残り2年であなたは何が出来るだろうか?~米中間選挙を終えたオバマ君の場合~
朝イチで起きてすぐblogを書くのはいいんだけど、その際につい無意識にYahoo!JAPANにいちいちアクセスしてヤフトピからblogネタを探そうとするのをなんとかしたみがすごい(日本語)。インターネットオプション使って制限付きサイトに設定しちゃうという方法もあるのだが、そこまでしないといけないか俺は(笑)

アメリカ中間選挙の結果は注目こそされていたけど、大方の予想通り共和党が上院下院ともに勝って、オバマ大統領の民主党はより苦境のなかで残り2年間の政権運営をしなくてはならない。議会でいうところの「野党」の人がその国のトップ=大統領になるというのは日本の政治システムからみると随分不思議に見えるけれど、アメリカって大体いつもこんな感じだよね。

2年前にアメリカ国民の信任を得て再び大統領に再選したわけだから、支持率が下がってきているとはいえそこまでダメだとも思わないんだよね。僕はオバマ大統領のこと、好きです。好き嫌いで語っちゃいけないのかもしれないけど笑。ISISに対しても、エボラに対してもちゃんとリーダーシップを発揮してよくやってると思うし。日本の安倍総理は国民の信任を得て選ばれてるわけじゃないけど、これも今のところはよくやってると思う。

ちゃんとした議会制民主主義があって、国民の投票によって選ばれた人がその国の政治や経済の舵取りをやっていく、問いう国は日本も含めていくつもあるけれど、意外とその数は多くない。すぐお隣の中国だって民主主義ではないし、北朝鮮なんかはもうお話にならない。アジアから中東、アフリカ、そして中南米にも民主主義じゃない国は山のようにあって、そういうのを知る度に日本のような国の方がむしろ珍しいのかとも思える。

自分の国の文化やシステム、社会が当たり前のものだと思っていると、世界が狭まるような気がするから、出来るだけ視野を広く、いろんな文化や国のありかたについて知っておきたいと思う。こういうところは、我ながら大学で社会学の勉強をしていただけあるなぁとたまに思う(笑)。そういうのが好きなんだろうねきっと。実は佑くんも俺と同じ学部の後輩なんだけど、彼もそういうところがあるのだろうか??今度聞いてみようっと。

ではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト