頭痛のタネ ~景気回復と家計はなぜリンクしないのか
毎日長時間パソコンの画面を見すぎているせいか、慢性的に目が疲れているというか、フラフラと軽い眩暈のような状態が続いている。要するに体調が良くない笑
でも、PC見ないと仕事にならんもんな~。結構前からこの問題には頭を悩ませていて、もちろん適度に休憩をとったり目を休ませてはいるんだけど、結局休憩中に本読んだりネットしたりするから休まってないんだよね。
ちょっとだけ寝るのも実際やってみると難しいしな~どうしよう。

一日中ずっと作業なので、あんまり国内のニュースも詳しくないのだけれど、日経平均がついに2万円に一瞬到達したとか。すごいな~日本の景気回復は本物やね。
1万8千円でトレンドが反落すると読んでた僕は完全にハズしてしまいました笑。
一方で、スーパーでは色んなものが値上がりもしてるし、自分の仕事量や給料が増えてるわけでは全くないので、生活しづらさを実感することはあっても景気の良さを実感することはあまりないのも事実。
アメリカも似たような状況だけど、不思議な話だよね~。
数字データとして確実に景気は良くなってて、みんなが仕事や給料や資産を増やしているはずの状況なんだけど、そういう感覚は自分にも、自分の周りにもないっていうのは。
大企業で努めていたりすると違うもんなのかな??
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト