名以上の死者が出ている。
今年僕が行ってきたカリフォルニア北部からもそんなに離れてない距離(とは言っても、600kmくらい離れてるから東京-青森くらい)の街でこんなことが起きるなんて、恐ろしいよなぁ。
これでまた銃規制の議論が起って、それでもまた銃を持つのは国民の権利って事でねじ伏せられて、延々とその繰り返しをしていくのだろうか。
一般人が普通に銃を購入して、所持できる。それをどういう風にだって自由に(?)使うことが出来る。
もちろん、自衛のために持っている人がほとんどだろう。つまり、今回のようにアタマのオカシイやつが銃で襲い掛かってきた時に、それに対抗する為の銃を持つ。。。
なんだかものすごく矛盾している気がするよね。自分の国の話ではないとはいえ。
僕はアメリカが好きだし、アメリカ人も好きだから、こういう痛ましい事件が起きるたびに「なんでこういう事を繰り返してしまうんだろう」と、悲しい気持ち、憤る気持ちの両方を感じる。
何とかして欲しいわホントに。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
10月スタート
今日から10月スタート!生まれ変わった気持ちで頑張るぞー。

制度的にも今日から色々変わるらしい、最低賃金の引き上げとか、公共料金の値上げとか。
値下げするのはプレステ4くらいだろう(笑)
景気回復を実感しづらい状況はもう2~3年続いているような気がするけど、数字の上ではここ数年で間違いなく景気は良くなってるし、日本のどこかで誰かが大儲けしているのも間違いない。
少なくとも僕以外の誰かがw
でもまーなかなか、普通に暮らしている分には可処分所得が増えている気もしないし、お財布の紐が少しずつ緩んできたって感じもない。
2008年のリーマンショックから4、5年に渡る不景気の時期の感覚がまだ根強く残っていて、何を買うにしても、行動するにしてもとても慎重だ。
って、それって自分だけじゃないか??とふと考える時がある。
こんなに財布の紐がきつく堅いのは今どき自分ぐらいじゃないのか。
てかみんな、そんなに買いたいものがあるの??
もう買いたいものってあんまりないんだよな~ワタシ。音楽の機材も一通り買って、しかも大体売っちゃったし。
電化製品とか家具とかも好きだけど、カタログとかスペックを見比べるのが好きなだけで、実際買って手元にあると邪魔だし(笑)
美味しい食べ物とか?興味はあるけどスーパーに売ってないような。。。

というわけで今月も頑張りましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事