大きな波紋 この業界にある閉塞感
来月も頑張るとか良いながらもう10月もつき半ば。



知っている人も多いと思うけど、先週ワーナーミュージックの社長である吉田敬さんが亡くなった。死因は自殺でした。

このことが日本の音楽業界、特にレーベル関係者に与えた衝撃はかなりの物だと思います。僕はもちろん吉田さんと個人的に知り合いではないけれど、今も本当に強いショックを受けています。

一体何故…?そんな言葉しか出ない。

自殺にいたる本当の理由は、ご本人以外誰にも分からないけれど、精神的な悩みで病院にも通っていたとの事だから、ご遺族の方の心中をお察しするしかないです。本当にご冥福をお祈りいたします。



奇しくもちょうど一年前に、加藤和彦さんが自殺で亡くなった事を思い出す。

単純に不況、とか、CDが売れない、という事ではなくて、もっと大きな閉塞感がこの業界には広がっているのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト