「BIG HERO 6」はなぜ「ベイマックス」なのか?
今回も行き帰りの飛行機の時間が相当長かったので、例のごとく機内で映画を沢山観てきた。
2015年アカデミー賞関連の観てなかったやつ、といってもほとんど観てないんだけど笑、その辺の有名な作品を片っ端から観てたんだけど、中でも圧倒的に面白くてよく出来た映画だったのは「BIG HERO 6」。
はい、日本でのタイトルは「ベイマックス」でしたね。
やっぱりすごいわ、ディズニーの映画は。脚本が本当に練られてるし、音楽も映像も分かりやすくハイレベルだし、キャラの演技力も素晴らしい(笑)

アニメだから、もう作り手が想像できる限界まで作品を作りこむことが出来るんだろうね。実写なら、というか人間が演じる普通の映画の場合は、やっぱりそうはいかないもの。
いや、今のハリウッドもCGやらVFXやら特殊効果の数々で、ほとんど出来ないことはないくらいのあらゆる映像表現が出来るんだろうけど、やっぱり演じてる人間には人間として限界がある。
それにくらべてアニメは、画面に映る全てのものをコントロールできるし、何回だってやり直しや修正が出来る。その際のコストや労力が、実写の映画とは段違いに少ないのは同じ作り手としてよく分かる。
だからこそすごさが分かるな~。あのテンポ感というか、無駄な要素をそぎ落として徹底的にエンターテイメントに徹してる感じ。上手く説明出来ないけど笑

「BIG HERO 6」が、日本では「ベイマックス」とタイトル変更されて、某JPOPのヒット曲が日本版主題歌となって「ロボットと少年の心温まるストーリー」として宣伝されたのは、大変残念だったと思う。
去年、TVでベイマックスのCMが沢山流れた時に僕は全然観たいと思わなかったし、ああいう感じの内容なんだろうな~と思い込んでいた。
実際に見た人は分かると思うけど、「内容全然違うじゃん!」
ベイマックスめっちゃ戦ってるし、そもそも主要キャラはベイマックス含めた6人の戦うヒーローなわけで、日本向けに宣伝された内容は実際の映画の内容とかなり離れてると言っていい。
去年の公開時は「CM詐欺」なんて言われてネット界隈でも多少盛り上がったみたいだけど、全然知らなかった。。。
つまるところ、ああいう全然違う内容の宣伝の仕方をすると、それを期待して劇場にいった人に対しても、あるいはそれで内容を勘違いして観る気が起きなかった僕のような人に対しても、どっちにしてもマイナスだと思うんだけどなぁ。
その前の「アナ雪」の大ヒットがあったから、なんとかそれに続くような形で子供向け、ファミリー向けにプロモーションしたかったんだろうけど、うーん。

「BIG HERO 6」はなぜ「ベイマックス」なのか?
確かにその通り!文章長いけどよく分るわー。
いや、本当にこの映画は戦闘シーンにハラハラドキドキ、ラストは感動で泣ける、という素晴らしい映画です。お勧め!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
旅のアドバイザー
微妙に時差ぼけが抜けなくて、夜9時前ぐらいに強烈に眠くなり、朝3時頃に目が覚めてしまう。
さすがにこの時間から音出して音楽作ったり歌ったりするわけにもいかないので、blogでも書くしかないな(笑)




世界中を旅行する時に、まずは航空券のチケットを取って、それから現地での宿泊とか、移動手段とか、どこに行って何を見て、何を食べて、というように旅行に関する計画をあれこれ立てると思うのです。
人によってはこの計画の段階が一番楽しい、と言う人もいるし、あえて全く計画や予定を立てずに、現地で行き当たりばったりで楽しむのが好きな人もいる。どちらも旅のスタイルとしては楽しいと思う。
で、僕はどんな感じかというと…偏執的なほど事前に予定を考えるタイプ(笑)
旅行中の全ての行動を、旅行に行く前から考えて計画し、それにそって予約だの現地の場所だのを全て押さえておいて、さらにGoogleストリートビューで実際の風景(写真だけど)も頭に叩き込んでから、旅行に行く。
自分で言うのもなんだけど、本当に狂ってると思うw だって行く前にほぼ全ての情報を頭に入れて脳内体験してるんだもの。だから、実際に現地に行くともう完全に「デジャブ状態」になることが多い。あ~この風景もあの風景も見たことあるな~(画像で)、という感じで。
泊まるホテルの室内も、入ったレストランの店内も、必ず旅行前に一度見てることになる。

まーこんな調子だから、行動スケジュールとかも分刻みで決めたりしてるんだけど笑、実際に必ずその通りに動くか?一切の予定外の行動を許さないのか?というと、全然そんなことはない。
現地でのアドリブは基本的にOKなのだ。つまり、行くはずの場所に行かなかったり、行くつもりなかった所に行ってみたりというのは、割と多いし好きだ。
自分でもこの性格(?)はちょっと気に入っていて、日本であれだけ偏執的に調べ上げておきながら、現地での変更を簡単にOKしてしまうのは、考え方によっちゃ「あの時間は無駄だったのでは!」と思うこともあるんだけど、むしろ「旅を仮想と現実で2回楽しめてオイシイ」みたいな感覚がある。
旅をしている最中で、日本にいて調べることの出来なかった様々な体験と遭遇することもあるしさ。そういうのを、その場その場で感じて楽しむのが、旅の醍醐味なんだと思うよ。
ただ、それでも「一切事前に調べないで行き当たりばったり」旅行をする気には全然ならない。それはそれで損してる気がするし笑

というわけで、そんな僕が海外を旅をする時に120%活用させてもらってるのがTrip Advisorなんだけど、これってやっぱりすごいサイトだよなぁ。日本の食べログよりもさらにすごいわ。
英語の口コミがトンデモナイ日本語に自動翻訳されて表示されるのだけは勘弁して欲しいけど笑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
帰国しました
ほんの一週間ばかり過ごしただけで、真っ黒に日焼けしてしまった。
さすが外国、日差しの強さが違うな(笑)
というわけで、無事に帰国してきました@nisaです。



実際に行ってみるとあっという間に終ってしまって、本当はもっと長く、出来れば日本の夏が終るくらいまでいたかったんだけど、さすがにそういうわけにも行かず。
気温と湿度が低いせいか、日中はずっと長袖でも快適に過ごせるくらいだったんだけど、そのおかげでうっかり日焼け止めを塗るのを忘れてしまい、正直引くくらい肌黒くなってしまった。
黒いっていうか、なんかボロボロ…美白が売りだったのに!
向こうではWi-fiの電波も繋がらないような山奥だったので、この一週間の日本の情報はほとんど知らないんだけれど、AKB関連以外の大きなニュースは何かあったのだろうか??
あ、サッカー日本代表の結果だけは何故か知ってます笑

東京に帰ってきて、気温や気候のことももちろんあるけれども、都会と自然の違い、人の多さの違いに一番戸惑う。
やっぱり人のいない大自然みたいな所が好きなのかな~?
車の音や電車の音、何百万人という人が生活し活動している「音」が、都会に戻ってくると段違いに大きくなって、それをストレスに感じている部分がある。
人によっては、それを「活気」であるとか「エネルギー」だと感じて、やっぱり田舎より都会がいいって話にもなるんだろうけど。それはそれでよく分かる。
僕の場合は、例えば標高3000mを超えて、人間はもちろん野生動物や植物も含めて段々と「生命の気配」が感じられなくなってくるような環境に来ると、なんかテンションが上がるというか、自分ひとりきりみたいな感動がある。
そういうところで実際に生活していないから言えるんだろうけどね笑
画像 169
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
今日から夏休み!
ここ何日か急に涼しくなって、まとまった雨も降ったりとなかなか季節のふり幅が大きい感じだ。
どうせなら暑い夏なんて来なくていいから、このぐらいの気候で一年中いってもらえないだろうか。ダメか。
今日は快晴なので週末のお出かけにはもってこい!




で、タイトル通り昨日5日に学期が終わり、晴れて今日から夏休みのスタートとなる。
あ、アメリカの話です(笑)
6月のこの時期から9月ごろまで夏休みってのは本当に羨ましいよな~。そもそも真夏は暑いし日差しも強いから、外に出かけたりするにはベストなシーズンではない。
気候的にもちょうど良くて、初夏にかけて新緑が鮮やかなこの時期が、自然やアウトドアに出かけるにはベストな季節だろう。
そういう時期に子供をアウトドアさせる(放し飼い?w)ところが、アメリカの教育の良いところだと思う。
そんなこともあって、これからは観光地なんかもどこも混んでるんだろうな。
去年もこの時期にブラジルに行く前にアメリカ経由で行ったけど、夏休みの雰囲気でいっぱいだった。
日本の学校はまだ2ヶ月近くあるもんね休みまで。。。
ま、週末たまには自然や緑のなかでのんびりするのもいいもんですよ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
雨の日のバラード
朝から一日まとまった雨が降るのは珍しいかもしれない。
会社や学校へ行かなきゃいけない人は大変だと思うけど(そういう人がほとんどだけど)、僕にとってはこういう日は気兼ねなく一日篭ってられるのでそんなに悪い気はしない。
これから梅雨だもんね。ジメジメした季節と戦うことになりますが、その頃僕はカラッと晴れた外国にいます(笑)




数日前のblogで5月のバラード曲はあまり良くなかった的なことを書いたけど、あらためてblogを書きながらiTunesで聞いてみると、結構いい曲かもしれないぞw
いや、「つぐない」や、バンドの時に書いた何曲かのバラードに比べればやはり手の込み具合と言うか、感動指数は下がるんだけれど、これをパパッと数日で作れるのは我ながらなかなかかもしれない。
バラードが得意ということは決してなくて、曲メロディを作る時間も変わらないし、歌詞は多少気を使うけどやはり数時間~半日くらいで1コーラス書いて、そのままパパッと自分で歌入れをしている。
そんな感じで、バラードだろうが、アップテンポだろうが、1~2日でしっかり完成までもっていけるんだけど、バラードに関しては作っている最中の「なんか物足りない感」があるのだ。
なんか違う、とでもいうのか。アレンジやノリのよさでカバー出来ない分、自分の歌のクオリティに気がそがれるのかもしれない。
作り終えてからしばらく時間をあけないと、曲のジャッジが出来ないんだよな。

今こうしてパソコンで(あるいはiPhoneで)聞いている分には、歌詞も歌もなかなかのもんだ。めちゃくちゃ良くはないけど、なかなか(笑)
作っている最中は奇声を挙げながら髪の毛をかきむしって、曲を作りながら口内炎まで作ってるようなストレスフルな状態だけど、あとから完成したものを聴くとやっぱりモチベーションが上がる。
よし、今日も頑張ろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
1ドル=130円が視野に入るとミュージシャンは正直しんどい
今日も一日暑くなりそうな気配をヒシヒシと感じるが、このまま夏へと突入していくのだろうか?
まだ6月なったばかりよ?AKB総選挙だってまだなのに?(よく知らないけどw)



最近ヒシヒシと感じているのが、通過が再び円安傾向に触れていることだ。
もうすぐ国外脱出するっていうのに、何てタイミングの悪いこと。笑
しかしこの流れはもう結構前から明白で、日本としてはインフレ政策をしてもっと物価を上昇させたいし、自動車産業のような日本の輸出・グローバル企業が円安によって大きく利益を伸ばすことになるから、基本的には円安大歓迎だ。
一方でアメリカも、リーマンショック以降続けてきたゼロ金利政策をやめてまもなく利上げに踏み切る。おそらくホントにあと数ヶ月以内だろう。そうするとドルの金利が上がり、未だにゼロ金利が続いている円よりもそっちを持っていたほうが得になるので、世界中の円を持っている人はそれを売ってドルに変えようとする。
これらのことから、1ドル130円くらいまでは年内にいってしまうだろうという風に言われている。

大体、数年前の円高の時は1ドル70円台というトンでもない円高だったのに、日常生活で感じるメリットはほぼ無かった。当時円高で生活物資が安くなったりはしてないし。
ところが最近為替が円安方向に振れると、食品だろうがPC部品だろうが、輸入しているものはどんどん値段が上がる。
ついでに国内で生産しているはずの乳製品とか油とか野菜とかも、やっぱり値段が上がっている。政府がインフレターゲットをしているせいもあるが。
僕みたいな自営業の場合、どっちにしても給料が上がったりするわけではないので正直キツイ。でも今年の夏のボーナスも上がってるところは上がってるて聞くし、やっぱり輸出系企業で働く人はホクホクなのかなあ。
とにかく、何を買うにも躊躇してしまう今日この頃。だって高いんだもん。
みんながそういう風になると、円安でどれほど輸出企業の見せ掛けの利益が上がろうとも内需が落ち込んでしまうので、結果的にはどうなることやら…?

今日のblog、音楽とは全く関係ないようで実は大いに関係がある。
今や音楽製作は99.9%パソコンで行われているので、PC部品やパーツの値上がりは正直デカいのだ。
加えて音楽機材やソフトだってほとんど海外製なので、個人輸入で買うにしても為替の影響はモロに受ける。
別に円安になったからってCDの売上やライブ動員が増えたりしないのに~。

ではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
5月の苦しみ バラード曲の難しさ
土日blogをお休みしている間に6月になってしまった!OMG!
さようなら、5月。こんにちは、6月。ということで。
今年ももう半分が来てしまいましたなー。




5月に書いた曲(歌有り)は5曲。今年始まって以来最も少ない曲数になってしまった。
しかも先週末の土日に血反吐を吐く頑張りでやったものの、案の定1曲こぼれてしまい実質完成したのは5曲以下…
その原因として、5月はまずGWに休みまくって、その間にケンや佑君と会って音楽や楽曲について色々語ったのが大きい。
そこから色々影響やインスピレーションを受けて、5月はバラード曲を書こう!と自分に勢い(に加えて縛り)をつけたものの、これがキッカケでスランプに陥ってしまい、まーまー作業が進まなくなる。
バラードというと、やはりメロディであったり、それを表現するための歌唱、そして何を歌うかの歌詞の部分まで含めて、ある種の「総力戦」で「良い曲」になるように仕上げなくてはならない。
「良い曲」というのは曖昧なので、この際シンプルに言えば「泣ける」曲であり、「感動する」曲だと言ってしまおう。
この辺のさじ加減は、自称バラードの名手(笑)として僕も良く分かっているんだけど、要するに曲を構成する全ての部分を抜かりなく「泣ける」方向に持っていかないといけないので、例えば美しいメロディがサクッと書けたとしても、そこに乗せる歌詞が「仮歌詞だから"I love you OK~♪"でいいか!」とはならないのである。
なんかこう書くと永ちゃんをディスってるみたいだな(笑)
つまり、デモや仮歌によくあるような「ラララ~♪」みたいな言葉のない歌唱にならないわけで、しかもそれなりに?歌詞も良い歌詞になるように考えないといけない。

で、仮に歌詞がどうにか書けたとしても、今度はそれをちゃんと上手く歌えるか、という問題がある。
つまり、歌そのものでも感動できる要素がないと、なかなかバラードの良い曲には聞こえない。歌手でもないのにそんなこと簡単に出来るか!
J-POP業界で僕が実際に聞いたことあるので「出川哲郎が熱唱しているような曲を書くな」という名言があるんだけど(笑)、言葉通りに想像してもらえば分かる通り、どんなにメロディが良くて、歌詞が良くても、歌で(バラードとしては)台無しになることはある。
だから、本当に良いバラードを書こうと思ったら、作曲や作詞の技術だけでなく、歌も上手くないとならんのよ…そんなの無理ゲーだろ…

さらにいうと、ここから曲を完成させる為のアレンジがあって、ミックスがあって(ま、これは大したハードルじゃないけど俺には)、やってバラードとして成立するのだ。
こうやって書くと、バラードじゃない普通の曲?アップテンポのやつとかは歌詞や歌が適当でもいいの?って感じがするが、手を抜いても良いというわけじゃなくて、ある程度「勢い」や「カッコ良さ」でカバー出来る部分があるのは事実だ。
つまり、歌がそこまでお上手じゃなくても、ギターやドラムが格好いいとか、曲のノリがいいとかでカバー出来る部分がある。
バラードとなると、基本的にはスローテンポだし、出来る限り歌そのものを前に出して聞かせるようなアレンジ、曲作りが名させれる。歌詞も当然「聞かせる」ものになる傾向が強いわけで、やっぱりバラードは難易度が高い。

ケンや佑が「nisaのバラードは良い!」とか言っておだてるもんだから、俺も調子に乗ってじゃあまた唸るような名曲書いちゃおうかな~!なんて意気込んでいたGWの頃だったが、半月以上苦しんで結果は思わしいものではなかった。
いや、一ヶ月でバラード5曲書いて、全部に歌詞書いて歌もレコーディングしてって結構スゴイと自分では思ってるんだけどねw
ただ、曲のクオリティというか完成度、自分の中での納得度は1月~4月に書いていたものとそれほど変わらない。
今月はこんなに苦しんだのに…というのが自分の中にはある。
やっぱり、バンドで作ったいくつかのバラード曲の方が全然良いと思うし、何ヶ月も掛かって苦しみぬいた末に書いた「つぐない」と比べても、ああいう「本当に良い曲だなぁ」みたいな感覚は、今月の曲にないというのが正直な印象だ。
この辺は結構クールに分析している。

今は自分の作詞、作曲、アレンジ、歌も含めて全ての技術を訓練して伸ばす時期だと思っているし、苦しみぬいた末の1曲よりも、毎日次々と新しい曲が書けることの方が大事だと思っているので、もう先月のようなやり方はしないつもり。
つまり、バラード曲縛りみたいなことはやめて、思いつくままにどんどん作る方向に戻す。例えそれで昔のようなバラード曲を全然書かなくなったとしても、そういう風に成長したということだろう。
5月にバラード曲縛りでスランプに陥ったことは決して無駄ではなく、4月までの曲作りとはまた違ったアプローチも考えられるようになったし、改めて歌や歌詞の重要性もよく分かったし(どっちも仮なのに…笑)、なによりどこに自分が苦労したり、行き詰ったりするかがよく分かった。
今日当たりはこぼれてしまった曲の続きをやらないといけないけど、6月は先月までとは違った新たな目標、モードで頑張りたいと思う。
ではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事