音楽製作の大敵「考えすぎ」と「完璧主義」←わかる
髪を切ったのになかなか製作が進まない。やはりスランプなのか笑。

考えすぎと完ぺき主義、この二つが一番良くない原因であるのは自分でもよく分かっている。
考えているヒマがあったら、まず行動するべきだ。カタチに残すべきだ。完璧主義が頭をもたげて、一向に先に進まないってのは一番良くない。
若い頃と違って、音楽製作ってのは質より量、スピードだと今は思ってる。
誤解を恐れずに言えば、クオリティなんかよりも作品の数や、それを一つ仕上げるまでのスピードの方がずっと大事だ。
何故かというと、もうこの年齢になってくると何をどう作ったって「どうしようもなくクオリティが低い」ものなんて、逆に作れない。
音を選んで、適当にポチポチやってる時点で、無意識にバランスを取ったりカッコよく聞こえるような音作りをしてるから、そういうのが破綻したヘンテコリンなものにはならないのだ。

Youtubeやニコ動、さらにSoundCloudとかMuzieあたりまで掘って聞き始めると、アマチュアや素人の人が作った音楽を沢山聴くことが出来るけど、どうやったらこうなるの?という楽曲が多い(というかほとんど)。
あのクオリティは、逆に自分では作れない。どんなに適当にやっても、真剣にやっても。その違いはなんだろう?
多分、何にも考えないでテキトーにやってるつもりでも、無意識で「誰かに聴いてもらうこと」や「世の中に流れた時の感じ」を想定して作業してるから、やはりそこから大きく外れたものにはなりにくいんだろうな。
別にアバンギャルドなものがやりたいわけではないけど笑、よくその違いについて考えたりする。さすがにメジャーで発売されるCDでそれは滅多にないが、インディーズとか同人だとそれが逆に魅力だったりもするのかね。
と、また考えすぎっぽくなってしまった笑

昨日は春先のように暖かかったけど、今日からはまた寒い冬に逆戻り。日差しが出ているうちにジョギングでも行ってこよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト