勉強あるのみ
昨日の大雨から一転して、今日は気持ちのいい晴天。暑そー。

最近は毎日かなりの量の英文を読んでいる。内容は楽曲制作やミックスに関わるもの。
数年前だと、内容以前に量に圧倒されてもう読む気も失せてしまう感じだったけど、今はなんとか、ツラいながらも頑張れば読めるようになってきた。笑
こういうのもっと早く読んでおけば良かったな、と思うことしきり。
ここ4~5年くらいの内容なんだけど、その時にリアルタイムで読んで理解していれば、今もっと成長できていたはず…。

でも5年前にこの量でこの難度の英語の文章を読めたかというと、やっぱり難しいだろうなぁ。
なんで外国語を読んだり聞いたりするのって、こんなに難しいんだろうねw
まぁ日本語も同じか。超難解な文章や本読んでるとアタマ痛くなるもんな。。。
っていうか日本語の場合、全く理解できない文章や本に接すると、「これ書いた人、日本語ヘタだなぁ」って思っちゃう。
自分が理解できないから、っていう発想にならない。自分の場合は。

でも英語(外国語)だと、理解できないのは自分の語彙力や語学力のせい、って思うから不思議。
実際は、そんなこと全然ない。
アメリカ人やイギリス人のネイティブだって、英語が下手な人は沢山いるし、文章めちゃくちゃな人も一杯いるし、シンプルに言えることをわざわざ難しく言う人も沢山いる。
最近はその辺が分かってきて、要点やポイントだけを英文から拾えるようになってきたのかもしれない。
全部を読み込んで、理解する必要ないんだよね。日本語を読む時と同じでさ。

でも外国の本や文章を読むのって本当に楽しいし、勉強になるよ。
信じられないと思うけど、日本語で書かれた全ての文章や本を集めたとして(例えば国会図書館とかで?)、そのどれにも一切書いていないであろうことが、フツーに書いてある。
何故こういうことが日本人には思いつかないのか??いや、思いついたとしても文章として書き残すとか、本になって出版するという所まではいかないんだろうなぁ。
本にして出版するということは、要するに誰か他の人が興味をもたないといけないもんね。極端に言えば、日本人が誰も興味ないことは、本にはならない。(はず?)
物語やフィクションであれば、当然国や人種ごとのオリジナリティがあると思うけれど、ノンフィクションやサイエンスの世界でもそういう言語による違いがあるのは本当に面白いよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
再びロンドンで
6月に入って最初の週末に、ロンドンで大規模なテロ事件が起きてしまった。

つい先日も、マンチェスターのコンサート会場で沢山の死傷者が出るテロ事件が起きたばかりだけど、この短い期間の中でこれほど大規模なテロ行為が繰り返されるとは…しかも首都のロンドンで。
事件のあったLondon bridge、Borough Marketも自分の足で訪れたことのある、よく覚えている場所だ。
ロンドンで僕が滞在していたVauxhall近辺でも当初テロが発生したと報道され(後にこれは無関係の事件だと分かったけど)、自分の良く知る場所でそういった事件が起きてしまったことは、本当に胸が痛い。

もちろん怖いと思う気持ちも、どうなってしまうのだろうという不安な気持ちもあるけれど、メイ英首相が演説でも述べた通り、「これ以上、何もかもを今まで通りにというフリは出来ないし、するべきではない」と思う。
イスラム原理主義、過激思想に対して断固たる姿勢をとることは、グローバルに繋がる世界中の国にとって最重要な課題だ。もちろんそれは中東のイスラム圏国も含まれる。
彼らにとっても、自分たちの信じる宗教や神様がこのような行為のもとに「利用」されるのは、断じて許されることではないだろう。
中東のイスラム国家こそ、ISのようなテロ組織を協力して打倒する「責任」があると個人的には思うのだけれど、中東地域はその辺のパワーバランス、政治、過去から繋がる宗教闘争が複雑に絡み合っているので、なかなか外からは理解できない。

アメリカもヨーロッパも、もちろん日本だって自国から遠く離れた外国でテロ組織と正面から戦いたくはない。だから様子見しているうちに彼らは少しづつ勢力を増していった。
その結果が、今ヨーロッパでこうした事件を引き起こしてしまっている。
日本ではまだ、今のところIS絡みのテロ事件は起きていない。物理的な距離もあるけれど、もっと離れているアメリカでは起きているのだから、日本で起きていないは本当にたまたまだと思う。
何かが起きてからしか、事の重大さに気が付けないのは人のサガなのかもしれないけれど。。。

リスクを考えて、今の時期に海外(特にヨーロッパ)に行かないのは一つの選択肢ではあるけれど、だからと言って日本国内なら安全というわけではないからね。
北朝鮮の問題だってあるわけだし。これだって日本や韓国、中国が抱える喫緊の課題の一つだ。
いつか近い未来が、今よりもより良いものであることを心から願っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
マンチェスターでのテロ事件
イギリスのマンチェスターで開催されたコンサートを標的とした自爆テロで、多くの犠牲者が出てしまった。
音楽コンサートの会場を狙ったテロ、一昨年のフランス・パリの時もそうだったけれど、本当に痛ましい気持ちになる。
会場には多くの人が純粋に音楽を楽しみに来ていたはずで、テロの標的となるような思想的、政治的な理由もない、まさに無関係の人を同時に狙う卑劣極まりない行為だ。
許せないよね、本当に。
また今回は、亡くなった方やけが人の中に10代以下の子供が多く含まれていたこともあり、世界中に大きな衝撃が走っている。
イギリスは、島国という土地柄もあって、大陸側のヨーロッパと比べても警戒度が高く、国外からの侵入者へのチェックも厳しい。
良くも悪くも、外国人がイギリス社会に馴染んで自由に生活したり行動したりするのは難しいので、そういった意味でもテロに対する警戒というか、安全度は高い方だとされている。
そんなイギリスでもこれだけ大きなテロ事件が起きてしまった。犯人はリビア系のイギリス人2世だというが、本当のところはまだ分からない。
こうやって世界中を恐怖や不安に書き立てることがISのようなテロ組織の目的だけれど、それを分かっていてもやはり衝撃、恐怖や不安が胸に渦巻く。
世界中が一丸となって、まだ大きな事件の起きていない日本も含めて、こういったテロを断じて見過ごすことなく、全力で対応するべきだと個人的には思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日がXデー?
4月25日、巷では今日がXデーではないかと言われている…北朝鮮の「人民軍創建記念日」が今日だかららしい。
ネットの噂レベルかと思いきや、朝のNHKでも報道されるあたり、根拠がないことはないのだろう。
アメリカのトランプ大統領も日本、そして中国の首脳と電話会議を行っていることから、何かが起きるとすればそれは今日でなくても、近い将来の話かもしれない。
オバマ元大統領は「戦略的忍耐」の方向性を打ち出してやっていたが、トランプ大統領にその気はないのは、先日のシリア攻撃をからも明らかだ。
やる時は、やる。それがいつかは分からないけれども。
Jアラートが鳴ったらどこに隠れるか?とかはあんまり意味ないような気がするけど、朝鮮半島で有事が勃発すると、その隣国である日本にはどういう影響があるか、くらいは今から想定して考えておいてもいいと思う。
日頃の準備と訓練、ですな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
早くも後悔?
トランプ新大統領になってからまだ10日も経っていないというのも驚きだなぁ。
就任後すぐに数々の大統領令を署名、発令しているけれど、中でも一番の驚きは今もニュースになっている移民の入国制限だろう。
アメリカは多国籍国家であり、移民の国としてずっとやってきた歴史的経緯があるので、今回のような直接移民の入国を制限するような規制(法律ではないんだよね)は、アメリカ人にとってもかなりのインパクトがあるはず。
日本に住んでると「移民」を意識することはあまりないけどね。。
就任後すぐにこうなっているのは、ある意味有言実行ではあるけれど、投票したアメリカ人の中には「本当にこの人を大統領に選んで良かったのか?」と思う人もきっといるはずだ。
だがしかし、最低でも4年はこの状態が続く。
4年後かぁ、自分がまだ生きているのかさえ分からないくらい先の話だ。笑
このエントリーをはてなブックマークに追加
お隣の事情
ついに12月になりました。
今年もあとわずかと言い続けて11か月、僕の言葉にもいよいよ現実味が…笑
ここ数日blogが空いていた間に、また世間ではいろいろな出来事が起きてニュースになっています。良いニュース、悪いニュース、まぁ主にテレビやマスメディアで沢山伝えられるのは芸能人関係のニュースですが、今現在で一番重要なのはやはり韓国の大統領辞任問題ではないかなぁと思います。



今回の、朴大統領が政府外の人間に色々な情報を漏らしていた問題(うまくまとめて書こうと思ったけど、これ以外どう書けばよいのやら…)が発覚したのは10月の末ごろ。
その時点で、僕は密かに「来年春までもたないかもなぁ」と予想していましたが、過去にどんな問題が発覚しても任期途中の辞任はなかった韓国大統領なので、あまりにも急すぎるかなと思い口外しませんでした。
がしかし、ここにきて来年どころか年内も危なくなってきた所をみると、いかに今回の問題が深刻かというところでしょう。
支持率5%ないんだもんね…その状態で大統領職が務まるはずもないし、内政は既に相当混乱している。
もともと韓国の内政は上手くいっていないし、外交、経済ともに現政権になってから目立って良いところはなかった。韓国民にとっても今の国の状態や政府に満足はしていなかっただろう。
そこにきてこの問題が発覚したわけだから、今回の情報漏洩だけでない、蓄積していた色々な不満があの抗議デモのような物凄いパワーとなって一気に噴出したわけだ。
実のところ、朴大統領が辞任して新しい大統領?新しい政権に変わったとしても、これらの現状はおそらく変わらないと思う。
大統領が知り合いに演説原稿やらなにやらを事前に見せて、アドバイスなど聞いていたというのは確かにスキャンダラスではあるけれど、韓国の経済とか政治とか外交にはほとんど関係のない、言ってみれば些細なことだ。
そのことを、韓国人も薄々気づいているのではないか。それでもデモをして、なんとか現大統領を引きずり降ろさないと、不満のはけ口がない。
さらに言うと、来年からトランプがアメリカ大統領になることで、外交的にも経済的にも韓国の先行き不安はさらに高まるだろう。
トランプが韓国とどう付き合っていこうとしているのか、誰も分からないからね。まぁそれは日本も同じなのだけれど。
そういう感じで、現状も悪く先行きも見えにくくなっている韓国は、今なかなか厳しい状態にあると思う。


2017年は世界的にみても、どうなるか分からない年になりそうだ。
日本にとっても、東京オリンピックはまだもうちょい先になるし(オリンピックがあると、とりあえず目先の問題には目をつぶって頑張れたりするんだけど)、対アメリカとの関係も一から築かないといけない。EUではオランダ、フランス、ドイツと大統領や首相を決める国民選挙が続き、おそらくここでEU全体に関わる大きな動きがある。
国民選挙するとエラいことになるって今年で学んだよね(笑)。
そう考えると、ここ最近のいいニュースってなんだろうな。。。IS(イスラム国)をもうすぐ壊滅させられそうなことくらいだけど、それもトランプになったらどうなるか分からないしなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュージーランドの地震
ニュージーランドで大きな地震があったとのニュースが入り、今の時点でも残念ながら亡くなった方がいるようだ。
以前大地震の被害に見舞われたクライストチャーチのすぐ近くでまたも起こった今回の地震、同じく地震が頻発する日本と比べてしまう。同じ島国だし…
ニュージーランドは一度も訪れたことがないので、街の感じとか人の様子が実感として分からないけれど、余震の続く中で一日も早く元の生活に戻れること祈っています。


11月も折り返し地点。外はめっきり冬の気配になってきなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
The United States that I don't know yet
今週はアメリカ大統領選挙があったので、既に結果が出てから数日経った今でもその事ばかり考えている。
別に今すぐ自分の生活に影響が出るとか、トランプが大統領になったら(自分的に)大変なことになるとかではないのだけど、やっぱり色々考えさせられるね。
まぁなにより、選挙が決まってすぐ円安、株高の方向に市場がシフトしたのは驚いた。ほとんどの人はその真逆を想定していただろう。
この直近の動きが今の自分に一番影響していることかもしれない。



大統領選挙の前日、全米の各地でミュージシャンが投票を呼び掛ける集会やゲリラライブをやった。
投票を呼び掛ける、というのはもちろんヒラリーに投票しよう!ということだ。逆は聞いたことないよね。笑
中でも、ニューハンプシャーでBon Joviのボーカルであるジョン・ボンジョビとレディーガガが二人で行ったアコースティックライブは本当に凄かった。
アコースティックで弾き語りのシンプルなライブ(もう本当に路上ライブみたいなやつ)だけど、レディーガガ歌上手すぎ!
そしてそのライブの後で壇上に立ってスピーチをするんだけど、観た人は知っていると思うがガガ様の圧倒的なカリスマ性、アーティストとしてのオーラ、聴衆の心を掴む素晴らしいスピーチを聞いて、もうあなたが大統領でいいじゃないと思いました。笑
冗談のように聞こえるかもしれないけど、なにせ今回はトランプが大統領になってしまったのだから、そっちの方がよっぽど冗談だろう。トランプが大統領になれるのなら、次の4年後にレディーガガが大統領になっても全くおかしくはない。
そのぐらい今回の選挙結果はありえない結果になったということ。



その他の地域でも、マドンナやブルーススプリングスティーン、ビヨンセ、ポールサイモンなんかも選挙直前にライブや集会を開いて、ヒラリーへの支持を訴えた。
ライブをしなくても、僕の大尊敬するSlipknotのボーカルのコリー・テイラーとか、絶対にトランプを勝たせてはいけない、みんなヒラリーに投票しよう!と呼びかけたアーティストは大勢いた。
映画業界ならジョニーデップやジョージクルーニーといった俳優、なんならお騒がせセレブの人たちも、みんなヒラリー支持だった。
それでも勝っちゃうんだからね、トランプさん(笑)。
むしろ、こういう影響力のある有名人、著名人が反トランプを訴えたせいで、そういう人たちを嫌う層がよりトランプ側になったのかもしれないとも思う。
アメリカの音楽、映画、エンターテイメントが好きで心から尊敬もしているけど、本当のアメリカやアメリカ人は、僕が知っている(表面的な)アメリカにはいないのかもしれないと思った。
このエントリーをはてなブックマークに追加
The next US president is...
まさかの結果になってしまった、アメリカ大統領選挙。
こうなることを全く予想していなかったか、と言われると、心のどこかでひょっとすると…みたいな風には考えていた気がする。
ただ、それを口にすると現実になってしまうかもしれないし、そういう思いが僅かにあってもこのblogでは「ヒラリーが勝って次の大統領に」というスタンスでずっと書いてきた。
今年はイギリスのEU離脱といい、思ってもいなかったことが起こるね。グローバリズムについて根本的に考え直さないといけないのかもしれない。



昨日はもうひたすら、CNNの選挙開票実況を釘付けで見ていたんだけれども、日本のテレビなんかより100倍くらい面白くて興奮した。笑
各州ごとに、どちらの候補が何%の票を獲得して、その州の選挙人を総取りで獲得していく。
このシステムは日本のニュースでもやっていたから知っている人も多いと思うけれど、実は州という大きな単位よりさらに細かく、州の中の〇〇市や〇〇町、○○村まで細分化して投票結果を見ることが出来る。
アメリカは州一つとっても日本の県よりずっとずっと広いことがほとんど。例えば〇〇州はトランプが勝利!結果が出ても、その州内の選挙結果をさらに細かく見ていくと、同じ〇〇州のなかでもA市ではヒラリーが勝っている、ということが分かる。
ここから分かるのは、いわゆる州都(日本の県庁所在地みたいなもん)や経済の基盤となるようなその州一番の大都市では、ほとんどヒラリーが勝っているということだ。
けれども、都会ではなく○○町とか○○群とか、田舎になればなるほどトランプが勝つ。
南部や中西部のような「都会もあるけど州のほとんどは田舎」みたいな州ではやはり得票数でトランプが圧勝していて、でもその中でも県庁所在地だけはヒラリーが勝つ、みたいな感じ。

これは逆の場合も同じで、例えばカリフォルニア州はヒラリーが圧勝したけれども、広大なカリフォルニア全体でヒラリーが支持されていたわけではなく、サンフランシスコやロスアンゼルスのある海側の都会は全てヒラリーがとり、ヨセミテ国立公園やシエラネバダ山脈がある陸側の田舎(でも本当に綺麗でいい所)は、ほとんどトランプが勝っている。
カリフォルニアは昔から民主党が圧倒的に強く、みんなヒラリー支持で結果的にも勝っていると思いがちだけれど、細かく見ていくと、同じ州内でも見事なくらい「都会 vs 田舎」で票が分かれているのだ。
さらにここから細分化して、投票した人の性別、人種、年齢別でもデータを見ることが出来る。どういう人がトランプを支持し、ヒラリーを支持したのかがとても分かりやすい。
アメリカに行ったことのある人なら、自分の行ったことのある街や場所に住む人々がどちらに投票したか、それを見るだけでも色々と考えることはあるだろう。

今回の大統領選によって、次の大統領となるトランプがどんな政治、外交をするのかは正直全然分からない。過去に一度も政治家だったことがないからだ。
だから不安、という声もあるだろうけれど、それ以上に深刻なのは、アメリカやアメリカ人が外国人から見ても全然気づけなかった部分で、深い断裂や疎外感、怒りを感じているという部分だと思う。
決して勢いや、適当な気持ちでトランプに投票したのではない。…はず。
トランプが大統領になること以上に、この選挙によるアメリカ人同士のわだかまりや分断が心配でならない。
どうなるかな~~。

続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加
投票前夜だけど…
アメリカは現在月曜日の午後。投票開始まであと半日というところか。
既に期日前投票で4000万人弱が投票済みのようで、明日の投票日を待たずとも結果が予想出来てしまいそうだが、これがまたそうでもないらしい。
ほんの2週間前までは、なんだかんだ言ってもヒラリーの方が明らかに優勢だったが、例の私用メール問題の再燃と(結局FBIは違法性なしで捜査終了の結論をだしたけど)、トランプが猛烈に巻き返した結果、期日前投票の雰囲気では徐々に僅差になってきている。
アメリカ人はもともと誰に投票するか、投票前からはっきりと明言するし、出口調査で誰に投票しましたか?と聞かれれば隠すことなく答える習慣がある。
まぁ日本も出口調査は正確なので開票と同時に当選確実になったりするけれど、あまり誰に投票したかをマスコミや、他人にはっきり明言する習慣はないよね。
その点アメリカの選挙の場合は、期日前投票の結果から流れがさらに変わることもあるし、なにせ国が広いので、東海岸の地域の方が西海岸と比べて投票が始まるのが早い=結果が出るのにタイムラグがある。
つまり東海岸の開票速報を受けて、西海岸の投票状況が変わったりすることも良くある。勢いや流れ次第でどうなるか分からない。
依然ヒラリーが優勢なのは事実、ただそこにトランプがどんどん迫ってきているが…
あ~~もうどうなるのか気になりすぎて困る(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加