お気に入り、はハッピーの物差し
いよいよNewアルバム発売まで一ヶ月と迫ってきましたが、
そろそろ準備のほどは、いかがでしょうか。
今はちょうど秋から冬への変わり目。急な冷え込みには気をつけて、
暖かくしてblogでも読んで下さいね






ここ数日、面白いくらいに曲が出来ている。
折角アルバムを仕上げたってのに、なんかもったいない気分(笑)。
まぁでも、アルバム用に曲を書き下ろすってのは過去にも
殆どやった事がないので、こういう行為の繰り返しが
ちょっとずつ積み重なって、また次の作品作りに繋がるのかな。
なんていうと、とってもカッコいい感じだけれど、
次の作品っていうのが、常に世に出るわけではないよね。
上に書いた通り、曲ってのは、調子がいい具合になれば
次々書けるものだけれど、それがイコール作品になるわけじゃない。
そういう事は、3枚目のアルバムを出した後で一番学んだ。
良い音楽を聴きたいみんなからすれば、自分の好きな
アーティストやバンドの新曲は、どんどん聴きたいと思うよね。
新しい作品がどんどん出来て、それが自分にとって
良い曲ばかりだったら、リスナーとしては理想的な関係だと思う。
良い曲、良い音楽なんてこれ以上もう聴きたくない、って人や
好きなアーティストにはこの先新譜を出して欲しくない、
って人は、この世の中に一人もいないはずだから(笑)。







実際の所、新しいアルバムに入っている曲は大半が去年の
前半には出来上がっていて、アルバム全体も今年の夏前には
ほぼ出来上がっていた、という事実がある。
それでも、このアルバムをいつ発表できるのか、
そもそも世の中に出して、誰かに聴いてもらうことがあるのか、
それさえも難しい時期は、あったんです。
だから今こうして、あと一ヵ月後にやっと発売できる事、
このblogを読んでるみんなにやっと聴いてもらえる事が
心の底から嬉しいし、感謝しています。
みんなにも、関わっているメンバーにも、神様にも。
ご存知の通り、フルアルバムの制作というのはもの凄い情熱と
労力と時間なくしては、なかなか出来上がらない。
そして勿論コスト、お金も掛かるしね。
見渡してみれば、新人やインディーズのアーティストは
最近あんまりフルアルバムを出せないでしょう。
今の時代的には、5.6曲入りミニアルバムが主流だし、それが現実的。
マイナーミュージシャンにとって(勿論僕達も含まれる)、
フルALはやっぱりリスキーな響きがあるからね。







LINDAは結成当初から一貫して、ミニアルバムを出すつもりは無い。
何でかって言うと、ただでさえアルバムコンセプトを考えた場合に
沢山あるいい曲を泣く泣く削って10曲前後にしているのだから、
これ以上自らの創作魂を削ってどうするんだ、と考えているから。
ビジネス的に考えて、ミニアルバムの方がベターなら
フルと同じ収録曲数で、値段を下げればいーじゃないかと思うよ。
だけど、それはそう簡単にいかないよね(苦笑)。
この夏のサンキューシングルで、文字通り採算度外視のCD発売ってのも
一度やってみたけれど、これはこれでとってもいい経験になった。
これからも同じようなことを、やりたいと思っている。
CDを買うリスナーであるみんなにとって、CDの値段というのが
どれくらい気になる物なのか、正確にはわからない。
ただ、価格というのはその作品の質と、一方で今後どれだけ
そのアーティストが音楽活動を続けられるか、という事と
密接に関係している。これは確かな事です。
だから、僕はLINDAのリスナーであるみんなとは互いに打ち解け合って
この事についてはいい関係でありたいと思っています。








音楽業界の先行きは今、不安定で暗いものだと言われている。
僕の周りにも、この世界から次第に離れていく人は増え続けてる。
一方で、新しく産み出される音楽も日々沢山あるけれども
最近初めて聴いた、知った音楽であなたの心をわくわくさせたものは
一体いくつくらい、あっただろうか。
自分もこうして毎日のように曲を書いていて、
たまにいい音楽がぽんぽん生まれてくる時に思うことは、
どうすればそれらをこれからみんなに聴かせて、
ハッピーになって貰えるかなぁという事なんです。
僕は音楽を作るプロなので、作る時にはみんながそれを聴く時に
どんな風に聴こえて、その後どんな顔をするかを想像します。
あなたが笑顔になったり、泣けたり、そういう様子が目に浮かぶ時、
すぐに僕の作曲能力は"何か"を掴むことが出来ます。
そうしたら、どんどん良い音楽が作れるようになるんだよね。
逆に言えば、みんなが聴いている様子が、その時の表情が
思い浮かばない時には、なかなか書けない。
だから、誰も聴く事のない音楽を僕は作れないし、
聴いても笑顔にならない、ワクワクしない音楽は作れないんです。
この前のblogでも約束したよね?








具体的に、今年あなたが良いなーと思った楽曲が5曲くらいだとして、
(少なすぎる??)
それがどのくらい増えたら、もっと楽しい毎日が送れると思う?
仮にフルアルバム一枚全曲がお気に入りだったら、
一気に10曲くらいは増えるわけです。
これがミニじゃ、5.6曲でしょう。なんかもったいなくないですか。
まぁ全曲オキニってのは、ちょっとハードル高いとしても(笑)
来年あなたに少なくとも10曲のフェイバリットソングを贈るとしたら
僕もより多くの曲作りと作品のリリースを目指すわけです。
それが出来たなら、きっとあなたにも満足してもらえます。
まずは12月19日に、今年のあなた的年間フェイバリットソングを
一気に倍増?させてみせますから、是非聴いてください。







それから、
何故"FOUR TUNES"を出す事が出来ないかもしれなかったのか。
その理由を、次は正直に話します。

アルバム発売まであと31日。ただ今全国CDショップで予約受付中、
だんだん傍まで近づいてきたら、その手で掴んでくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト