空想家具
昨日あたりから都内も少しづつ人が減ってきている感じがする。まだお仕事の人も多いと思うが、電車の中とか街の様子とか、日々目にする風景でそんな風に感じるようになると、お盆で実家や故郷に帰っているのかなぁと空想したりする。

人間ヒマな時間が増えるといろいろなことを始めるもんだけど笑、最近の僕の場合、家具を作るのって面白そうだなぁと。というのも、自分の部屋を自分の思い描く感じにレイアウトしたいと思ったときに、それにちょうどフィットする家具を探すのって本当に大変で。ネットでカタログみて決められる分、昔よりは遥かに簡単なんだろうけど、それでもなかなか、見つからなくて考えたり妥協したりでうーん。

それならいっそのこと、自分で寸法図って設計して材料買って組み立てた方が早いんじゃないかと。実際そんな風にしている知り合いも結構いるし。大抵みんな大工さんだったりするけど笑。確かに手間や時間はずっと掛かると思うが、自分の思い描くもののモノづくりに対する欲求というか、やってみたい気持ちってやっぱりあるんだろうな。音楽とかも似たような感じすごくある。

そもそもお部屋とかインテリアって、男女年齢関係なく楽しめるネタの一つだと思う。家なんて寝るだけなんだから…っていう人もいるだろうが、それなら「寝るだけ」っていう所の機能美に特化した超シンプルな部屋を考えるのも面白いと思うし。そういうその人の個性や生き方、価値観を割りとダイレクトに反映するのが家具やインテリア、部屋の装飾だったりする。人の家に行ってあれこれ見るのって楽しくない?笑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト