アナログレコード Vinylの魅力
今日の今日まで全く知らなかったニュースなのですが、割と有名なレコードショップの老舗「シスコレコード」が10月一杯で倒産してた。実店舗をを閉鎖してウェブショップだけになる話は以前からもあったけど、さっきオフィシャルホームページ見たら、突然の閉鎖のお知らせが出ててなんとも寂しい限り。



レコードショップなので、CDは一切売っていないレコード盤だけを売っている店なんですが、折りしも渋谷系とか、クラブ文化とか、DJとかHIP HOPの人達にはとても重要なお店の一つで、日本だとこことディスクユニオン、マンハッタンレコードあたりが3強ではないかと。

そんな、名実共に有名店が倒産しちゃうくらいなんで、やはりクラブ系の音楽文化も廃れてきてはいるんだろうなぁ。僕も今年に入ってからレコード収集という奥の深い趣味と出逢ってしまい、今じゃカラダもココロもどっぷりと、人生投げ出すくらいの勢いでハマっております。




なんていうか、まだ始めて半年くらいの趣味なので、そんなに偉そうなこと言えないのですが、なんていうかこれほどまで音楽的所有欲を満たす趣味(遊び)はないかなと思うほど、楽しいです。今までの人生ほとんどにおいて音楽は僕にとって仕事であり、研究であり、修行であったわけで、どー考えても趣味やレジャーの対象ではなかったから。

もちろん好きな曲やアーティストはいるけれども、それらを聴いている時ですら「楽しい」という気分には、まずなれなかった。だから唯一、楽しい気分になれるのは自分の作ったものを聴いたりプレイする時だったんだけど。レコ掘りを始めてから、ようやくその楽しみを知ったというか、気づく事が出来た。

それにしても、CDなら今まで何千枚持っていようが満足感なんてなかったのに、何故にレコードはこんなにもイイんだろうか…やっぱり12インチジャケットがいいのか?それとも円盤に溝がちゃんとあるってのがいいのか?とにかくイイものはイイとしかいえないのです。




というわけで、今年はこの趣味を見つけたことで結構人生変わったというか、色んな意味で音楽との接し方が変わりました。是非ともこのblogでも紹介出来たらと思うんですが、何ともマニアックな世界すぎて公開が危ぶまれている今日この頃。こうご期待。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト