未来へ向かう4ステップ
3連休の一日目、天気もとっても良かったので
みなさんどんなハッピーな休日を過ごしたんでしょうか??
俺は危うく寝坊しそうになりながら、前のめりにリハーサルに行き
日中ずっとやって、夜に帰宅。ほとんど太陽みてないな~。
一日、仙台ライブに向けてのリハーサルだったんですが
なんかさっき智也のblog見たら俺の言った事について書いてて、
俺なんかイイコト言ったか??全然覚えてないかも。。。
本人こんな調子ですが、僕の言葉には不思議なチカラが備わってます。
目を凝らしてよーく読んでみると(詠む、方がいいかな)
色んなメッセージが聴こえてきますよ。








思い起こすまでもなく、Newアルバム発売まであとたった25日。
前にも書いたけれど、色んな所にサンプルCDを渡してて
本当にもう、一人でも多くの人に聴いてもらいたい。それだけ。
サンプルCD(といっても、実に一枚一枚自宅のPCで焼いたCD-Rで
手書きの盤面とペラのジャケット付き。もう500枚以上焼いた)を
配るという事は、まぁ平たく言うとお金と時間が掛かると同時に
そのCDを持っている人はもうCDを買わなくなる可能性も高い
ということで(だって全曲ちゃんと入ってるわけだから)、
多分インディーズで自分達でやっているほど、
中々出来ないと事だと思う。
この前FUZZY CONTROLのメンバーみなさんに黄色いCDを渡させて
貰ったんだけど、メンバーさんもちょっと恐縮してたかも…
まぁ、タダで売り物をあげちゃうというのは、あんまり
褒められた事ではないのかもしれない。ビジネス上。








でもね。
んなー事は言ってられないのだよ。
この新しいCDを、日本中あるいは世界中の一人でも多くの人に
聴かせたい、なんとしても。
それが今の自分の、やるべき仕事だとはっきり認識している。
何故か。
みんなに幸せになって欲しい。音楽を聴いて、ハッピーに。
そういう力のある作品を作れた自信が、僕にはある。
だから売れるとか売れないとか、四の五の言ってられないんだ。
聴かなきゃ、その音楽が知られることはない。
聴いた人みんなが(ほんの僅かでも)幸せになって欲しい、という
僕のメッセージが届く事はない。
だから、何がなんでも聴いてもらいたい。
執念みたいなもんだけれど、間違っているかな?






全国のCDショップ、ラジオなど様々なメディアに沢山送りながら、
バンド友達や音楽関係の知り合いにもちょこちょこ渡してきた。
幸運にも、CDを聴いて幸せになってくれた友達が
blogでそれに触れてくれているのを、ちょっと発見したよ。

http://blog.livedoor.jp/u0621/archives/51086398.html

http://ameblo.jp/orangetart/entry-10056586345.html

こういう風に書いてくれるのは、すごく嬉しい。ありがとう!
勿論予約しましたっていうHPへのメッセージも、最高だ。
でも、聴いたら、本当にもっとすごいんだって。
聴けば分かる、聴かなきゃ分からない。
音楽ってすごくシンプルなはずだから(最近はどんどん
そうじゃなくなってるのが、個人的にはつまんない)、
今日も僕はせっせとCD-Rを焼き続けている。
でもblogって、やっぱりこういう使い方がいいよな~。
音楽CDって、必ず4つのステップを通って広まるんだよ。
それは何か、全部分かりますか?

listen(聴く)→Like(好きになる)→want(欲しいと思う)

まだ聞いてない音楽を、好きになることはない。
好きになってもいない音楽を、自分の手に欲しいとは思わない。
本当は、ね。
でもこの原則は、時代や流行、ビジネスモデルによって
少しずつ、捻じ曲げられてきているのが実情だ。
Wantの部分をとにかく刺激するのが、今のセオリーだからね。
だからこそ僕は、聴いてもらうという事にトコトンこだわりたい。
そのあとのステップは、音楽のチカラそのものが証明するはず。
これは真剣に、勝負なんです。
僕はそういう音楽のチカラを、まだ信じてる奴なのかもしれない。







ちなみに、一番最後の4つ目のステップって何か分かる?
僕はね、"Love"かなと思ってた。虜になるって事。
でも正解は"Share"。
聴いて、好きになって、自分の手にした音楽は、
今度は必ず、まだ聴いてない誰かに教えたくなる。
広めて、その気持ちを共有したくなる。
これには思わず、「確かに!」って唸ったね。
ラストステップまで行くと、そのまま次の1stステップになるわけ。
だとしたら、音楽ってすごいよね!
ただし、これは"良い音楽、良い楽曲"に限った話。
つまり、この4つのステップをず~っと繰り返せる楽曲こそが
真の名曲、スタンダードになるってわけ。
僕らの目標、夢はここにある。
今はまだその途中でも、こんなに夢に近づけたと思える作品を
僕は今回初めて作ることが出来た。








少しずつでも、広がっていけばいいと切に願っていますが、
自らのアクションなくして、ただ未来を待っているわけじゃない。
来週あたり、遅くとも仙台から帰ってきたくらいには
ちょっと良いニュースが、いくつか発表できると思います。
確実にね、広がっているんだよ。僕らで広げていかなくちゃ。
今ならあなたも、そのチャンスを共にすることが出来る。
今年もあと少し、一緒に走って、近づいていきましょう。
CD発売まであと25日。まだまだ全国CDショップで予約受付中です。
ちょっと先の未来に、あなたはどんな風景が見えますか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト