11年の記憶
体調はなんとか小康状態ということで、
どうもどうも@nisaです。おひさ。









2006年の1月17日。
今日は色々なことがありましたね。
証人カンモンにホリエモン。あと北の大統領とか。
ニュースが山盛りで、どれに触れてもすごく長い日記になりそうです。
が、やはり今日は11年前の1月17日を思い出す日でした。
阪神淡路の震災から、11年が経つんですね。








沢山の人を不幸に巻き込んでいく自然や天災の恐ろしさは、
僕達人間の力を超えた所にあるんだと思います。
アジアでの津波や、台風、豪雪なんかも同じで。
防ぎようがない…事もないのかもしれないけれど、
多くの人がその脅威に対して、無力。
僕はその当時、あの地震を経験したわけではないので、
毎年この時期になると、ニュースにつられてやっと思い出します。
どれだけ時間が経っても、犠牲になった方の命が戻るわけではない。
だからこそ、幸運にも生き延びられた自分はその事を
忘れずちゃんと胸に刻まないといけないと思うんだけど…
今日も少しだけ、西に向かって祈りをしました。








兵庫といえば、震災の後に電車の事故もありました。
これは人災。二度と繰り返さぬように必ず反省しなければいけない事。
天災だけじゃなくて、こうしたたくさんの人災にも囲まれて
毎日を生き延びていかなくちゃいけない。
失敗や厄災から学ぶ教訓は、山ほどあるんだけれど
それでも同じ失敗を繰り返さずに生きて行くのはすごく難しいです。
起こりうる事として、しっかり自分の中に刻まなくては。
上のニュースとは全然関係ないところで、自分にもいろいろとあり、
今日は一日そんなことを考えていました。







遠く離れた東京からですが、11年前の地震で亡くなった方の
ご冥福をお祈りします。
明日も明後日も、この先ずっと今生きているみんなが(自分も含む)
幸せで、生きていけますように。



ちょっと何を書いていいのか分からなくなってきたので、
今日はこの辺で。
おやすみなさい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト