今年こそ!英語を上達させるコツと勉強法 TOEIC編
去年の話になってしまうが、年末に初めてTOEICテストを受けてみた。
英語のテストとしては英検をしのぐぐらいメジャーになりつつあるので知っている人も多いと思うけど、実際に受けるのは僕も人生初。
このTOEICというテスト、リスニング(聞き取り)テストが45分で495点満点、リーディング(文章読解)テストが75分で495点満点、合わせて2時間を休憩なしでやって990点満点となる。
時間に対して問題の量がハンパではないので、普段から英語を使っているような英語力のある人、あるいはネイティブでも、全くの予習なしに受けると散々な結果になる、と事前に聞いていたので、僕も去年の8月頃から本格的にテスト勉強しはじめて、およそ4ヶ月で初のTOEIC挑戦となった。




で、一ヶ月経って昨日やっと結果が返ってきたので、感想だの勉強方法だのごちゃごちゃ言う前にまずは男らしくテスト結果を公表しよう。もちろんここで世界初公開となる(笑)。

__ 3
微妙…

いや、微妙ではなくて自分的にはダメだったと言った方がいいな。目標としては900点以上を目指して勉強していたわけで、最低でも880点は取れると思っていたのに…

TOEICは英検と違って「合格・不合格」ではないスコア制だ。990点満点をとれば一応終わりということになるんだろうけど、そこまでやるのは英語力うんぬんというより単なるTOEICマニアにならないと無理。あと運もある。
多分400点~750点くらいまでが正確に「英語力」を計る物差しになるんだろうなという感じがした。なので、あんまりこれで自分の英語力がどうなのか?正直よく分からない。それじゃ受けた意味ないと思うんだけど(笑)。

いくら初受験とはいえ、このぐらいの点数を晒すのは結構恥ずかしいのだが、これを発奮材料として今年も継続的に英語の勉強を頑張る!でもって、年末にもう一回ぐらい受けてみようかな。ちょうど一年後に受けると受験料も割引されるし。

これが950点以上だったら堂々と「俺がTOEIC勉強法を教えるZE!」みたいに書けるんだけど、実際この点数だとまだまだ改善の余地がありまくりなのでアドバイスとか出来ません…笑
簡単に言うと、TOEICのリーディングセクションはその為に対策して勉強しないとなかなか点数が出ない。一方でリスニングは普段英語を聞いたり話たりしてればさほど勉強しなくてもそこそこ点は取れる。僕のスコアがまさにそんな感じだ。
英文を早く読んで、即座におおまかに理解する。分からない単語とかは当然あるのでそういうのは流しても、全体として何が書かれているか、そしてその後にくる質問・設問の意図を把握する、という感じだろうか。

まー他にも色々やりかたはあるんだけど、このblogでそれを書いても需要なさそうなのでやめる(笑)
今日も頑張るぞー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト