最高に笑えるスパムメールのタイトル
から揚げが美味しく食べられなくなってきたら、夏バテの兆し。
いや、俺はもうこの世で一番ってくらい鳥の唐揚げが好きなんだけれど、8個ほど食べた所で、「ん~今日はこの辺でいいかぁ…」って思ったら微妙に夏バテして体調を崩してる@nisaです。




パソコンの自分用アドレスには、一日どのくらいスパムメールが来ますか?

俺は大体平均して400通くらいなんだけれども(笑)。まぁきっと、比較的分りやすくて文字数の少ないアドレスだって事と、ドメイン名が英語圏から検索されやすいワードだって事で98%ぐらいが英文のスパム、であと2%ぐらいが日本語のスパム。

普通に知っている人から頂くのは、1000通に1通くらいかな!

英語圏からのスパムってのは、これまた自分統計によると60%ぐらいがバイアグラ、30%ぐらいがオンラインカジノ、残りがもうアダルト何だかよくわからない、アンダーグラウンドな物。

なもんで、勿論読むこともなく、タイトルすら殆ど確認せずに即削除なんだけれどもたま~に(10000通に1通くらい)本気のフィッシングメールが来てこれは分っていても結構ドキッとします。

曰く「あなたのクレジットカードが危険です」とか、「アカウントが不正に使用されてます」とか、まぁ結局メール内のリンクをクリックさせて、IDやらパスワードを打ち込ませるわけだから、引っかかる事はないんだけれど、何度貰ってもドキドキするなぁ。



それに比べると日本国内のスパムってのはまぁかわいいもんで、殆どが出会い系。99.9%が出会い系。

俺、根本的に分らないのは、メールで知らない異性からそれらしいお誘いの文章が来て、何でそれを俺が興味持つと思うのか?1mmも興味がないんだけどな~そっち方面(笑)。

だから最近良くあるのは、発信者の名前が色んな女性の名前で、まぁ「会いたい」だの「会えないか」だの「会えます」だの言ってるんだけど、最初の文面とかタイトルが色々(無駄に)考えてあって、笑いを誘います。

同窓会で久しぶりに会って、とか、伝言掲示板のメッセージ見ました、とかいきなり冒頭で「何も言わなくても、あなたなら私の気持ちわかりますよね?」とか言われると思わず、「分りません!」と答えてしまうワ。

だがしかし、今日来た出会い系スパムは、そんなスパム慣れした俺をも驚かせる新たな手口だった。。。



まず送信者の名前が








「NORIYUKI MAKIHARA」



うぇwwwうぇっwww






そして件名(タイトル)が、、、









「どんなときも」






ぅぅぅぅ開けて読んでみたい~…(笑)


あと昔俺の所に来たスパメールで、送信者が








「TERU」






件名が








「GLAYについて」



どゆことww
俺に何を誘ってるのwww
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト