16年で1300曲 つんく♂が語る曲作りのマル秘テクニックとは
4月半ばとは思えないような寒い日が続く東京。てかもう4月も折り返しか~早いな!
こんなお天気だとついついまだ3月初旬くらいの気持ちになってしまう。そう言ってる間にもう5月とか、恐ろしすぎる。

月末にやるべきノルマが山積してしまった2、3月の反省を生かして、今月は1ヶ月単位じゃなくて半月単位で目標を決めてやってるんだけど、そうすると案の定、今がいっぱいいっぱいで笑
でも心のどこかで「15日までに間に合わなくてもまだ今月半分残ってるしな。。。」的な甘えというか油断も生まれており、もっと厳格にセルフコントロールする必要がある。
そもそも、クリエイティブな作業というのは、「いついつまでに発表する、発売する」みたいな、明確な締め切りがあってこそ頑張れるもので、それがない状態でセルフコントロールのみでやろうとするとなかなか大変だ。完全に今の自分の状態だけど…。
一方で、そういう外部からの締め切りやノルマがなくても、自分のペースで着々とモノ作りできる人もいる。こういう人こそ真のクリエイターだよな。自分もそうありたいと思うけど、ある程度目標や期限を決めてやらないと、自然に曲が出来上がるなんてことはまず、ない。

「作詞や作曲、曲作りを上手くやるコツを教えてください」という質問に対して、つんく♂が語った曲つくりのコツ。

「今日は曲を書く日と決めたら、最低でも絶対1曲は書く」

「60点、70点の出来でもとりあえず最後まで書く」

「夜になったら(途中でも)寝る。翌朝になってから見返す」

それだけ。でも本当にその通りなんだよな~。
ん、意外とこれなら俺にも出来てるぞ笑。

今日、明日と自分を燃やし尽くして(でも燃え尽きたりはしないように)、曲作り頑張りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト