耳をすませば
20071109235510
あっという間に週末ですね。今週も一週間お疲れ様!

のっけから結論で書いてしまうと、今日アルバムの最終入稿が完了しました。ジャケットも付いた完成品が手元に着くのは12月過ぎ…いつもながらスリルな滑り込み!

最後の最後まで、耳と目と、肌に触れる感覚まで微調整と試行錯誤を繰り返しましたよ。CDなのに耳以外を使うの??って首を傾げるかもだけど、ホントに五感全てを集中させてるんだってば!…あ、でもさすがに味覚は使ってないか(^_^;

音楽制作の最終段階であるマスタリングって、そういうレベルでフィニッシュまで追いこんで、聞き分けなきゃいけない。と言っても簡単に聞き分けられるような違いじゃないから、もうこれは"感じ分ける"て事。スピーカーの前でじっと眼を閉じて、アタマの中に余計な雑念が浮かばないようにする。胸から喉、鼻にかけてすっと空気が通るように心が空っぽになった瞬間、音楽が流れだす。その時に何を感じるか。

低域の濁りとか高域の透明度とか、ドラムのスティックが太鼓を叩くスピードとか、ギターのピックが弦を弾く強さまで…そういうのが映像としてどれだけイメージ出来るかが大事だと思ってる。レコーディングって真剣にやると、そんな所までちゃんとテープに収まるもの。それが見えなくなってしまったらイヤだから、出来る限りの息遣いを残したまま、CDに焼き付けていくわけ。勿論必ず上手くいくわけじゃないよ(笑)。でもエンジニアとか一部のミュージシャンはそういう所にも命を賭けてる。僕はその魂を今年になってNYのGeneに教わった気がするな。人は人との出会いでこんなにも変われるものなんだ。

というわけで、特にここ数日の作業は命削ってました(笑)。よく耳をそばだてる、とか、じっと眼をこらすなんて言い方があるけれど、あれって日常意識してやったりする事は少ないよね??そういう事が必要なシチュエーションになった時、無意識になる状態だと思うんだけど、それを意識してこっちはやる訳だから、かなり疲れる。でもそういう体験ってなかなかないよね。

いわば今日僕が聴いてた音がこれから一ヶ月後にあなたが聴く音なのです!さーどんな風になっているだろうか?みんな、ちょってイメージしてみて下さい(HPのジャケ写でも見ながらね)。NEWアルバム発売まであと39日。全国のCDショップで"ザリンダのフォーチューンズ#"と伝えて、店員さんに予約検索して貰って下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



15才のイメージ
20071109024549
一ヶ月くらい先の事を考えて生活するのは、この現代ニッポンで忙しく過ごすみんなにとっては当たり前の事かもしれないけれど、でもふと考えてみて。

今年のクリスマスや年末の慌ただしさ、キラキラと色づく光の街の中で自分が一体どんな風に過ごしているか。明確にイメージするのは結構難しいかもしれない。

恋人と過ごすか、家族と一緒か、あるいは友達、同僚とかと…
"まだ分からないけど、多分仕事かなぁ。。。"と考えた人は僕と一緒です(苦笑)
でもそれってあんまりハッピーな想像ではないよね。仕事なら仕事、でいいんだけど、何となくまだイメージ出来ないってのがちょっと寂しい。。。ここは一つモウソウでも楽しまないと!

今、僕の仕事場に流れてるのは、12月19日に発売する新しいアルバム"FOURTUNES"。この音がみんなの傍で流れだすのはどんな時、どんな場所だろうか。
仕事から帰ってきた夜の寝室か、それとも午後の陽射しが差し込むリビングか、あるいはギュウギュウに詰まった満員電車の中かも…
音楽ってのは、聴く場所や時間によってかなり印象が変わるもんだって、みんなが経験的に分かっているけど、だからこそあなたがいつどんな場所でこのCDを"初聴き"するかをイメージするのが、実はすごく楽しいんです。こういう事言うミュージシャンって変人だな~って思うだろ?(笑)

暮れのクリスマスの頃には、予約してようやく手にいれた新しいアルバムが手元にあって、そのジャケットをパラパラとめくりながらスピーカーから流れる真新しい音の数々をあなたは聴いているはず。いや、やっぱり初めて聴くCDはイヤホンの方がいいかな…俺が高校生の時はCDショップで買った新しいCDのビニール封を切るのももどかしくて、直ぐにディスクマンにブチ込んでたなぁ(笑)。まだMP3プレイヤーもなかった時代。その時のワクワク感ったらなかった。

今思い出したけど、15才の時のクリスマスイヴ、朝の我が家に流れていた初CD(僕が生まれて初めて聴いたCD)は、カセットでは聴いた事のないくらい綺麗に澄んだモーツァルトのピアノソナタだった。

NEWアルバム発売まであと39日。全国CDショップでただいま予約受付中なので、空き時間に是非寄って下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事