消費税が10%に上がると、あなたの暮らしはどうなってしまう?
久々にblogで書きたいことが溜まっているんだけど、書く時間がないよね、という現状。あくまで30分ぐらいでさらっと面白い小話を披露するのがこのblogの魅力なんだけど(笑)、僕にはそこまでの文才がないから、サラッと書いても面白みに欠けるし、本気で書くと1時間半くらいは掛かってしまう。一日24時間しかないのにblog書きに1時間半て!俺はプロブロガーか!

なので、昨日は僕が世界で一番愛している「アッキー」と会って、そのネタについて喋り倒してきました。あー楽しかった。とはいえ1時間くらいしかいなかったけど。彼も忙しいのだ。誰にとっても時間は平等に、有限で、一日24時間しかない。今年はあと60日しかないし、一年の割合でいえばあと16.4%くらいしかない。残りの83.6%はどこに消えてしまったんだ!笑

ノーベル賞経済学者クルーグマン 「日本経済は消費税10%で完全に終わります」

一ヶ月以上も前の記事だが全然気付かなかったのでシェア。かなり扇情的なタイトルだし、その割りに内容はちょっと飛躍があるかな、という気もするのだけれど、クルーグマンがそこまで言うなら論理としては筋が通っているのだろう。なにせこの人、論文や著作を読むと分かるけどめっちゃんこ頭が良い。頭が良いからって正しいことを言うわけじゃないが(笑)、少なくともすごく頭の良い人だと思う。こういう人が日本経済やアベノミクスについて注目しているのは、悪いことじゃない。



では、良い連休を!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト