幸も不幸も自分次第
8月最後の週末。あ、一応来週の月曜日も8月だけど。
夏休みも終わりで子供達はいろいろ大変だろうな~宿題はもう終ってるかな??

世の中には、自分でコントロールできることと、自分ではコントロールできないことがある。
簡単に言ってしまうと、「自分自身に関すること」は自分でコントロール出来るし、逆に自分ではないもの、つまり他人であったり、ものごとであったり、自然や時間なんてものもコントロールすることは出来ない。
つまり、世の中のものはほとんどコントロール出来ないように感じるけれども、唯一「自分」だけは、自分がコントロールできる。

ある物事や事件に対して、どういう風に感じるか、どういう風に対応するかを決めるのは自分だ。
家族や友人、仕事の同僚や取引先、あるいはまったく無関係の他人に対してだって、どういう風に接して、どういう感情を抱くかを決めるのは自分しかいない。
「イヤな人」とは、その人が根本的に嫌な性格やキャラクターをしているのではなく、自分が「イヤ」だと感じているだけなのだ。
逆もまた然りで、「良い感じの人」、「好きな人」も自分がそう感じて、相手のことを判断している。
自分の認識や判断は、全て自分で決めているから「そうなる」。つまり、それらは意識的にせよ無意識的にせよ自分でコントロールしている。

こういうことは、あらゆる自己啓発やら成功本みたいなものに書かれているし、J-POPの歌詞でも昔っから何回も言われている。
「全ては自分次第」、もうこのフレーズは何回使われてるか分らないぐらい使われている。笑
でも、この原理原則みたいなものを、本当に心の底から実感して、理解している人はなかなかいない。
やっぱり、ほとんどの出来事や人間関係は自分の意思や希望と関係なく「変えられない」ものとしてあるような気がするし、何が良くて、何が悪いかも、自分ではなくて「世の中」だったり、自分以外の誰かが決めているような気がしてしまう。
でも、そうじゃない。世の中には「事実」、あるいは「現象」しかない。
それを良いとか悪いとか、好きとか嫌いを決めているのは、全て自分自身だ。
全ては自分次第。あっ、また使ってしまったw

でもそう考えると、いや考えようと考えまいとそれが「事実」なのだけれど、
自分が考えているよりも、人生で起きる色々なことは自分がコントロールできることに気付く。
自分の価値判断に沿って、出来事や、他人を見て判断しているのだ。常に。
それらを肯定的に捉えることも出来れば、否定的に捉えることも出来る。
大切なのは、これを「自分でコントロールしている」と強く自覚することだ。
目の前の、あまりやりたくない仕事に対して「いや待てよ、これをやりたくない仕事だと何故自分は思うのだろう?」と考える。
あるいはあまり好きではない人に対しても「何故自分はこの人のことを好きではないと感じるのだろう?自分の知らない良いところがあるのではないか?」と考える。
こういうクセ(習慣)をいちいちつけるようになると、生き方や人生が大きく変わるようになる。
なぜかというと、出来事や人間関係を「自分でコントロール出来ている」と感じることは、自尊心の向上に大きく関わってくるからだ。

自分じゃどうにも出来ない、これは自分の力の及ばないものだ、と感じることで、その人の生産性やモチベーションは大きく下がってしまうことが科学的に証明されている。
それが下がると、その人の自尊心は傷つき、精神的に落ち込む。「私はなぜこんなに出来ないのだろう…」
そうなると、さらに多くのことが「自分ではコントロール出来ない」ものとして感じられてしまい、さらに生産性が落ちて、気持ちが落ち込んで…といわゆる「負のスパイラル」になってしまう。
これを逆転させるためには、もっと自分が「コントロール出来ている」と感じることが重要だ。
仕事も、人間関係も、自分の人生で起る色々なことは自分でコントロール出来るもの、と感じると自尊心が高まり、やる気やモチベーションに繋がる。
それが結果的に生産性の向上になり、生産性が上がるとますます「○○は自分でコントロール出来るんだなぁ」と、自尊心が向上していく。
さっきの「負のスパイラル」状態を逆にいくような、まさに「良い循環」が生まれる。
これは別に哲学や宗教的な考え方の話をしているのではない。
科学的にも立証された、数学で言うところの「公式」みたいなものだ。

おそらく子供から大人になっていく過程で、世の中の物事や人間関係を「自分ではコントロールできない」と、少しずつ思い込んでいくのかもしれない。
けれども、人生をハッピーに生きる鍵は、そうじゃないところにある。
まずは自分自身の価値観について、何が好きで、何が好きじゃないのか。それを決めている自分自身と向き合ってみるといい。
そんなことを考えて10分ぐらいでこのblogを書いてみた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト