ポータルを変えると自分が変わる(導入編)
4月に入って桜も満開!今日の東京は雨ですが、今週末くらいまでだと思うのでみなさんお花見行きましょー!





最近すごく重要なことに気付いたので書く。
普段パソコンでインターネットを見ているブラウザ、俺はChromeなんですが、IEでもFirefoxでもいいんだけど、そのブラウザのホーム画面をどこのサイトにするか、というのはとても重要なのではないか。

恐らくほとんどの日本人が「Yahoo! JAPAN」をホーム画面にしているのではないかと思う。特に根拠はないのだけど笑、俺も現にブラウザを立ち上げた時のホーム画面はYahooジャパンにしていたし、他の人のパソコンの画面も大抵そうだ。たまーにGoogleの検索画面をホームにしている人もいる。あとさらに極まれにMSNとかinfoseekとかExciteとかGooとか、Yahoo以外のポータルサイトをホーム画面にしている人もいる(100人に1人くらい?)。なんとなくの肌感覚として、100人中90人以上はYahooをホーム画面にしてると思うのです。

で、Yahoo JAPANといえばおなじみのYahooトピックス通称ヤフトピ、画面の中央にドンとでる8項目の「ニュース」と呼ばれるリンクと、横並びのタブで経済エンタメスポーツその他と出るアレがあるじゃないですか。あれをまず見て、8つの中にちょっと興味が惹かれるもの、今日の政治や国内の経済ニュース、あるいはスポーツ、芸能なんかのトピックをクリックしてチェックする(リンク先の記事を見る)人が多いと思うんですよね。俺もそうだった。




でもこれ、本っっっ当に人生の無駄使い、時間の浪費だと思うんですよ実際!




というのも、ヤフトピに載るようなニュースで、一応知っておいた方がよい、重要性のあるニュースというのは一番上の一つか、せいぜい二つめくらいまでなんですよ。残りのヤフトピは、ほとんど人にとって知らなくても困らない情報で、地域の細かいニュースやスポーツ、芸能ネタなんてのはそれに興味がある人が読めばいいもの。けれどもヤフトピの困ったところは、その時に並ぶ8つの項目を「現在知っておくべき重要な8つのニュース(トピック)」みたいな感じで並列に載せてるとこなんですよね。

トピックの一番上に来るようなニュースは、テレビでも新聞でもちゃんと取り扱ってるし、Yahooで見なくても普通は耳に入ってきます。というかヤフトピの上にある記事ってほぼ3大新聞かNHKからの転載なんで、Yahoo自身が発信している情報ではない。にも関わらず日本中の多くの人が、ニュースをチェックする最初の手段としてヤフトピに目を通す習慣を近年つけているので、あそこに載っているトピックが今日本で起きている重要なニュースのように感じてしまう。果たして本当にそうなんだろうか?

そもそも、思わずクリックしてしまうトピックの多くは一番上じゃなくて下の4つ、すなわちスポーツや芸能やネット上のどうでもいいニュースなんですよね。俺もそうだったし(笑)。でもそこから何を得ているのか、Yahooにしかない貴重な情報や有益なニュースってあるのか?って考えると、ほとんどない気がして。先週や先月、目を通したヤフトピのニュースなんて全く記憶に残ってないしさ。

ならクリックしなけりゃいいって話なんですけど、一度これを検証するべく、ブラウザ計測アプリを使って自分が月にどれ位Yahoo JAPANの画面を見ているか、測ってみたんですよ。するとまぁ結構な時間Yahoo JAPANのサイトを見ている(滞在している)ことが分かる。インターネットする時に、まず最初にYahooの画面を見る、そしてトピックをチェックして、興味があるもの(それほどないものでも)を何となくクリックして、リンク先の記事を読む。この行為を無意識のうちに結構やってて、それなりに時間を使ってるんですよね。

知人にYahooで働いてる人間がいるんだけど、Yahooだけでなくポータルサイトを運営する仕事ってのはいかに自分のサイト内のリンクをクリックさせて、サイト内に長く滞在させるか、に全てを賭けて研究や技術を磨いている。東大とか出た頭の良い人達がそれだけに集中して仕掛けやサイトの構造を考えてるので、彼らの術中にまんまとハマッてるとも言える。Yahooの検索自体はGoogleを使用しているのに、実感として多くの日本人はYahoo JAPANを毎日ニュースサイトとして使っているような感覚があるわけです。これは結構すごい。

で、とにかく何が言いたいかというと、Yahoo JAPANを見ない、使わない生活をしたらどうなるだろう?って事でやってみたら、ものすごく人生良い方向に向かいそうな感じがしているのですが(笑)、大分記事が長くなってしまったのでその実践辺についてはまた後日。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト