ミュージシャンのPCは一年半で買い換えろ
年末も近づき、街は歳末商戦が活発化しております。実際に買うかどうかはともかく、なんか買いたい気分になるのね。みなさん、もうすぐ冬ボーナスが出る時期なのでしょうか?勿論俺は出ません(笑)。




そんな俺が今一番欲しいもの。

パソコン。

いや~しかしね、欲しいものは欲しいのよ。

毎日価格.comを見ては、どのパーツにしようかなどとミュージシャンにあるまじき妄想活動に走っております。もとはと言えば、俺がクリエイターとしてとっても影響受けてるboom boom satellitesの中野雅之氏がインタビューで、"パソコンは一年半周期で買い換える"と発言していたのを読んだのが原因で、それで仕事が全然変わってくるという。。。

うわー俺も今のPC、作ったの去年の7月だ。買い時!買い時!



なんでパソコンを新調することが音楽製作に関係あるかっていうとやっぱり安定して、動作が速くキビキビしていると
アイディアが思いついて実行に移すまでのロスがないんだな。上手く説明できないけど、もの凄く重要なのよ俺にとっては。
音楽作るのは楽器だろ、という人もまだまだ多数だけど最早PCなしには音楽作れない人もある程度いて、俺もその中の一人だと思う。

どっちかっていうとミュージシャン(実演家)よりも、作曲家とかエンジニアの方がそういうのに強いイメージがあるけれど
まぁ俺自身はどっちでもあると思うし、どっちでもなくてとにかく自分のアタマの中を一番上手い事表現できるツールがPCだったというだけなんだけれど。音楽仲間はやっぱ圧倒的に、楽器メインの人が多いんでしょうね。



俺がPCの話する時は勿論自作なんだけどパーツの値段調べたりちょくちょく秋葉原に行ったりしてる割には、けっしてPCオタクではない!と声を大にして言いたい。あくまで楽器なのよ楽器。健全でしょ?メイド喫茶なんて、見たことも聞いたこともない(笑)。

それにしても嗚呼、買ってしまいそうだ。なかなかどうして。冬ボもないし。ちなみに購入を検討しているのは、Intelのkentsfieldというquadコアのやつ、QX6700です。と、この文字だけでもう軽くオタっぽいな(笑)



頑張って仕事しましょう!あと一日頑張れば週末だーい。
ではまた明日。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト