日照時間が記録的な少なさの時は、どうやって対応する?
7月に入ってからの日照時間が、10年に一度の記録的な少なさらしい。
確かに、毎日ず~~~~っと曇りか雨って感じだもんね。ここ最近ではっきりと青空と太陽を見た記憶がない??
日照時間と心のストレスの関係は科学的にも実証されてて、まぁ簡単に言うと人間は太陽を見ないと確実に心が病む。(笑)
音楽業界もよく昼夜逆転とか、夜深く朝は遅い業界だと言われているけど、実際にそれで病んでるっぽい人も沢山いるよなぁ。

海外に行くと、特にヨーロッパ系の白人はこの日照時間をとても重要視していて、北半球はただでさえお日様が出る時間が貴重だから、太陽が出ている時に外に出て、それを浴びるってことを仕事するよりも大切だと考えている。
夏休みがすごく長かったり、地中海や南米にわざわざバカンスに行くのも、太陽をしっかり浴びるためなんだよね。
大金出してでもお日様が見たい、みたいな。いやこれ本当に。

僕も基本的には朝活して(笑)、お日様と共に生活し、日が沈んだら何もせず寝るというリズムを守っている方だと思うけど、こう曇り続きじゃどうしようもないよなぁ。
早く梅雨明けして欲しいよね。太陽が恋しい!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト