老いないカラダと折れない心 ときどき弱音
汗だくになってパンチを打ち続けていると、一体自分はなんでこんな事を
お金(会員費)を払ってまで必死にやってるんだろう?と思う事がある。
言うまでもなく、今日もそんな夜のジム通いだったんだけど、
帰り道吹きすさぶ寒風に吹かれながら、自転車ヨロヨロこぎながら
自宅に帰る時の気持ちは、やはりなんだか達成感がある。
ヤミツキになっているわけではない。やってる時はホントきつい。
というわけで、スポーツ選手ではなく、割とハード目にスポーツしてる
素人(?)の人なら大抵分かるこの感情をちょっと考えてみた。







どんな仕事でも今は大抵そうだけど、デスクに座って、PCやその他
帳簿、資料etc.と向き合う仕事をしていれば、必ずといっていいほど
「運動不足」になると思う。これはもうホント、しょうがない。
営業で外回りがあって、となっても、やっぱり移動は車や電車だし、
意識して階段上り下りとか、自転車通勤とかしないとやっぱり
適度な運動量にはまだ足りないはず。俺みたいな割と暇な人でも
自転車通勤したり、軽くジョギングしたりくらいじゃ全然運動にならない。






で、まぁカラダの各所のお肉がたるんできて、ダイエットしなきゃ的な話に
なりやすいんだが、個人的にダイエット(減量)よりもずっと大事だなと
思うのは、運動する事で筋肉の偏りや凝り、痛みの蓄積を減らす事と
結果としてそれが体力低下、そして老化という人間なら誰しも避けられない
道をちょっとでも遅らせる(?)事が出来るんじゃないか、という事。
歳をとって、カラダの各所が以前とは変化してくる。疲れやすくなったり、
無理がきかなくなったり、あからさまに衰えを感じるようになる。
その時に「あぁ、自分も歳をとったなぁ」と思うのだが、俺はこれを
今ここで、はっきりと否定したい。

「歳をとる=衰える、老いる」わけではない。


はっきり言って、カラダが衰えたり老いたりするのは年齢よりも
運動量とその効率性、やり方なんじゃないかと思うわけよ。






というのも、ジム行くと分かるんだが、めちゃめちゃ綺麗な筋肉してて
動きも軽快そのもの、肌なんかも衰えを感じない50代、60代の人が
ごろごろいるんだわ。一方で、ジム入りたてなんかだと、20代、30代でも
いかにも運動量足りてない感じの人は、やっぱり老けて見える。
まぁその50代、60代の人は相当ハードにやってると思うけど、それにしても
やっぱり老いや衰えってのは、実際の年齢じゃないなと強く思う。
いや、見た目は老いるよ。そりゃやっぱり。ある程度は年齢と比例して。
ただ、それさえもボトックス、ポラリス、ヒアルロン酸と糸目を付けずに
打ちまくれば、かなりカバーできる世の中だ。
もとい、俺が言いたいのは外見じゃなくて、カラダそのものの老いや
そこから来る様々な不調、病気、体力低下なんていうのは、
実年齢じゃなく、やってきた運動量の方が関係するんじゃないかと思うわけ。







俺の中にきっと強烈にあるのは、「老いたくない」という願望、意思。
いや、見た目は老いるよ。何度も言うけど(笑)
じゃなくて、動きが鈍くなったとか、筋肉がつかないとか(体重は関係ない)、
ちょっと動いたらはぁはぁしちゃう、てのが嫌なんだろうな。
永遠に、二十歳ぐらいのままの体力、筋力でいたい。病気もしないで。
そんなに難しいことじゃないんだよ。やる事をやり続ければ。
別にハタチのころだって、トップアスリートだったわけじゃないんだから!
その頃くらいの、健康なカラダ。多少の無理も利いて、頑丈な、
強い身体でずっといたい、って事。
俺だって今の体重から5kg痩せる!とかなると相当無理だけど、
そういう減肥(中国語でダイエット)じゃなくて、鏡に映る自分の身体が
カッコよく、引き締まって健康そうであればいいわけ。
そういうのって、精神面にも結構影響あるよ。自信になると思うし。
「病は気から」だから、私って健康的!て胸張って言えるようなら、
なかなか病気にもならないと思うんだけど、どうだろうか。







というわけで、やっぱりやると気持ちいいですよ、ハードな運動。
やってる時はそーとーツライけど(笑)
飲み会や忘年会で、飲んで美味しい物食べたなぁ~と思ったら、
ちょいと腹筋150回とかやってみたら、どうでしょか。
シャドー60分とか。
天国見れるで☆
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



2011年 10のニュース 忘年会にて
先週末辺りがピークだったのかもしれないが、まだまだ忘年会シーズン。
毎年忘年会らしい忘年会はことごとく断ってきた(だって呑まないし)
俺ですが、先日ちろっとだけ顔出してきましたよ。





僕が顔を出すような(出さなきゃいけないような)忘年会は、割と年配の方
中心なので、大勢でワーっとやるよりも少人数でしんみりと、と言う感じですが
みんななかなかに今年は大変だったよね、というのが大筋の所。
特に福島、宮城や東北出身の人で東京にいる人は、多くは語れないような
苦労、あるいは身近な所で震災の犠牲になった人がいたり、
また農業、畜産業をやっている人は、それこそ来年もどうなるか全く
分からないような状況なので、「忘年」という気にはなれないと思う。
そういう話を、おじさんやお爺さん達と飲みながらしてきた。
僕みたいな若造が、どうこう口を出すわけもなく、ただただ聞き役で。






それにしても今年はさぁ、本当に大変な一年だよね。
今日の金正日死亡のニュース…、本当に驚いたけれども、

ビンラディン、カダフィ、金正日が同じ年に


死んでしまう(殺されてしまう)なんて、誰が予想できただろうか。
これだけで信じられないくらい偶然の重なりだと思う。
それからもちろん、世界的規模の大きな天災、災害もあった。
良いニュースも沢山あった、悪いニュースも沢山あった。
そういってしまうと、毎年そうだよ、とまとめられそうになるが、
今年は違うよ。絶対に違う、と俺個人は思ってる。
そろそろ2011年○大ニュース的な話題が出てくると思うが、
とりいそぎアメリカAP通信が発表したのは以下の通り。

1位 ビンラディン殺害
2位 日本の大震災・原発事故
3位 アラブの春
4位 欧州財政危機
5位 アメリカ経済デフォルト危機
6位 ペンシルベニア州立大フットボール部元コーチによる性的虐待
7位 カダフィ政権崩壊
8位 財政赤字削減をめぐる米議会の与野党対立
9位 ウォール街を占拠デモ
10位 アリゾナ州での銃乱射事件

詳しく知らない項目が結構あるな…6位とか…
やはり国によって随分感覚も違うものだねぇ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
速報 金正日死亡報道 本当か?
うぉぉぉ金正日が死んだの!?今速報でやってるけど。
びっくり。
なんか一つ時代が終わったというか、変わった気がするな。
まだちょっと、どういうことなのか良く分からん。。。
NHKの横尾さんもテンぱってる(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事