今日が運命の分かれ道
前回のblogから一度も晴天がなくずっと雨続きだから、気が滅入るなぁ~~。
と思っていたら、案の定外にも一度も出ていなくて、そりゃ気分も落ちるわな(笑)。

土日関係なくずっと仕事。睡眠時間すら普段より少なく、明日こそ休まないとそろそろキツイ。。。
とにかく今日頑張って追い込まないと。投票前の最後の追い込み!
って、選挙活動は投票日にやったらダメなのかw 昨日までに追い込んでないといけないのね。
それにしても、雨の日が続いたせいか街頭演説の類もまったく聞かなかったなぁ。
あの選挙カーとかでやるのあるじゃないですか?私は家が駅のすぐ近くなので、選挙の度に選挙カーや演説はよく見るのですが、今回は全然見なかった。
解散が急だったせいもあるかもしれないが、なんというか全然政治家の人が頑張って動いている感じがしない。
当落ギリギリで、まさに今日が決戦の日という人もいると思うんだけど、そういう人の想いというか政策、提言をもっと聞きたかったな。

今日の開票速報が出るまでに頑張って仕事する!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
まだまだ頑張る土曜日
月曜日から金曜日まで、頑張ったみなさんお疲れ様です。

僕も平日頑張って、土日は休みにしたいと常々思っているけれど、昨日までに片付けるべきことが終わっていないので、今日は休まずにやらないといけないだろうなぁ。。。
まぁそれでも、なんとか今日終えて明日休めれば!と願っている。

そもそも音楽制作なんて、オンオフの切り替えとか、どこまでやれば終わりかそうでないか、とても曖昧だよね。
ライブとかツアーだと、終わったらそこで一応終りだから(笑)それでもまだメリハリはつくけれど、音楽制作やミュージシャンとしての活動が終わるわけではないし。
みんなどうしているんだろう??休みなんていらないくらい楽しくやっているのかな??
このエントリーをはてなブックマークに追加
引退
この一週間も日本、海外で様々なニュースがあったけれど、音楽(業界)的に大きなニュースと言えば、やっぱり安室奈美恵の引退宣言になるだろうか。
現役の人気アーティストが、特に問題や騒動を起こしたわけでもなく、自らの意志で完全引退を決める、というのは僕にとっても大きな驚きがあった。



発表から数日経っても、引退を惜しむ声はもちろん、さまざまな意見や周辺の声が伝えられているが、大方の人の考えと同じく(?)長い期間のアーティスト活動に対するリスペクトと労い、そして引退後の新たな人生がさらに素敵なものになるようにと、僕も思っている。
なんというか…特にオチや結論があるわけではなく、今回のことで思ったことをそのまま書くけれど。
滅多にないことだから多くの人が驚いたけれど、今やっている仕事を自分の中でやり切った思いがあって、これからは新たな場所で新たな人生を始めたい、その為に「引退」を自分で決めるというのは、全然おかしなことではない。
単純に、もう十分やってきたから(休暇ではなく)休みたい、他のことをやりたい、という理由だったとしても、それは正常なことだと思う。
今回の引退の本当の理由はもちろん本人にしか分からないけれど、どんな理由であれ安室さん本人が引退を決めたことに否定的な意見を持つ人や、難癖をつける人はほとんどいないだろう。
悲しい、というのも何か違うと思うんだよね…悲しいかな??
SMAPの解散は僕も悲しいけれど、安室さん引退は全く悲しいと思わない。それは僕がSMAPのファンで、安室さんのファンじゃないから、では決してない。
この微妙な違い…どちらもこの先の活動が見られないという事実だけど、この何とも言えない心理の違いに自分でもモヤモヤする。笑



40歳という年齢で引退を決める、ということにも色々意見がある。
早すぎるという人もいれば、自分も同じように(今の仕事を)引退したいという人もいる。
これがスポーツ選手なら、ごく普通のことというかむしろかなり長く現役で活躍した方だが、アーティストや歌手となると、まだまだこの先もキャリアを築くことが出来るし、人気は全く衰えていないのだから勿体ない、という風に思われるのだろうか。
安室さん以外のアーティストが同じことをしたらどうなのか。もっと若かったり、もっと歳をとっていれば違う反応になるのか。
僕が安室さんと同じ歳で引退するとしたらまだ数年あるが、仮にそんなことをしたらまた全然違う反応になるだろう。
やり切ったから引退する、という本人の気持ちは同じでも。
考えれば考えるほど、今回の引退宣言は「ごく自然なこと」のように僕は思えてくるのだけど、これだけニュースになるということはやはり一般的にはそうではないのだろう。
芸能人やスポーツ選手のような特殊な例ではなく、普通に企業や組織で、フリーランスで働く人の多くが「自分で自分の引退を決められない」のは何故だろうか。
「定年」という社会や世間が決めたポイントより前に今の仕事を引退すると、色々と言われたりする(恐らくはネガティブな反応がある)のは何故だろう。



いつまで今の仕事をするのか、いつ「引退」するのかは、働く多くの人にとってずっとあるトピックではあるけれど、今回の引退発表はそれについて改めて考える機会になったと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
時間と創作
今週末は3連休、そう思うと自然と気持ちがリラックスして仕事にもモチベーションが出てくる。
今日中にいまやっているやつを終わらせて、のんびりするぞ~。


完璧や100点満点を目指していたら、当然今日中には終わらないだろうし、連休もそれに掛かりっきりになってしまう。
分かっていても、以前はそういうことがよくあった。
今はそうじゃなくて、80点ぐらいで今日中に終えれば、週末のんびりすることも出来るし、新たな仕事をやることも出来る。要するに選択肢が増えるわけだ。
80点と100点の間の20点は、作っている本人からすれば非常に大きな差であるけれども、その曲を聴く人や受け手にとっては、それほど大きな差ではない場合も多い。
本人以外、ほとんどの人がその20点部分の差に気が付かない場合もあるだろう。
ここら辺をどう捉えるかが、長く音楽制作をやっていく時にとても重要だと最近思うようになった。
まぁ作ってる本人が80点でいい、ってなかなか言えないよね。「アーティスト」とかになっちゃうと特に。
でもね、その20点に延々とこだわるのか、そこを切り上げて(筆を置く、とも言うね)出来た時間でさらに次の音楽を作るのかは、アーティストにとってこそ大事だと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
8月突入
今日からついに8月。
先週は一週間ひたすら作曲とアレンジ、週末はそれらの曲をミックスして何とか納品。
締め切り前は本当にギリギリの状態で、その後の月曜日はもう死んだように眠る…訳にもいかず、次の準備をしている。
毎回毎回、締め切り前に死ぬような思いで納品して、それを乗り越えると死んだように倒れて、また締め切りが近づくと死ぬような思いで…のループを繰り返しているので、それを何とかしたいと常々思っている。

要するに、締め切り後に休んじゃうからダメなんだよな。そうすると次の締め切りの時に準備が足りてなくてバタバタする。
もちろん、作曲なんて締め切りがないと前もってやることはなかなか難しいけれど、その依頼が来た時のために準備することは出来る。
僕の様に、打ち込みから演奏から仮歌まで全部ひとりでやる場合は、なおさらその準備が大切だ。
機材をセットアップしたり、音色を選んだりを毎回やっているとそれだけで時間がかかってしまうし、そういうのは出来上がる曲のクオリティにほとんど影響しない。曲ごとに大きく変えるわけじゃないから。

だからある種のセットアップというか、テンプレートを前もって作っておいて、依頼に沿ってスピーディーに打ち込みやアレンジが出来るようにしておく必要がある。
こういうのはプロのアレンジャーや作曲家は多分みんなやってる。もちろんアッキーもやっている。
時間の効率化も大事だし、なにより思いついたアイディアやフレーズをすぐに形に出来る事が大事だ。
曲を作っていく最中に「あのシンセの音色はどれだっけ…」みたいな時間というか手間は、出来るだけ避けたい。
アレンジの作業が具体的に分からなくても、こういう細かい部分の積み重ねが大きな差になってくるのは、まぁなんとなくわかってもらえると思う。

そしてもう一つ、アレンジやミックスについての勉強を時間がある時に常にやっておく。
これも「準備」と同じことだけど、実際に依頼が来る前や、依頼が空いた時間にこれをやっておくことで、タイトな納期に対応できるかどうかが全然変わってくるように思う。
依頼が来てからそれについて調べたり、勉強したりでは間に合わない。とにかくタイトなんだよ、納期が。笑
だから締め切りを無事に乗り越えて、次の仕事まで少し空いたとしても、その時間にひたすら勉強や練習をしておかないといけない。
締め切り前は本当に4時間睡眠とかでやっているけど、締め切りを越えても5時間ぐらいで頑張らないとなぁ。
そんな感じの8月のスタートです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
残りの一週間
7月も最後の週になってしまった。梅雨明けがまだだから、気分的にも「夏到来!」となるにはもう少しな気がするけど、外はとにかく暑い。暑すぎる!
今週もひたすら楽曲制作、アレンジ。来月にはアルバム相当のミックスが入ってくるので、それまでこっちの方を終えないとエラいことになる。
時間的にもだけど、精神的に余裕がない。一つの曲を終えたら、少しインターバルを空けて音楽以外のインプットを入れたいのだが…一か月くらい音楽から離れて。笑
まぁそれではやっていけないのも分かっているし、成長もしない。
とりあえず手を動かす。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Learn, practice, and learn
締め切りまではまだ数日あるが、一応自分としては出来るところまでやれた感じの週末。
今日も明日も作業はするけど、ここからあまりドラスティックに変えてしまうのも良くない。自分以外の誰にも気づかないような微調整に留める…。

よくやってしまうのは、例えばミックスのOKが出た後で、もっといい方法を見つけてしまって(閃いてしまって)、それを試してみたくなること。
やれば確実にさらに良くなることは分かっているが、それではOKを貰ったテイクとバランスが変わってしまう。
そうすると一度OKが出たものに対して、再びジャッジをさせることになるので、これはやっぱり良くない。
仮に良くなると分かっていてもね。

だから、もしOK後に直せる時間的余裕があったとしても、それは自分以外誰も気づかないような細かい調整に留めるか、敢えて何もしないでいるべきなのかも。
これが自分の曲の場合、OKを出すのは自分だから、締め切りまで際限のない調整や追い込みが出来る。
出来るけど、必ずしもそれが良いこととは言えないんだよね。経験上。
そう考えると、最初のテイクはすごく重要だ。

同じことを何年も、何曲もやっていても、未だにこういう初歩的なことで悩んだり、考えたりしてしまう。
まぁ絶対量が足りていないってのもあるけど…一流の人なら、年間に100曲以上手掛けたりするだろうし、そういう中でさらに磨かれて、あるいはやるべきこととやってはいけない事を学んでいくのだろう。
そこまでの曲数はさすがに手掛けてないからなぁ。
本番の機会が限られているなら、とにかくその前に練習や勉強あるのみだ。
今の締め切りをクリアしても、またすぐ次のやつがある。何度もトライして、少しでも成長していく。
このエントリーをはてなブックマークに追加
次に備えて
怒涛だった先週を乗り越えて、次の締め切りは約2週間後。
2週間後にバタバタしないように(するだろうけど笑)、今のうちから準備や出来る事はやっておく。
先週末くらいから外の気温は本当に夏の様。今日も30度を超えて真夏日になるとか?
5月でこれじゃ8月頃はどうなっちゃうの…と思いつつ、真夏日が早い年は意外と酷暑にならなかったりするんだよね。
地球全体の時間の流れからみれば、自分が生きている時間なんてほんの一瞬だけれど、それでも昔と比べて気候変動とか、温暖化とかを感じるのは不思議だよなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
今夜がヤマだ。
締め切りに向けて絶賛追い込み中です。食事も睡眠も荒れ放題。笑
今日と明日が本当にヤマ場かな…それを乗り越えたらゆっくり初夏のレジャーに行きたいな。。。
昨日も関東はすごい暑さで、外を歩いているともう夏みたいでしたね。
ま、昼間に外を出歩く事なんてほんの一瞬なんだけれども。
季節外れの熱中症にならないよう、水分補給して頑張ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
今の課題。
1曲完成したり、締め切りまでに無事に納品が済むと、どうしても次のアクションに移るまでに時間がかかってしまう。
これは本当に自分の悪い癖だと思う。毎度毎度やってるもんなぁ。
一つのプロジェクトが終わっても、すぐに次の締め切りがあれば取り掛かれるんだけれど、ちょっとでも間が空くと、例えば2週間くらい先が次の〆だったりすると、まだやらなくていいかってなっちゃうのよね。
2週間後に苦しむのは結局自分なのに…。
までも、僕より先輩の色んな大御所の方に話を聞いても、やっぱり締め切り数日前にならないとエンジンかからないって人も多いんだよな。締め切り3日前まではずっとゲームやってる有名作曲家も知っているし。笑
でもそういう人が多いからこそ、自分はそうじゃなくて、ちゃんと余裕をもって次の仕事に対してアクション出来るようになりたい。
どうしても練習とか勉強とか、情報収集ばっかりしちゃう。それって仕事しているとは言えない。
手を動かすことが大事なんだよ。まぁ実際にはマウスぽちぽちしてちょろっと鍵盤弾くくらいなんだけど、それでもそれをやるかやらないかでは全然違う。
締め切り直前に、徹夜も辞さないようなギリギリの作業が続くと、どうしてもそれが終わった後の反動で何もやりたくなくなってしまう。
集中と弛緩(リラックス)、本当に難しい。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加