Obon
世間の流れに逆らわず、お盆休みと言う事でこの週末は
久しぶりに実家に帰っておりました。
といっても、都内→都内の移動。しかも家には俺以外誰もいない(笑)
しょーがないから猫と過ごしましたよ。
これから一週間くらいは東京も空いているよねー。





今日は突如大雨が降ったり、地震が起きたり、日中はくらくらするような
湿気と蒸し暑さだったりして、東京も大変な事になっていたのですが、
流石に家族もいない盆の実家にいてもすることがなく、
思いっきり家の掃除をしてました。
自分の住んでいる所の掃除をするのも好きなんだけど、
自分の住んでいないところ、すなわち人んちを掃除するのが
この上なく好きなのです(笑)。なんつーか気兼ねなくやれるし。
個人的に思うのは、自分の家がどれくらい散らかっているか、
整理整頓されていないかって言うのは、なかなか住んでる本人には
分からない物で、お客さんの方がそういう所気になったりするでしょ。
多分慣れとか、生活の中で使い勝手を優先した結果そうなってしまう事も
あるとは思うんだけれど、第三者的な視点で見ると
ここが整理できる、片付けられるよな、というのは結構ある。
そういうのをクリアしていく感じが、僕は好きなのです。




あと、もともとリサイクルとかリユースにすごく関心があって、
ほとんどのものに対して、これはまだ使えるか、使えないのか、
自分は使わなくても他の誰かが必要としていないか、とか
そういうことを無意識のうちに考えてしまうクセがあるのね。
家の中って、結構使わないのに置いてある者あるでしょ?
家具にしても、家電にしても、大きなものから小さな物まで。
雑誌とか新聞とか、チラシのような紙のもの。
CDやプラケースのような、プラスチック製のもの。
まぁとにかく色んな物を「捨てることはない」の精神でとってある。
確かに何もかもを捨てる必要はなくて、自分自身が必要ないなら
必要としている他の誰かに潔く渡して、使ってもらう。
あげる方も、貰う方も嬉しい、というような関係になれれば
使われなかったモノにも、まだまだ大切な役割があるはず。





自分が要らないもの全てをゴミだと言うつもりはないけれど、
幸か不幸か、この日本のような大量消費社会においては
使われなくなった物は、ほとんどがゴミになる。
捨てられたら困る物、手に入らないモノというのは実はほとんどない。
思い出とか、無形のものは別としてね。
だから、捨てるって事ははっきり言っていつでも誰でも、
簡単に出来る事なので、出来るだけ捨てずに
他に必要な人を探して、使ってもらうという発想がヒントになるかもしれない。
そんな僕は、なるべく自宅には使ってないもの、要らない物が
ないように注意深く気をつけている。
若干はあるんだけどね(笑)。紙ゴミとか。
今、自分のいる部屋を見渡してみて、数ヶ月から半年以上
使っても触ってもいないものがあったら、とりあえず何とかしてみよう。
意図的に、理由があって「保存」しているものはそのままでいいよ。
というわけ、実家の方は何とかしたいものだらけで
年内には本腰入れて片付けたいな~っと思うのでありました。







ノリピーはほとんど予想通りの展開になったので、ある意味安心。
(もっと悪い事態になるかもと思っていたので。。。)
今週お盆休みの人はゆっくり、のんびり休んでくださ~い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト