上手なブログの書き方について考えてみたんだが
Blogに書くネタ探しに困って、ついYahooジャパンとか見ちゃったりするんだけど、つい無駄な釣りリンクとか踏んじゃって記事読んだりコメント読んだりして、本当に良くない時間の使い方だよねこれ笑。




どんなことを書けば、ブログを読んでもらえるのだろうか。
どういう風に書けば、読んでくれた人に面白いとか役に立ったとか、読んで「得した」と思ってもらえるのだろうか。
もう何年もblogを書き続けて、めちゃめちゃ書いてた時期も全然書かなかった時期もあるけれども、ある程度の期間をこの作業に費やしてきた結果思うところは、いまだにそういう悩みや疑問を解決出来ていないということだ。

ブログってのは、いわゆる日記や毎日の生活について綴った「LifeLog」なのか、それとも日々の生活とは無関係の個々に独立した「Archive」なのか。それは書き手の考え方や価値観によると思うんだけど、僕のこのblogはそのどちらとしても機能していないような気がしていて、日記というほど自分の日常を細かく綴ってはいないし、記事というほどタメになることも書いてないし、今後これをどういう方向性や価値観を持たせて続けていくのか、そろそろちゃんと考えなくてはいけないような気がする。

本当は後者として機能させたいんだけど、その為にはいろいろな旬のネタや話題を取り上げて、それについて刺激的なキーワードと流麗な文章で書き続けなければならない。そんなの無理!とひるんでしまいそうになるが、頑張ってそういうことを続けている人は結構いる。プロ・ブロガーとか呼ばれている人たちだ。で、そういう人たちのブログを読んだりもするんだけど、人として凄いな、努力してるなって思うことはあっても、読むと面白くてタメになる!と感じたことはあまりないような気がする。

誰かこのブログ面白いよ!タメになるよ!ってのがあれば本気で教えてください。笑


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト