長野での地震
色々あった先週末。
本当に色々なことがあって一つひとつを挙げられないけれど、長野での地震は少し心配だ。
幸い大きな被害は出ていないようだけれど、余震も続いているし、この後が不安な気持ちはきっとあるだろう。
何事もなく治まってくれますように。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
勉強あるのみ
昨日の大雨から一転して、今日は気持ちのいい晴天。暑そー。

最近は毎日かなりの量の英文を読んでいる。内容は楽曲制作やミックスに関わるもの。
数年前だと、内容以前に量に圧倒されてもう読む気も失せてしまう感じだったけど、今はなんとか、ツラいながらも頑張れば読めるようになってきた。笑
こういうのもっと早く読んでおけば良かったな、と思うことしきり。
ここ4~5年くらいの内容なんだけど、その時にリアルタイムで読んで理解していれば、今もっと成長できていたはず…。

でも5年前にこの量でこの難度の英語の文章を読めたかというと、やっぱり難しいだろうなぁ。
なんで外国語を読んだり聞いたりするのって、こんなに難しいんだろうねw
まぁ日本語も同じか。超難解な文章や本読んでるとアタマ痛くなるもんな。。。
っていうか日本語の場合、全く理解できない文章や本に接すると、「これ書いた人、日本語ヘタだなぁ」って思っちゃう。
自分が理解できないから、っていう発想にならない。自分の場合は。

でも英語(外国語)だと、理解できないのは自分の語彙力や語学力のせい、って思うから不思議。
実際は、そんなこと全然ない。
アメリカ人やイギリス人のネイティブだって、英語が下手な人は沢山いるし、文章めちゃくちゃな人も一杯いるし、シンプルに言えることをわざわざ難しく言う人も沢山いる。
最近はその辺が分かってきて、要点やポイントだけを英文から拾えるようになってきたのかもしれない。
全部を読み込んで、理解する必要ないんだよね。日本語を読む時と同じでさ。

でも外国の本や文章を読むのって本当に楽しいし、勉強になるよ。
信じられないと思うけど、日本語で書かれた全ての文章や本を集めたとして(例えば国会図書館とかで?)、そのどれにも一切書いていないであろうことが、フツーに書いてある。
何故こういうことが日本人には思いつかないのか??いや、思いついたとしても文章として書き残すとか、本になって出版するという所まではいかないんだろうなぁ。
本にして出版するということは、要するに誰か他の人が興味をもたないといけないもんね。極端に言えば、日本人が誰も興味ないことは、本にはならない。(はず?)
物語やフィクションであれば、当然国や人種ごとのオリジナリティがあると思うけれど、ノンフィクションやサイエンスの世界でもそういう言語による違いがあるのは本当に面白いよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
梅雨空
全国的にも注意が必要なくらいの大雨が降るらしいが、東京も今日は朝からずっと雨。
梅雨らしい天気だけど、もう6月も20日過ぎてるんだからこれが普通なんだよね。笑
もうずっと外に出てないから、自分の中で季節の感覚が4月くらいから止まってる。。。
もちろん今日も一歩も外に出ません。雨だし。笑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
久々に爆睡
無事に納品を終えて、しばらく締め切りのない状態で久々に爆睡を決めてやったぜ。
たっぷり6時間半くらい…?そんなにたっぷりじゃないか。笑
大体いつも4時間ちょっととか、ひどい時は3時間以下とか、そんな感じと比べると6時間半は体調的にもすごくいい気がする。
逆にこれ以上寝るとそれはそれでよ良くない。経験上。


睡眠もそうだし、食事やさまざまな生活が荒れないように、今週は普通に戻していく。
で、やることもやりつつ。面白くもなんともない1週間になるだろう。笑
生活を安定させながらやるべきことをやるのって難しいけど、やっぱり大切だと思う今日この頃。
長生きするつもりなんてさらさらないのに、一体なぜだろう?
時間が限られたものだからこと、その残り時間(?)を出来るだけ高パフォーマンスで過ごしたいという願望なのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Learn, practice, and learn
締め切りまではまだ数日あるが、一応自分としては出来るところまでやれた感じの週末。
今日も明日も作業はするけど、ここからあまりドラスティックに変えてしまうのも良くない。自分以外の誰にも気づかないような微調整に留める…。

よくやってしまうのは、例えばミックスのOKが出た後で、もっといい方法を見つけてしまって(閃いてしまって)、それを試してみたくなること。
やれば確実にさらに良くなることは分かっているが、それではOKを貰ったテイクとバランスが変わってしまう。
そうすると一度OKが出たものに対して、再びジャッジをさせることになるので、これはやっぱり良くない。
仮に良くなると分かっていてもね。

だから、もしOK後に直せる時間的余裕があったとしても、それは自分以外誰も気づかないような細かい調整に留めるか、敢えて何もしないでいるべきなのかも。
これが自分の曲の場合、OKを出すのは自分だから、締め切りまで際限のない調整や追い込みが出来る。
出来るけど、必ずしもそれが良いこととは言えないんだよね。経験上。
そう考えると、最初のテイクはすごく重要だ。

同じことを何年も、何曲もやっていても、未だにこういう初歩的なことで悩んだり、考えたりしてしまう。
まぁ絶対量が足りていないってのもあるけど…一流の人なら、年間に100曲以上手掛けたりするだろうし、そういう中でさらに磨かれて、あるいはやるべきこととやってはいけない事を学んでいくのだろう。
そこまでの曲数はさすがに手掛けてないからなぁ。
本番の機会が限られているなら、とにかくその前に練習や勉強あるのみだ。
今の締め切りをクリアしても、またすぐ次のやつがある。何度もトライして、少しでも成長していく。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事