レット・イット・ゴー~ありのままで~を分析してみた
連休気分もそろそろ抜け出したい、5月第三週目がスタート!
職場や学校で、5月病がまっさかりになる時期ですな笑
暖房も冷房も必要ない、時期的にはとてもすごしやすい良い季節だと思うので、こういう時にダラけず集中して頑張りたいとおもうのだけれど、みなさんはどうだろうか。

昨日は母の日ということ、例年のごとく家族でお祝いをしてきた。プレゼント買ったりしてさ。
こういうのはみんなやっているんだろうか??それとも珍しいんだろうか??まー年に何日もあるわけじゃないし(ていうか年に1日しかないし)、他の日では迷惑や心配を掛けまくっているので、こういう日ぐらいは日ごろの感謝の気持ちを伝えてよいと思うんだけれど、単にイベント好きだっていうのもある。
母の日は、実際の母親だけでなくて、近所のおばあちゃん(他人)とかにもカーネーションを配ったりしているので、それなりに忙しいんだよな、毎年。

そんなこんなで、今月も残り20日ほど。
今月は久しぶりに「バラード曲」を書いてみようかと思っております。1日でバラードを書き上げて完成させるってやったことないし、どんなのが出来るのか全然分からないからちょっと楽しみ。
メロディが良い曲って、なんか時間掛けて作るみたいなイメージあるから、それを自分の中で壊したいのもある。
そういえば、去年流行った「Let It Go」なんかは、バラードなのだろうか??
メロディが良い曲なのは間違いないけど、劇中歌だし、間奏で変なセクション入るし笑、ああいう曲がヒットするのも珍しいといえば珍しい。
テンポはBPM137だから、決してスローではない。かといって、BPM148くらいがJPOPの平均になってきているので、少しゆったりした感じを受ける人も多いだろう。
レリゴーのキモは、曲の始まりがFマイナーから入りつつ、駆け上がり調のメロディを通してサビでA♭に転調することで、バーンと解放された感じになる所だ。
まぁこんなのはすぐ分析できるんだけどね笑。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト