Road to Russia その②
昨日のblogの続きだけど、まだ組合せ抽選が決まる前から、試合が開催される日の都市の宿・ホテルは予約合戦が始まっていた。
もちろんこれは、一定期間より前ならキャンセル無料、という恩恵あってのことだ。キャンセル無料じゃなきゃ出来ないよ(笑)
なので、まだ試合会場と日程以外何も決まってない状態で、早い人は全ての宿を押さえておく。旅行会社しかり、僕もしかり。

で、先週ついに組合せ抽選が決まったので、これで晴れて仮予約ではなく本予約できるか、というとそうでもない。
何故かというと、試合のチケットの抽選販売はまだこれからだから。
試合日程は決まったが、その試合のチケットを買えるかどうかは、抽選に当たらないと分からない。
抽選の結果は一番早くて来年の春頃になる。

抽選に当たって、晴れて観に行く試合のチケットが確定する。さぁそこから宿や移動手段を確保しようとしても、ほとんど残っていない可能性がある。
ホテルと違って、航空券は基本キャンセル無料ではない。だから、抽選に当たるかどうかまだ分からない試合のために、先に航空券を買う決断をしないといけない。
これがモスクワとかサンクトペテルブルグでの試合だったらまだ良かった。日本からロシアに行くために必ず最初に訪れるハブ空港だし、最悪試合チケットが当選しなくても、観光出来る。

ところが今回のようにはるか遠くの地方都市だと、航空券の値段自体が高いし、行っても試合を見るくらいしかやることがないので、なかなかリスキーだ。
まぁもし日本代表戦のチケットが当たらなかったら、航空券自体もお金を払ってキャンセルして、モスクワに滞在するか、そもそもロシア行き自体を辞めるという考えもある。
あるいは、試合チケット持っていなくても現地に行けば何とかなる、と思っている人も多い。ダ〇屋とかね。

今回のワールドカップは、テロ対策と〇フ屋行為の取り締まりを兼ねて、大会史上初めて試合チケットとパスポートが「紐付け」される仕組みになっている。
つまり、チケットには名前が入っていて、その買った本人の顔写真入りIDがないと、仮に正規チケットを持っていても試合会場に入れない。
今年のコンフェデレーションズカップでこのシステムの「リハーサル」をやったが、かなり厳重にセキュリティチェックをしていた様で、チケット「だけ」の人は絶対に試合会場に入れない仕組みになっていた。
急用で行けなくなったり、不要になってしまったチケットはFIFAの公式サイトを通じてのみ定価で「事前譲渡」出来る。
もちろんこれにも身分証明書とFIFAの会員登録が必要で、しかも試合当日とか直前での売り買いは出来ないはずだ。
だから、今までのワールドカップに行ったことがあったりして、試合チケットは当日でもなんとかなる、というのは通用しないと思う。

そんなこんなで、とりあえずチケットがどうなるか分からない状況で、宿と航空券を取らないといけない。
前回のブラジル大会の時も思ったけど、よくこんなハードルの高い旅行をみんなやるよなぁ(苦笑)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Road to Russia
一昨日の深夜にモスクワで行われた2018年ワールドカップの組み合わせ抽選会。
もちろん僕も生放送で観ていたのだけど、あまりにも興奮しすぎて昨日一日何も手が付かなかった(笑)

既に報道されている通り、日本代表は予選Hグループの第4ポッド、つまり抽選くじ引き順でいうと32か国中一番最後となった。
予選グループでの対戦相手はポーランド、コロンビア、セネガルである。コロンビアは2014年大会に続いて2回連続での対戦!

グループHと共に最後まで残っていたグループF組はドイツ、メキシコ、スウェーデンといった強豪国が集まったいわゆる「死のグループ」であり、ここに入るのは韓国か日本か、というドキドキする瞬間だったが、結局F組には韓国が入ることになった。

全体的にみると、Hグループは過去に優勝したチームが1チームもない唯一のグループであり、突出したチームがいない、誰が勝ってもおかしくない組だ。
他のグループに入るよりも、日本が決勝トーナメントに勝ち上れる可能性はほんの少し上がるだろう。もちろんどこも日本より格上のチームなので「ほんの少し」ではあるが。

なので、今回の抽選結果が日本にとって良かった、期待が持てると考える人は多いだろう。
一方で、来年のワールドカップをロシアに「現地観戦」しに行く人にとっては、今回の抽選結果は事前に予想していた「最悪」のケースであることもちょっとした話題になっている。
まず首都モスクワでの試合が「決勝戦」まで勝ち進んだ場合の1試合しかない。つまりモスクワでの日本戦を観れる可能性はほぼゼロ(苦笑)。
それどころか、予選で試合を行う会場は第一試合がサランスク、第二試合がエカテリンブルグ、第三試合がヴォルゴグラードとなった。
この3都市、今まで一度でも行ったことがある日本人がどれだけいるだろうか。というか、聞いたことすらない人がほとんどだと思う。

サランスクなんてロシア人でさえほとんどの人が行ったことないだろう(笑)、そのくらい小さな地方都市だ。
というわけでこれもYahooトピで既に報道されているが、この街には宿やホテルが数えるくらいしかない。
抽選会が終わって、日本代表の第一試合が行われるこの都市のホテルを予約しようとした人は、全てのホテルが満室で一室も空きがないことに気づいただろう。
これは抽選会後に予約殺到したわけではなく、僕が調べた今年の7月の時点で既に全室満室だった。
おそらくそれよりもずっと前に、現地の旅行会社が全て仮押さえしているのだと思う。
日本の旅行会社だってそんなに早くから押さえられるはずないし、そもそも7月はまだ日本が出場するかも決まってないからね。笑

それならなぜ僕はそんなことを知っているかというと、日本代表が出場を決めるよりも前に、予選全試合+決勝トーナメントの一回戦(ベスト16)の合計56試合分のホテルを全て予約していたから。
この56試合の中で、サランスクで行われる試合は予選リーグの4試合。この4試合が行われる日の宿は、今年夏の時点で既に予約できなかった。
なので、この4試合にあたるのだけは避けて欲しい…と抽選会の前からサポーターの間では言われていた。
抽選会で最後に残ったH4に日本が決まった時、ガックリと肩を落とした人は僕だけではないだろう。その人はかなりの海外サッカー観戦オタクだと思う(笑)

なので、サランスクで行われる第一試合の日本-コロンビア戦を観るためには、かなり高いハードルがあると言わざるを得ない。
一番手っ取り早く思いつくのは、試合が終わったあとすぐ空港に戻って深夜便でモスクワや他の都市に移動する方法だが、生憎この空港には深夜便もない。
なので、空港で一夜を明かすか、試合後の街で一晩中バーやレストランで過ごすか…まぁ終夜営業のバーがあるかも分からないけど(笑)

さらに、この後に続く第2戦のエカテリンブルグ、そして第3戦のヴォルゴグラードも、モスクワからは1000km以上離れた地方都市だ。
宿はまだ何とかなるものの、交通手段が飛行機しかない。1000kmもあるのでバスも列車もない。(あるにはあるんだけど、モスクワから24時間以上かかる…)
個人でロシア国内の国内便を予約するのはなかなかハードルが高いし、値段もこの期間中は決して安くない。ていうかめちゃめちゃ高い。
モスクワやその近郊都市での試合があればまだ良かったが、今回の日本の組み合わせは、予選3試合の試合会場を回ってモスクワに戻ってくるだけで4700km以上。
鹿児島から札幌まで行って戻ってきて1往復、よりもずっと長い。笑
しかも予選3試合だけで。もしみんなの願い通り決勝トーナメントに勝ち進むと、さらにこの移動距離は長くなっていく。なにせ最後の決勝戦までモスクワに戻れないのだから。

なので、現地に行って日本代表を応援したいと思う人にとっては、かなりハードルの高い、考え得る最悪の抽選結果になったといっていい。
もちろん、そこをどうにかするのが熱心なサポーターなのかもしれないが、逆に日本代表に拘らず、モスクワで行われる色々な国同士の熱い試合を観戦する方が、サッカーファン的にも、かかる予算的にも良いかもしれない。
4年に一度の祭典、どんな風に楽しむかは様々だけれど、旅行前に色々方法や組み合わせを考えたり検討するのが、僕のような単なる「旅好き」には一番楽しい時間だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
いよいよ今夜決定!
今日から12月で師走。
ということで、もともと感慨深い気持ちになる日なのだけれど、それ以上に今日は大事な日。
そう、来年のワールドカップの組み合わせ抽選会の日!

夏の代表出場決定から、今日までずっと準備してきたといっても過言ではない…(笑)
くじ引きだから自分では何も出来ない、というわけではないのだ、実は。
前回ブラジルワールドカップの時の経験から、この抽選会の日を迎える前にやるべきことが実に多くあることを学んだ。
要するに、現地の情報収集や、大会のレギュレーションを把握しておくこと。
それだけで、実際に観戦に行く時にはかなりのメリットがある。

ブラジルの時は、地球の裏側で初めての南米行き、ということで分からないことだらけだったけど、
ロシアも同じくらい分からないことが沢山ある。まずキリル文字が読めない。笑
治安に関しては南米より良いことを願っているが、なにせ国土はブラジル以上に広いので、どこに何があってという地理を把握するのが大変。
大都市以外は交通網もあまり発展してないので、マイカーがない人はどうやって生活しているのかね~??
とにかく、北米やヨーロッパ、そして日本と比べれば圧倒的に外国からのお客さんに対して情報もインフラも開かれていないので、ちょっと海外旅行気分で行くにはなかなか大変だ。
モスクワだけなら大丈夫なんだけどね…。ワールドカップの試合開催地は、本当にマイナーな地方都市も多い。

そういうことを諸々含めての、今夜の抽選会。
ここで全てが決まる…わけではないけど笑、かなりドキドキして待っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
あと7か月で
朝5時に起きてサッカー日本代表のベルギー戦を観ていたが、残念ながら負けてしまった。
0-1という結果だけを観ると惜敗、世界の強豪相手に惜しい戦いをしように感じるが、内容は実力の差が歴然とあり、かつベルギー代表は後半のある時間以降ほとんど攻める気がなかったように感じる。
1点差でも勝ちは勝ち。先日のブラジルの様に個人技で見せつつ得点を重ねていく、みたいなことをベルギーはしないのだろう。
ワールドカップまであと7か月。ここからどれだけ世界との差を縮められるか。
ロシアまで日本代表の試合を観に行く自分としてもとても期待している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トランプ大統領が来日中だが、その最中にアメリカ・テキサス州で再び銃乱射事件が発生し、沢山の犠牲者が出てしまった。

先日のネバダ州ラスベガスでの事件の衝撃も残るこの時期に、またしても西部で同じような悲劇が起きるとは…というかその間にニューヨークでもテロがあったのを忘れそうなくらい(この事件は銃を使っていないが)。
今回の事件も犯人は既に死亡しており、その動機はまだ今の所よく分かっていないが、9.11以降テロに対しては常に最大限の警戒を行っているはずのアメリカ本土でここまで立て続けに起こると、どうなってしまうんだろうと思ってしまう。

今回事件のあったテキサス州サザーランドスプリングは人口も少なく、アメリカ人ですら知らないような本当に小さな田舎町だ。
ハイウェイや主要交通網からも外れており、日本人で行ったことある人なんてほぼゼロじゃないだろうか。
そんな所で、20人以上の犠牲者が出る大きな事件が起きるとは、誰も予想出来ないし、おそらく警戒もしていなかっただろう。
ラスベガスの事件もそうだけど、事件を未然に防ぎようがない。警備警戒はもちろん大事だけど、アメリカのように広大な国では限界もある。

やっぱり銃規制、しないといけないと思うんだけどね…。
テキサス州もネバダ州も、昔から銃規制には根っから反対の州であり、議論の余地もないほど「銃社会」は当然のことと考えられている。
これが東海岸やカルフォルニアだったらまだ議論が起きたり、銃社会に問題を唱える人たちが必ず多数出てくるけど、この辺の西部地域はそれがほぼない。
そしてトランプ大統領の重要な支持基盤となっている地域でもある。
こういった地域から、銃に反対する声がなかなか起きないのは十分わかっているけど、それでもここまで立て続けに事件が起きたら、その原因となっている根本的なモノ=銃に対して、何かの話し合いをするべきじゃないかと思う。
外国人だと、アメリカのこの辺の事情ってなかなか理解できないからなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
バルセロナ
昨日は少しゆっくり休めたので、気分的には今日は仕事始めの月曜日。
ん?今日って本当は何曜日??曜日感覚がもうおかしいわ。。。

毎日様々なニュースがあるけれど、バルセルナのあるスペイン・カタルーニャ州の独立運動に関しては地味ながらどうなるんだろうとずっと様子を見ている。
FCバルセロナの試合を観に数年前に訪れたが、本当に綺麗でよく整備された観光都市、という印象がある。サグラダファミリアもあるし。
最初は、昔ながらの独立を望む人が一部いるんだろうなぁ程度にしか思っていなかったが、そうした意見を持つ人たちの代表のような人物が州知事になると一転、国家から州が独立するというのが急に現実味を持ってきた。
いや、今この段階でさえ個人的には「独立なんてありえない」と思っているけれど、あそこまで運動が盛り上がって、スペインとの溝が深まると今後どうなるか分からない部分も多い。
イタリアやベルギーでも、一部の地域が同じように国家の中でも大きな経済的基盤を持っており、同じように独立を夢見る人はいないわけではないが、さすがにバルセロナのような規模での運動にはなりそうもない。
日本に例えると、東京や大阪が日本から独立して新しい国家になります!ということになるけど、正直ピンとこないでしょ?
現実的ではないし、いくら独自の文化や経済基盤があるとしても、国家として存在してきたわけじゃないから。
まぁ何となく時間と共に運動もトーンダウンしていくんじゃないかと思うんだけど、最近は本当に何がどうなるか分からないからなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
日の名残り
今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が選ばれた。
日本人のあの人は受賞できなかったが、カズオ・イシグロさんは日系イギリス人で名前もぱっと見は完全に日本の名前なので(笑)、なんだかとても親しみも沸いて喜ばしい。
恥ずかしながら、まだ著作を読んだことがない…「日の名残り」の映画は観たけれど、活字で読んだことないのでこの機会にちゃんと読もう。そういう人沢山いるだろうなぁ。
しかし去年のボブディランといい、文学賞はもう全く予想出来ないし何を基準に選考しているのかも謎だ。
悪い意味じゃなくて、きっとご本人もものすごく驚いているだろう。
おめでとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ラスベガス
アメリカのネバダ州ラスベガスで、過去最悪となる銃乱射事件が発生した。
一昨日の月曜日にその一方を聞いた時はまだ情報がかなり錯綜していたが、現在60人近い犠牲者と、500名以上の負傷者が出ている。
事件のあったラスベガス、マンダレイ・ベイ ホテル周辺は僕も訪れたことがある。
またも自分の行ったことのある場所で、大変な惨劇が起こってしまった。しかも「音楽コンサート」を標的にして。
昨日からショックで言葉が出ない。
亡くなった犠牲者の方の冥福を祈ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
TIP下さい
帰国してから毎日夜10時過ぎには目が開けられないくらい眠くなり、朝4時半にきっちり目が覚める…完全に時差ボケじゃないか!
でもずっとこのままで習慣になって欲しい(笑)



昨日も書いたけど、カナダにはアメリカと同様にチップ(TIP)を払う習慣がある。
さまざまなサービスを受けた時に、総会計の15%~以上をチップとして払うのが習慣だ。10%ではない。最低15%であって、良いサービスだと思えば20%以上払う人もザラにいる。
これはなかなかに、日本人には理解しがたい…。
チップが難しいのは、これは法律で決められているわけではないし、強制力を持っているわけではない。仮に払わない人がいても、それはなんら法律を犯したり、犯罪をしているわけではない。
でも「ルール」を守っていない、マナーがないと見なされる。
たとえばレストランで食事後、会計時にチップを払わなかったら、かなりの確率でウェイターか、場合によってはマネージャーが出てきて理由を聞かれるだろう。
これもまた、100%必ずではない。チップを払わないというのは「あなたの店のサービスは最低」を意味する場合もあるので、それに対してお客に詰め寄るというのは、高級でいいお店ほど「プライド」に関わってくる。
これらの国でチップを払うのはかなり強制力を持った「習慣」や「一般常識」だが、例えば日本のようにチップの習慣がほぼない国の観光客にとっては、うっかり忘れてしまったり、そのルールを知っていてもいくら払えばいいのか、どのタイミングでどういう風に払えばいいのか、分からないことも多いだろう。



「日本人がチップを払わない問題」は、北米では度々話題になるトピックだ。
うっかり忘れていた場合はごめんなさいで払えばいいが、「サービス」の良し悪しに対する「感謝の気持ち」、「心付け」だと考えてしまうと、チップを払うことに疑問、拒否感を感じる人も多いだろう。
その気持ちはとてもよく理解できる。なぜなら、海外のレストランやタクシーやホテルで受けるサービスが、日本人にとって「なんて良くしてくれるんだろう!お礼にチップ弾まないと!」と思わせることは、ほぼ無いからだ。
チップの習慣が無い国、日本で受けるサービスやおもてなしは、率直に言って世界でずば抜けていると思う。
高級レストランやホテルに限った話ではない。コンビニだってファーストフードだって、あらゆる業態のお店で「いらっしゃいませ」と必ず言う、接客するときは笑顔で、絶対にお客に反論したり批判したりはしない、何も買わなくても「ありがとうございました」と言う…etc...
こんな国は、世界中で日本だけだと思う。
これが日常生活に浸透していて、受けて当たり前の基準になっているから、海外で受けるサービスに対して感謝のお礼を20%も払うなんて気持ちには、まぁなかなかなれないのが実際の所だ。



これは日本人がケチだという話ではなく、また外国のサービスが悪いという話でもなく(実際日本と比べれば悪いけれど)、とにかく習慣や文化の違いって難しい、という話。
逆にアメリカ人やチップの習慣がある外国人が日本へ観光に来た場合も、彼らの間でこのことはよく話題になる。
「チップ(現金)をテーブルに置いたら、受け取って貰えないどころか困った顔で突き返された!あいつらどうなってんだ!?」てな具合に。
もっとも、こういうチップの習慣が分かりにくい、グローバル社会でワールドワイドには通用しない、と思っている外国人も最近は増えてきていて、チップもらえないと生活出来ないくらい最低賃金が低く抑えられているアメリカやカナダでは、その部分を(法的に)改善するべきじゃないかという議論がある。
なかなか難しいね~~。
このエントリーをはてなブックマークに追加
勉強あるのみ
昨日の大雨から一転して、今日は気持ちのいい晴天。暑そー。

最近は毎日かなりの量の英文を読んでいる。内容は楽曲制作やミックスに関わるもの。
数年前だと、内容以前に量に圧倒されてもう読む気も失せてしまう感じだったけど、今はなんとか、ツラいながらも頑張れば読めるようになってきた。笑
こういうのもっと早く読んでおけば良かったな、と思うことしきり。
ここ4~5年くらいの内容なんだけど、その時にリアルタイムで読んで理解していれば、今もっと成長できていたはず…。

でも5年前にこの量でこの難度の英語の文章を読めたかというと、やっぱり難しいだろうなぁ。
なんで外国語を読んだり聞いたりするのって、こんなに難しいんだろうねw
まぁ日本語も同じか。超難解な文章や本読んでるとアタマ痛くなるもんな。。。
っていうか日本語の場合、全く理解できない文章や本に接すると、「これ書いた人、日本語ヘタだなぁ」って思っちゃう。
自分が理解できないから、っていう発想にならない。自分の場合は。

でも英語(外国語)だと、理解できないのは自分の語彙力や語学力のせい、って思うから不思議。
実際は、そんなこと全然ない。
アメリカ人やイギリス人のネイティブだって、英語が下手な人は沢山いるし、文章めちゃくちゃな人も一杯いるし、シンプルに言えることをわざわざ難しく言う人も沢山いる。
最近はその辺が分かってきて、要点やポイントだけを英文から拾えるようになってきたのかもしれない。
全部を読み込んで、理解する必要ないんだよね。日本語を読む時と同じでさ。

でも外国の本や文章を読むのって本当に楽しいし、勉強になるよ。
信じられないと思うけど、日本語で書かれた全ての文章や本を集めたとして(例えば国会図書館とかで?)、そのどれにも一切書いていないであろうことが、フツーに書いてある。
何故こういうことが日本人には思いつかないのか??いや、思いついたとしても文章として書き残すとか、本になって出版するという所まではいかないんだろうなぁ。
本にして出版するということは、要するに誰か他の人が興味をもたないといけないもんね。極端に言えば、日本人が誰も興味ないことは、本にはならない。(はず?)
物語やフィクションであれば、当然国や人種ごとのオリジナリティがあると思うけれど、ノンフィクションやサイエンスの世界でもそういう言語による違いがあるのは本当に面白いよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加