リペアーリペアー
先月くらいからなんだけれど、ここの所手持ちのスタジオ機材が故障しまくりで
もう大変なのです。死にそう。。。
Mixやレコーディングをする為の機材が、もう壊れては直し、の繰り返しで
俺は一体なんの仕事をしているのか??という感じ。





電気や機械の知識なんて全然無いんだけど、とりあえず壊れた物は直さなきゃ
いけないので、中を開けて回路を見ながらパーツを交換したり
配線を繋ぎ直してみたり。こんなんで結構直ったりするから驚きだ。
どーしても自分では無理の場合、最後はプロの修理屋さんにお願いする事に
なるんだけど、まぁ時間もお金も掛かるので出来るだけ自分で何とかしてる。
ただどうもここ最近は引きが悪い、というか立て続けにトラブルがあって
しまって、今や要修理の使えない機材が○百万円分くらいあって泣きそう。





どうしても、良い機材や他では得がたいキャラクターを持った機材を揃えると
20年やら30年やら前の、いわゆる「ヴィンテージ」と言われる物が多くなるけど
それらは同時に今のパーツでは直せない、あるいは直す為の情報がないという
リスクもあって、正直その辺のバランスも考えないといけないかもしれない。
音がイイのが良いに決まっているが、実際壊れたりするとメッチャ凹む(笑)
なので、耐久性やリペアの問題を考えると、段々と古い機材ではなくて
最近のものになっていくのかもしれないな…。
真空管とかはやっぱり、なかなかこの先揃えるのも大変だろうし。。





僕が本当に信頼しているリペアの人は日本に数人しかいないので、やっぱり
そういうプロの人達が持っている知識や、技術は本当に希少で凄いと思う。
で、そういう人には大抵修理の依頼が殺到しているので、なかなか時間が
掛かるのが悩みの種なのです。今やってる製作をとりあえず数ヶ月中断する
というわけにもいかないしね。で、修理に出している間は別の機材で代用
するんだけど、そもそも代用出来るならその機材でなくてもいいのでは?
と思ったりして。いやー悩ましい。
てか、もうちょっと真面目に物理と電気工学の勉強しようかな。
そうすりゃ自分でもっと直せるようになるだろうし…
と、ますます自分の方向性が分からなくなってきてる今日この頃。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト