貯めれば減らない 減らなきゃ増えない お金の話
・冬のボーナス使い道トップは「貯蓄」 49・1%が
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111225-00000410-yom-bus_all


んまぁそうだよな、というひどく当たり前の記事。だが、みんなそうするとなると
なかなか大変だよこの先、と感じさせるわな。
こういう調査データって、「悪いニュース」と意識して出されてるんだろうか?





僕はもう何年もボーナスも月給も貰っていないので(以前には一応ある)、
正直な所ボーナスの使い道、といわれても全然イメージ出来ない。
お給料の何か月分くらいが平均なの??出ない会社もあるよね??
上のデータからすれば、今年の冬ボーナスは4人に2人が貯金して、
あと一人は「ローンや借金の返済」(27.6%)、
最後の一人が「日ごろの生活費の穴埋め」(23.9%)
って、100%超えてるやん(笑)複数回答なんだろうが…
いずれにしても、販売業やサービス業はかなりの打撃だわな。
日本に住んでて、会社に勤めている普通の人に向けてモノを作って
売ったり、サービスを提供している職種の人からすれば大変だ。
あるいは、もう「ボーナス」を貰う層はそうしたメーカー、企業の
マーケティング対象とはなっていないとか?
高齢者マーケティングとか、十代・学生マーケティングなんて分野も
当然日本に存在しているが、そもそもその年齢層の人が就労している人よりも
購買のパイが大きいってのは、不思議な話だよ。






近いうちに確実に来るだろう「増税」「電気料金値上げ」「年金問題」等々、
色々考えれば貯金して当然だと思うよ。何度も言うけど、貯金するのが
間違っているとは全く思わない。
ただ、日本国内で銀行やらなにやらに貯金するってのは、結局その
銀行が日本国債を買う原資となっているだけで、将来的にはそれが
不良債権化するリスクがあるんだけどね。
本当に「貯まっている、貯めている」といえるかは疑問が残る。
てかてか、ボーナス使い道トップが「貯蓄」っていうのは
要するに使ってないわけで、「使い道」じゃないよねぇ。
冬のボーナス、どんな風に使いますか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト