時間よとまれ
最近面白いアプリをタブレットに入れて使っているのですが、Timenoteといういわゆる時間管理系のやつで、画面からタップして自分のやっている行動を図るストップウォッチみたいなやつです。ヒドイ説明だな(笑)

自分で一日の活動に関する項目を作って、例えば「睡眠」「食事」「仕事」みたいな基本的なやつから「blogを書く」とか「筋トレをする」みたいな自分オリジナルの項目を何個でも自由に作れるんだけど、実際にその項目をやり始める時にスマホの画面をポチっとタップして、終ったらまたタップする(あるいは別の項目に写る場合はそっちを押してもよい)。そうすると、一日の終わりに自分が何を、何分間やっていたかが全部データとして残っていて、グラフや統計として可視化出来るのです。

このアプリが面白いのは、それぞれの項目ごとに自由に「目標時間」を設定できることで、例えば「blogを書く」項目に一日30分の目標時間を設定したとすると、それをやらないとその項目が赤字でマイナス30分、みたいに表示されて、自分の設定した目標時間に達していませんよ、と教えてくれる機能がある。しかもそのデータは一日単位だけじゃなくて、一週間、一ヶ月、一年でも表示されるので、毎日30分blogを書くと決めて一日サボったりすると、次の日にはマイナス1時間足りません!と表示されるわけです。結構シビア笑

前から時間管理にはすごく興味があって、evernoteに一日の行動記録を残してたりもしたんだけど、さすがに「○時○分から○分までblog書き、その後○分間筋トレをやって…」みたいにいちいち自分で書くのが極めて面倒で、半年くらいしか続かなかった。今回のアプリはそれをほぼタップ一発で、1分単位から正確に記録してくれるのでかなりいい感じです。




そうやって、自分の一日を分刻みで可視化出来るようになると、いろんな事が見えてきますよね。意外と休憩多いな、とか(笑)。行動の項目を細かく分けてその度にタップした方が良いのか、ざっくりに大まかにした方がいいのかちょっとまだ悩み気味ですが、例えば僕の場合だと「ピアノ練習」「ミックス作業」「アレンジ、打ち込み」「機材の修理、メンテ」とか、どれも全く違う行動だけど、ざっくり「音楽」とか「仕事」なんてしちゃうべきなのか、とか。あんまり細かく分けると、いちいちタップするのも大変だし。

最初、blogを書くという項目も作ったんだけど、やっぱりblog書かない日もあるんで笑、大まかに「書き物、アウトプット」という風に設定して、blogだけじゃなくてメールを書くときとか、自分の日記(手書き)を書くときの時間としてまとめたりしました。今もその時間内でアプリが一分一秒を記録してくれています。毎日30分でも目標値として設定すれば、blogの更新ももっと頻繁になるよーな気がするんだけどねーどうだろう。

なんでこんな面倒なことしてるかというと、やっぱり時間はなによりも大切だと思うのと、そうやって自分自身をコントロールすることの重要性を前にも増して感じてるからなんですよね。あれがしたい、こうなりたいと、頭の中では誰もが考えたり想像したりすると思うんですけど、実際にそれを叶えたり手にしたりするには、行動するしかないんだよ。行動せずに、頭の中で考えるだけで望むものが手に入ることはない。もちろん、頭の中で強く考えたり願ったりすることはすごく大事だけど。その行動を促すツールをいろいろ模索しているところです。

経験上、何時から何時まで○○する、とかって決めるのは続かないし苦手だから、アプリちゃんに勝手に記録だけしてもらって、あとでそのデータを見ながら自分で今後の戦略?を考えたり反省会したりって方が僕の性格的にもあってるのかもしれません。まーレコーディングダイエットとかも全く同じだよね。一時期流行ったけど。ダイエットやお金を貯める(家計簿)ことにこういう記録ツールを使う人は多いと思いますが、「時間」を活用するにもこういうのはいいかもしれませんよ。

いやーしかし本当に便利な世の中になったよな!


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト