七つの習慣(ってなに?)
昨日の夜から体調があまり良くない。今朝になっても変わらずだ。うーむ夏風邪か?クーラーの効いた部屋で油断してるとすぐこんな感じになるし、かと言ってクーラー止めたら暑くて死にそうになるし、一体どうすればいいんだ日本の夏!笑

スティーブン・R・コヴィーの大ベストセラー「七つの習慣」って本があるが、実はまだ読んだことがない。「習慣」については自分もその大切さをよく知っているし、内容的にも読んだほうがいいんだろうな~と思うのだが、あそこまでメジャーな本って「今さら」って感じがどうしてもあって、躊躇してしまう。村上春樹なんかもそうだけど。出た時や話題になってる時に読まないと後で読みづらいものってあるよね。マンガとか映画でもあるよね。CDではあんまりないか?

いやしかし、それはその本のせいではないし、書いた作者のせいでもない。勝手にベストセラーになって、巷で流行ったからって、ブームが過ぎれば読む価値がないってことはないのだ。たまにそういう本もあるけど笑。だからamazonでポチッと買って今週読もう。うむ。

今ふと思ったのは、本屋さんで働く人は年間どのくらいの本やマンガを読むのだろうか?レンタルショップで働く人はどのくらいの映画DVDや音楽CDを見たり聴いたりするのだろうか。僕はどちらも相当な量をやってるけども、やはり専門の人はそれ以上なのか??まーいくら働いているとはいえお店の商品をタダでお家に持って帰るわけにはいかないし…でもああいうお店で働くってことは、相当好きなんだよね?うーん気になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト