猛暑オリンピック
東京オリンピックの競技日程、時間が決定して話題になっている。
自分の観たい競技をチェックして観戦チケットの購入を検討しようとしたけど、発売はまだ一年後なのね。。。

中でも話題?なのはマラソンの競技時間。
朝7時からのスタートというのもなかなか早いと思うけど、今の時期の東京は朝7時でも余裕の35度近くあるので、とてもじゃないけどマラソンなんて出来ない。
自分が身をもって知ってるけど、今の時期にしっかり走ろうと思ったら朝5時前にスタートしないと(笑)
でも現実問題、7時が目一杯だろうという気もする。選手のコンディションが第一なのだろうけど、観客の問題もあるし、夜走るわけにもいかないしなぁ。
屋外の競技は全てそうだけど、今の東京のこの暑さの中で、スポーツするのはかなりリスクがある。
学校の体育や部活中に熱中症で搬送される事故も沢山起きているし、国としても不要不急の外出は控えるように注意している中で、オリンピックをやるというのも考え方によってはかなり矛盾だ。

今年が異常に暑いだけで、2年後はまた平均くらい?に戻っているのかもしれないけど、それにしてもここ数日の暑さはヤバい。本当にヤバい。
熱中症も、天気の急変にも、みなさんどうか気をつけて。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
次は4年後…
ワールドカップ決勝戦はクロアチアを下したフランスが20年ぶり2度目の優勝を果たした。
先月14日の開幕からちょうど一か月間、ロシアワールドカップも全ての試合を終えて閉幕。
自分は前半の2週間弱に参加したことになるけど、帰国後もずっとテレビで観戦していたし、日本代表の活躍だけでなく、本当に夢のような一か月間だったなぁ。
モスクワで行われた予選のフランス対デンマーク戦も観ているので、ワールドカップ優勝チームを生で見たことになる。もちろんこれも生まれて初めての経験!

次はまた4年後。
カタールでのワールドカップになるのか、はたまた別の開催地という可能性もまだあるらしいけど、いずれにせよこのお祭りが再び見れるのは4年後だ。
寂しいなぁ。4年後、再び自分はまた参加して、この目で見ることになるだろうか。
4年前のブラジルが終わった時は「絶対ロシアも行く!」と自分でも明言してたけど、今回はなぜかその実感がない。
4年は長いよ。4年後の自分が全然イメージできない。
でもそうやって、フラフラしてたら4年経って再びワールドカップ2022開催!てなるのが一番怖いから、今からとにかく4年後の自分を考える努力をしないと。
そういう区切りになっているのも、自分にとってのワールドカップ。

何せ2年後には先に東京でオリンピックやるわけだからね!
こちらもまた間違いなく、一生で一度の出来事になるだろうから、まずはこの2年後を考えても良いかもしれない。
2年はあっという間なんだよなぁきっと(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
次の4年間
ロシアワールドカップ決勝トーナメント第一試合、日本対ベルギーは2-3で惜しくも敗退となりました。
90分が過ぎてロスタイムとなり、試合が終了する間際の最後の最後まで、戦い切った結果だと思います。
終了後、一度ベッドで寝ようとしたのだけど、悔しさと、色々な考えが頭の中でずっと止まらず、全然眠れないままジョギングをしたり、朝食を作って食べたりして結局この時間まで起きてしまいました。

次は4年後、2022年のカタールでのワールドカップが予定されています。
今回惜しくも逃してしまった初のベスト8、その壁を越えていくにはまだまだ時間が必要かもしれないけれど、いつかはその日が来ることを夢見て、また次の4年間があり、次のワールドカップがある。
今回の代表メンバーには4年前のブラジルW杯に出場した選手も多く含まれ、その前の南アフリカW杯から3単会連続となる選手もいる。
つまり、4年後にはそういった多くのメンバーが外れて、今回とはまた違ったチームになるだろう。
でも西野監督はそのまま、4年後のワールドカップにも行って欲しいなぁ。
今回、直前の監督交代があって、チームの状態も直前の戦績も決して良くなかったなかで、これだけの結果を出したのだから。
選手同様、監督も本人の意志があってこそだけど、やっぱり最低でも4年、その区切りで代表チームを考えて、進化させて欲しい。
今はまだ、そんな話をする時じゃないかもしれないけど。

そういうことを言っておきながら、自分自身も、4年前のブラジルの時と比べて何がどう変わったのだろう?
進化や成長できただろうか?4年間のうちに何を得て、何を失った?
そんなことをロシアに行く前くらいからずっと考えていて、帰国してからはより考えるようになった。
もし4年後もまた、進化した日本代表が再びワールドカップに出場して、僕もそれを応援しに現地へ行くのだとしたら、僕自身もそれに見合った進化や成長がなきゃ、やっぱりいけないんじゃないかと思う。
日本代表は素晴らしい試合を4試合も見せてくれたし、開催国のロシアも万全の準備で迎えてくれたし、そうやってみんながこの4年に一度のお祭りに対して準備や努力をしてきたのだから、自分もただ行って楽しだけじゃダメな気がするんだよね。
4か月じゃ出来ないことも沢山あるけれど、次まで4年間あるわけだから。4年かけても出来ないことなんてそんなにないはず。

4年前のブラジルが終わった時、何も考えずにロシアにも行く!と決めて、それを実行したけれど、もし次の2022年も行くなら、ただ行くんじゃなくて、何かを達成して、あるいはその為の努力して行きたいと思う。
まだ先の事は何も考えられないし考えてないけれど、なんとなくそんな風に今は考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
一か月先は…
3月のコンサートに向けて、今から抜かりなく準備や仕込みをしている。
いやしかし、まだ本番までは一か月以上ある。ツアーならまだ分かるけど、単発のコンサートでこんなに早くから準備するのって普通だっけ??
今回はホールでのコンサート。ライブハウスでなくホールでの仕事は久々なので、色んな意味で緊張するし、焦る気持ちもある。まだ一か月以上前だけど(笑)
今回のメンバーで一緒にやるコンサートも数年ぶり。いいものになるよう自分も頑張らないと。


世界の市場経済は今も混乱の中、荒い値動きを見せている。
まだリーマンショックみたいな動きではなく、ものすごく乱高下しながらも、どっちにどう動くか見えない状況だ。
僕としては、別に売ったり買ったり全くしていないのだけど、それでも先月と比べて自分の資産が大きく棄損していて凹む(笑)
ま~数値だけなんだけどね。別に財布の中の現金が変わるわけじゃないし…
株式も為替も自分にとって非常に重要だが、上がったり下がったりの値動きに一喜一憂するのは本当に無意味だ。
それに翻弄される時間があるなら、少しでも本を読んだり音楽を聴いたり、勉強した方がいい。
市場の動向には注意しつつも、そこに対して感情的にならないようにしないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
振り返って
一月も最終日になりました。今年も残りあと僅かです…(笑)

トランプがアメリカ大統領に就任して一年。あっという間だったような、まだ1年かとも思えるような。
様々な政策や外交を行い、様々な所で批判や問題も起きている。
中には、アンチがちょっと文句を言うレベルではなくて、世界的な問題になりそうなことも含まれている(エルサレムのこととか)。
現実的に、アメリカの経済はこの1年間とても好調で、アメリカの経済が好調だと、日本も含めた世界全体の経済も悪くない方向に進んでいると言える。
その点を今度の一般教書演説でも強調するだろうし、色々言われても株価が大きく下がらない限りは、トランプも強気の姿勢を崩すことはないだろう。
個人的にはちょっとバブルな感じもするけど…きっとみんながそう思っていて、でも今はその流れに逆らわず乗っている感じ。
何か大きなことが起こるとすれば、まずはやっぱり北朝鮮。それから中東とか。
でも全然予想しなかったところから、大きな問題が起こってしまう可能性もある。
そう考えると、今年も何が起きるか、予想が出来そうで予想できない。

あと残り11か月…(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
震災から23年
今日は阪神淡路震災から23年目の日。
毎年この時期にはblogを書いている気がしますが、今日も早朝の時間に黙とうをしました。
20年超という月日は長く、当時の記憶も少しづつ薄れていくのは致し方ないことと個人的に思いますが、その時の教訓や経験を次なる地震災害の時に生かせるよう、常に備えをしていかないといけないと思っています。

昨日で年末からのプロジェクトもほぼ終了し、病院に行って例の症状もほぼ完治したと診断されました(結局なんの病気だったのか、医者もはっきり分からずじまい…)。
というわけで久々に、多分クリスマス前の先月23日以来?外に出かけましたが、都内の風景や出歩く人々を見ても、自分が以前知っていたのとは全く違う世界にいるような感じがした。
こんな自分でも、少しづつ変化しているということなのだろうか。

今日からはまた、次に備えた勉強、準備、予習復習の生活に戻ります。
いつものことだけど、やり終えた仕事に関しての感想や想いは書きません。
守秘義務とかもありますし…
というわけで、今日も良い一日を。
このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事納め
作業はずっとピーク状態のまま、ついに今年最後の週末を迎えてしまった。
昨日が仕事納めの人も多かったと思うけど、今日が最後のお仕事、という人も沢山いるでしょう。
今年一年、お仕事本当にお疲れさまでした。


先週からずっと、明け方まで仕事してそのまま倒れるように寝て、数時間後のお昼前に起きてすぐ作業…みたいな生活を繰り返していて、blogはおろかご飯もロクに食べていないのだけれど、やっぱりその状態で年越しはしたくないし、珍しく今日は早寝(といっても2時くらい?)して早起き(いつも通りの6時)してみたら、気分も穏やかにblogが書けた。
やっぱり普通に生活するって大事だよね。。。
ま、そのペースだと全く終わらないから頑張っていたんだけど、でもやっぱりちゃんと寝て、ちゃんと起きて、ちゃんと食べるのは大事だ。
人間誰でもそんなに集中力が持つわけじゃない。音楽の仕事でも、アレンジやミックスなんかは極めて高い集中が必要になるし、逆にボーカルやトラックのエディットなんかは集中力が切れた状態でも機械的にやれたりする。
様々だから、うまく組み合わせることで何時間もぶっ続けで作業することできるけど、やっぱり精神的に続かない。
一日一日、区切りをもって作業しないとね。


というわけで、作業的には年明けもずっと続きがありますが、ひとまず今日で僕も仕事納め。
…の目標で頑張る。笑
明日明後日は大掃除をしたり、実家に帰ったり、まぁお正月一杯はエディット作業かな~。
なんだか、ずっとこのセリフを周りで聞いていてすごく違和感があったんだけど、一応自分の中でも今日が一区切りということで書きます。。

本年も大変お世話になりました。
「良いお年を!」
このエントリーをはてなブックマークに追加
Merry Christmas
メリークリスマス!
こんな気持ちでクリスマスイブの日を迎えたのは生まれて初めてかもしれない。。。
昨日はそれでも用事があって都内まで出かけたのだけど、街にはそれこそ沢山の人がクリスマスの週末を楽しみに、買い物などしに来ていて、誰もがみんな楽しそうだった。
ほんの数時間しかいなかったけど、自分が随分場違いな気がして早々に帰宅。
その後は明け方までひたすらミックスやエディット。
今日、クリスマスイブは一歩も外に出ることなく、ずっと作業。

クリスマスも仕事で働いている人は沢山いるけれど、なんていうか、ここまで自分がクリスマスと無関係でいると少し不思議な気がする。
それでは良い休日を。
このエントリーをはてなブックマークに追加
黒金!
昨日が祝日だったせいか、今日が月曜日のような気がしてならない…
暦通りの人は今日一日頑張ればすぐ週末なので、少し気が楽かもしれません。

アメリカは感謝祭の休日を終えて、今週末はいよいよブラックフライデー。
普段ほとんどモノを買わない僕も年に一度のこの時期だけは何か買おうか、買うまいか、とソワソワします。
まぁ買うとしてもデジタルデータだからなぁ。モノじゃないよね既に(笑)
このセールの時期はそれこそ普段の50%オフ、60%オフくらいは当たり前にみんなやっているのですが、そもそもデジタルデータの値段や定価なんてあってないようなもの。
データの値段が低下の90%オフならめっちゃ安い、かと言われると、正直よく分からないよね。

実際のモノの商品に関してはさすがに90%オフはなかなかないけれど、多少安くなった所で海外からだと送料も関税もかかるし、そういう買物をほとんどしなくなった。
音楽機材に対する自分の考え方も、ここ数年で本当に変わったなぁ。
あらゆるものを買って、実際に使ってみたからこそもあるし、様々な技術の発達(特にデジタルの分野で)によって、アナログな機材や楽器に対する考え方が変わったのもある。
セールとかバーゲンとか本当に好きなんだけど(笑)、実際の買物は年々しなくなってきている。
やっぱりモノを持つのが根本的に好きじゃないんだろうな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
あれから2年
今日でパリ同時多発テロ事件から2年目となる。
もう2年も経ってしまったとは…1年くらいの感覚だ。
ということは、ちょうど2年前くらいにドイツやルクセンブルクに行っていたことになる。
今考えるとよくあの時期に行けたな~と思うが、本当は行く予定だったフランスやベルギーへの入国はキャンセルしたのも事実。

あれから2年の間にフランスでは何度もテロ事件が起きている。ニースや同じパリ市内での事件はもちろん、死者が出ていないのも含めると5回以上。
同じようにイギリス、ドイツもこの数年の間に複数回のテロが起きているし、スペインやベルギーでのテロ事件も記憶に新しい。
犠牲者が出ない方がもちろん良いに決まっているが、死者が出なかったテロ事件は日本でほとんど報道されない場合もある。
中東やアフリカで起きている自爆テロは、かなり規模が大きいものしか日本では報道されない。

上で挙げたようなヨーロッパの国や、そしてもちろん中東地域にとっては、テロは現実での戦い、戦争そのものだろう。
アメリカ本土もテロが何度も起きているが、国土がかなり広いのと単独犯であることが多いせいか、国民全体の意識まではまだ行っていないような気がする。
アメリカに住む人と、ヨーロッパ(中でもフランス、イギリス、ドイツ)に住む人とでは、やっぱりテロに対する現実感が違う感じがする。

テロ実行犯の多くはISやアルシャバブなどイスラム教過激派によるものだが、幸いにも日本を含めた東アジアではこういった集団による事件がまだ起きていないため、なかなかこの「テロとの戦い」を実感することが難しい。
だから「もう2年も経つのか~」というような感覚になる。テロを継続的なものとして感じていないからだろう。
日本も事件が起きていないわけじゃなく、脅威に感じるようなことは日々起こっているんだけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加